313件中 61 - 70件表示
  • 立川談志

    立川談志から見た川戸貞吉

    同業の先輩である8代目林家正蔵(後の林家彦六)からは「談志は自殺するのでは」と危惧された。正蔵がそう発言したのは、談志が国会議員になったばかりの絶好調の頃であったのだが、正蔵に言わせると「談志はやることなすことが全て当たり、成功したので、現実の世の中が馬鹿馬鹿しく思えるのではないか」とのことだった。正蔵は談志本人に直接そのことを指摘しなかったが、他の多くの人物には語っていた。その1人である川戸貞吉がこの事実を本に書き、公の知るところになった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た東京高等学校

    1952年、東京中学校卒業。先輩に安藤鶴夫、牧伸二がいる。同年4月、東都高等学校を中退後、16歳で5代目柳家小さんに入門。本名の「克由」の一字を取って、柳家小よしと名乗る。1954年3月、二つ目昇進し柳家小ゑんに改名。寄席のほかに日劇ミュージックホールや新宿松竹文化演芸場にも定期的に出演し、コントや漫談も披露。スタンダップコメディを演じる際には赤シャツにジーパン姿がトレードマークだった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たサイバー大学

    参議院議員(1期)、沖縄開発庁政務次官(三木内閣において36日間)、サイバー大学客員教授などを歴任した。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た松岡ゆみこ

    墓所は文京区向丘の浄心寺本郷さくら霊園で、墓石の正面には談志の筆による「立川談志」の名が、側面には生前自ら考えた戒名「立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)」が刻まれている。生前から公開していた戒名が原因で受け入れてくれるお寺が見つからなかったといい、納骨が行われたのは2012年12月2日だった。生前からの希望により遺骨の一部が海に散骨されたが、直後に魚が集まってきて撒かれた遺骨を食べてしまったという。長女の松岡ゆみこは、談志が生前埋葬を希望していなかったことを受け、遺骨の一部を手元で保管している。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たNHKラジオ第1放送

    2005年4月、NHKラジオ第1放送にて、ラジオ創世記の名番組のリメイク『新・話の泉』(『おしゃべりクイズ疑問の館』の枠で月一回放送)が放送開始され、番組レギュラーを毒蝮三太夫、山藤章二、松尾貴史、その他ゲストとともに務めた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂春団治 (初代)

    評価できない人物に対しては正直に罵倒混じりの辛辣な批評を飛ばし、高座では差別用語も遠慮無く連発するなど、タブーを物ともしない過激な毒舌家として有名だが、一方では自他共に認めるフェミニストであり日和見主義でもある。そのタブーを物ともしない姿勢として特に有名なのが吉本興業批判で、自著では初代桂春団治が晩年に非業の死を遂げた例を挙げて「あそこ(吉本興業)の使い捨て体質は戦前から(創業時からの伝統)なんだよ」と批判していた。これに対し、談志の著書で名指しで批判されたことがある元吉本興業社長中邨秀雄は『私の履歴書』の中で「談志は芸に対しては謙虚な男」と述べ、談志の芸への姿勢を評価している。およびに、中邨と談志は、若手のころからの付き合いがあり、当時、中邨が談志にアドバイスしたことを談志は、覚えており、それを守り続けていったという。また、同書にて、談志が何度か、吉本の劇場である花月に足を運び、そこで、気になる芸人を細かく観ていたという。また、談志自身も花月にて、独演会を開いたことがあった。弟子がよく語るところによれば、「芸人100点、人間0点(人格は最低だが芸は最高)」。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た立川談志 (6代目)

    なお、小ゑんが立川談志の5代目を自称した経緯は次の通り。明治時代の寄席で人気を博していた4代目が初代を称しており、小ゑんの先代にあたる6代目がそれに倣って4代目と称していたようなので、小ゑんは5代目というのは語呂が良く、さらに師匠5代目柳家小さんと代数が合うので丁度いいということで、5代目を名乗ることになったという。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た三遊亭百生

    上方落語に関しては、もともとはそれほど造詣が深くなく、東京で上方落語を演じていた2代目桂小文治の落語を聞いても何を言っているのかも分からなかったが、2代目三遊亭百生に出会い、その面白さを認識した。若手の頃に志ん朝と仕事で来阪した際、空き時間にたまたま6代目笑福亭松鶴の『らくだ』を聞いて、2人とも打ちのめされるほど感動したという。5代目桂文枝を好きな大阪の落語家の1人として挙げていて、二人で落語会も開催していた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た雷門幸福

    2002年5月、「二つ目への昇進意欲が感じられない」として、立川流の前座門弟、立川キウイ、立川談修、立川志加吾(現雷門獅篭)、立川談号(現雷門幸福)、立川談大、立川談吉を破門。その後2003年5月に破門者の復帰試験を実施した。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た立川談志 (4代目)

    なお、小ゑんが立川談志の5代目を自称した経緯は次の通り。明治時代の寄席で人気を博していた4代目が初代を称しており、小ゑんの先代にあたる6代目がそれに倣って4代目と称していたようなので、小ゑんは5代目というのは語呂が良く、さらに師匠5代目柳家小さんと代数が合うので丁度いいということで、5代目を名乗ることになったという。立川談志 フレッシュアイペディアより)

313件中 61 - 70件表示

「立川談志」のニューストピックワード

  • 春日八郎・村田英雄 男の絆 昭和の名曲と苦悩から栄光 その素顔

  • 助けられたいって思った時、そう思ってやろうって

  • お願い!ランキング