284件中 61 - 70件表示
  • 立川談志

    立川談志から見たE・H・エリック

    反対に、日劇に併設された日劇ミュージックホールへは、談志は非常に若い二ツ目時代からレギュラーで出演していた。泉和助・E・H・エリックらとコントを演じていたほか、洋装で、立ったまましゃべるスタンダップ・コメディを披露していた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た快楽亭ブラック (2代目)

    6代目桂文枝(前名:桂三枝)の「創作落語」に対して評価は高く、「(柳家)金語楼を質、量とも超えた」「(三枝の創作落語は)池の波紋ではなく、川の流れになった」と絶賛している。なお、両者の関係は当代の快楽亭ブラックが談志に破門された際、一時三枝一門に転じていた縁がある。この点について談志は三枝に恩義を感じていて晩年まで二人会を開くなど交流があった。三枝は、談志の死去に際しての会見で「憧れだった。師匠に認められたくて一生懸命にやって来た」と語った後、涙ながらに「亡くなったことをウソだと思いたい」とコメントした。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た菅良助

    初代立川談志 - 後の2代目菅良助。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た三遊亭歌笑

    談志とこのメンバーが、日劇における三橋美智也ショーのゲストとして招かれ、この曲を披露したことがある。談志と三橋美智也が友人だったからでもある。有楽町・日劇は最高のステータスを誇る劇場であったが、三遊亭歌笑を除く落語家とはもともと無縁のところだった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た立川談慶

    談志の死去の報は、最期まで談志の世話をしていた立川談吉を除き、一門の弟子たちを含む落語界・芸能界・知人の誰にも伝えなかった。家族および談吉のみで通夜・告別式(密葬)を挙行し、落合斎場にて荼毘に付された。2日の間、死を誰からも隠し通した。戒名は、生前自ら考えた「立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)」。2日後、事務所(談志役場=息子慎太郎の会社)が死の事実をプレス・リリースしたが、その際も弟子たちに知らせなかった。立川キウイや立川談慶ら弟子たちは、死の2日後にテレビニュース等で談志の死を知ることとなる。このため、マスコミやファンの問い合わせを受けて「(自分は聞いていないので)ガセだろう」と回答してしまい、あとで訂正するはめになった弟子たちが複数出た。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たアダチ龍光

    手品師のアダチ龍光に対しては、マジシャンとしての技術もさることながら、社会現象に対するリアクションとセンス、それを喋る話芸のすべてが素晴らしく、寄席演芸の最高の芸人と評価した。また高座でも「アダチ龍光にヒザ替りをつとめてもらうことが、私の名誉であり、真打の格だ」「引田天功がどう華麗に鳩を出そうが、アダチ龍光の芸には敵わない」と褒めちぎるほど、惚れるだけ惚れまくった芸人だったと述べていた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂文枝 (5代目)

    上方落語に関しては、もともとはそれほど造詣が深くなく、評価もしていなかったが、若手の頃、志ん朝と仕事で来阪した際に、空き時間にたまたま6代目笑福亭松鶴の「らくだ」を聞いて、2人とも打ちのめされるほど感動し、評価を一変させた。5代目桂文枝を好きな上方噺家の1人として挙げている。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂春団治

    評価できない人物に対しては正直に罵倒混じりの辛辣な批評を飛ばし、高座では差別用語も遠慮無く連発するなど、タブーを物ともしない過激な毒舌家として有名だが、一方ではフェミニストであり日和見主義である。特にそのタブーを物ともしない過激ぶりで有名なのが吉本興業批判。自著で初代桂春団治が晩年非業の死を遂げたという例をあげ「あそこ(吉本興業)の使い捨て体質は戦前から(創業時からの伝統)なんだよ」と批判しており、吉本が東京に進出して以降、テレビの出番が減っている。ただし、締め出されてはいない。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂才賀 (2代目)

    4代目立川談志 - 「釜堀りの談志」。江戸2代目桂才賀の門下。本名、中森 定吉。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た立川キウイ

    2011年5月22日 - 弟子である立川キウイの真打昇進記念パーティーを欠席(欠席の理由は公式には「ビン・ラーディンの喪に服するため」と発表)。次ぐ、キウイの真打披露興行(6月30日・7月19日)に登場が予告されながら会場に足を運ばず。弟子の真打昇進記念パーティー・興行を欠席した唯一の例となる。立川談志 フレッシュアイペディアより)

284件中 61 - 70件表示

「立川談志」のニューストピックワード