284件中 71 - 80件表示
  • 立川談志

    立川談志から見た藤山寛美

    お互い売れ出した1960年代、関西に藤山寛美というすごい芸人がいるとの話を聞いて松竹新喜劇の舞台を見に行ったところ、舞台上で寛美が壁によじ登っていた。その姿を見て「登れェー」と談志が叫んだところ、寛美はずり落ちて観客の爆笑をさらう。この一件で、談志は寛美の芸を評価するようになった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た三笑亭可楽

    2代目立川談志 - のち初代三笑亭可楽の門下で宇治新口を名乗る。こちらの談志の方が初代だとする説もある。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た柳家小ゑん

    1954年 - 3月に二つ目昇進し柳家小ゑんに改名。寄席の他に日劇ミュージックホールや新宿松竹文化演芸場にも定期的に出演し、コントや漫談も披露。赤シャツにジーパン姿がトレードマークだった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た柳家小さん (6代目)

    落語における「大名跡」の価値を評価しており、「いずれ、オレは小さんに、5代目圓楽は圓生に、志ん朝は志ん生になるべき」と、『現代落語論』で書いている。そのため、本来の実力からは自身の弟弟子であった10代目柳家小三治が継ぐべき「小さん」を、先代の息子である3代目柳家三語楼が襲名したことを批判している。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂べかこ

    上方の噺家である、3代目桂べかここと、3代目桂南光襲名披露パーティーで、偶然、南光の楽屋で鉢合わせになり、両者が口論になった。その時楽屋にいたべかこの大師匠3代目桂米朝が、制止したこともある。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た引田天功 (初代)

    手品師のアダチ龍光に対しては、マジシャンとしての技術もさることながら、社会現象に対するリアクションとセンス、それを喋る話芸のすべてが素晴らしく、寄席演芸の最高の芸人と評価した。また高座でも「アダチ龍光にヒザ替りをつとめてもらうことが、私の名誉であり、真打の格だ」「引田天功がどう華麗に鳩を出そうが、アダチ龍光の芸には敵わない」と褒めちぎるほど、惚れるだけ惚れまくった芸人だったと述べていた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た立川談志 (3代目)

    3代目立川談志 - 「花咲爺の談志」。本名、三宅 岩太郎。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た三升家小勝 (5代目)

    6代目立川談志 - 得意な演目から「反対俥の談志」「俥屋の談志」。性格の良さから「お結構の談志」。5代目三升家小勝の門下。本名、竹内 栄次郎。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た春風亭梅橋

    歌:立川談志&笑点グループ(石井伊吉、5代目三遊亭圓楽、桂歌丸、柳亭小痴楽、三遊亭金遊、林家こん平)立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た柳家つばめ (5代目)

    1963年 - 4月に立川談志を襲名し、真打に昇進。同時に小さん門下から真打に昇進したのが5代目柳家つばめ立川談志 フレッシュアイペディアより)

284件中 71 - 80件表示

「立川談志」のニューストピックワード