284件中 81 - 90件表示
  • 立川談志

    立川談志から見た柳家金太夫

    5代目立川談志 - 後の柳家金太夫。本名、恒川 駒吉。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た泉和助

    反対に、日劇に併設された日劇ミュージックホールへは、談志は非常に若い二ツ目時代からレギュラーで出演していた。泉和助・E・H・エリックらとコントを演じていたほか、洋装で、立ったまましゃべるスタンダップ・コメディを披露していた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た川柳川柳

    川柳川柳の著書によると、談志は脱退した三遊派で構成される『三遊協会』の次期会長は自分だと思い込んでおり、圓生に確認したところ、「次は志ん朝だ」と答えられたため、思惑が外れて計画から手を退いたとある。金原亭伯楽の著書にも同内容のことが書かれている。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂文之助

    ちなみに、4代目桂文之助が1916年に著した『古今落語系図一覧表』では、のちに宇治新口を名乗った談志が代数に入っておらず、花咲爺の談志が2代目、釜堀りの談志が3代目、本名恒川駒吉の談志が4代目となっている。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た三一書房

    『現代落語論』 三一書房 1965年 ISBN 978-4380650079立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た竹書房

    一方で、『笑点』の企画自体の思い入れがあるためか、2001年 - 2003年頃には、特冊新鮮組(竹書房の隔週刊娯楽雑誌)で「大笑点」という投稿コーナーを企画(2006年 - 2008年の元日に日本テレビで放送された『同名番組』とはまったく関係はない。2002年には書籍化)し、2005年10月開始の『談志の遺言』(TBSラジオの番組)には、「おれとお前の笑点」という投稿コーナーを設けていた(2006年3月の一時終了まで存在した。同年10月の再開時には消滅)。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たニッポン放送

    1969年 - ニッポン放送にて、月の家圓鏡(現:8代目橘家圓蔵)と、木魚を叩きながら、ナンセンスなやりとりをするラジオ番組「談志・円鏡歌謡合戦」を放送開始。人気番組となり、1973年まで放送(のちに、舞台やテレビ番組などで、何度も「再現」をしている)。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たビリー・ワイルダー

    また、大変な洋画好きであり、『談志・陳平の言いたい放だい』(TOKYO MX)でもコーナーが設けられていた。取り上げられるのは主に黎明期から黄金期にかけてのハリウッド映画やフランス映画で、中でもMGMミュージカルが好きである。監督ではビリー・ワイルダーを敬愛している。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た吉川潮

    『人生、成り行き―談志一代記』聞き手吉川潮 新潮社 2007年 ISBN 978-4103069416立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た高田文夫

    葬儀の際、談志が生前かわいがっていたライオンのぬいぐるみ「ライ坊」が談志とともに荼毘に付されたという情報が流れた。このため、ライ坊が原因で破門騒動に巻き込まれた立川志らくは、24日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にて大いに嘆き、高田文夫が爆笑する一幕があった。しかし、その後談吉が明かしたところによると、荼毘に付されたのは別のクマのぬいぐるみであり、ライ坊は無事だった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

284件中 81 - 90件表示

「立川談志」のニューストピックワード