前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
197件中 1 - 10件表示
  • ミスタードラゴンズ

    ミスタードラゴンズから見た立浪和義立浪和義

    ファンの間では、それぞれ異なる時代に活躍した西沢道夫・高木守道・立浪和義の3人が一般的に「ミスタードラゴンズ」として認知されている。ミスタードラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た立浪和義立浪和義

    ロサンゼルス・ドジャースとの提携によりユニフォームをドジャース風に変更。新人の近藤真一が、8月9日の対巨人戦でプロ初登板初先発ノーヒットノーランを達成。5月には一時的に首位に立つも、巨人の猛烈な追い上げの前に、最終的には2位。シーズンオフに大島康徳と平野謙を放出。また、この年甲子園で春夏連覇を果たしたPL学園の主将、立浪和義がドラフト1位で入団。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • テレビ愛知 10チャンベースボール

    テレビ愛知 10チャンベースボールから見た立浪和義立浪和義

    8月16日の巨人戦(ナゴヤドーム)は解説野村克也・立浪和義、実況植草朋樹(テレビ東京アナウンサー)でテレビ愛知・テレビ東京でネットされた。放送時の名称は「2011プロ野球」だったが、テレビ愛知側の案内では「もっと!LIVE2011」となっていた。テレビ愛知 10チャンベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た立浪和義立浪和義

    1986年シーズンオフ、同年途中で休養した山内一弘の後任として、中日の監督に就任。背番号は77(川上哲治が巨人監督としてこの背番号でV9を達成したことに肖ったもの)。NPB史上初の戦後生まれの監督となった。球団からの監督要請を受ける時、「召集令状がきた」と感じたといい、「笑ってください」と注文をつけてきたカメラマンに対し「これから戦場へ行くのだ。笑えるか」と真剣に怒ったというエピソードが存在する。総合コーチに木俣達彦、投手コーチに池田英俊、2軍監督兼寮長に岡田英津也を招聘した。就任後は谷沢健一に水面下で引退を勧告し、谷沢は引退。ロッテから落合博満を4対1のトレードで獲得するなど大胆な補強を行い、ドラフトでも1986年に近藤真一、1987年に立浪和義といった即戦力に成り得る高校3年生を他球団との競合の末1位で獲得。今中慎二、山崎武司、上原晃、音重鎮、大豊泰昭など主力級が3年間で入団する。投手では川畑泰博、江本晃一、宮下昌己、打者では仁村徹、彦野利勝、小松崎善久、中村武志といった実績のない若手を次々と起用して成功した。山本昌をアメリカ合衆国への留学で才能を開花、先発投手郭源治をリリーフエースに、遊撃手の宇野を二塁手に、捕手の中尾を外野手に配置転換させるなどチームカラーを一新する。特にレギュラー捕手だった中村への叱り方は厳しいもので、試合中に星野に殴られた中村が鼻血を出してプレーしているということもあったという。山本によると第一政権で抜擢された若手で鉄拳を浴びていないのはおそらく立浪ぐらいではないかと記している。選手を怒鳴りまくりプレッシャーをかけ、星野曰く「俺のプレッシャーに負けるような奴が、ここぞの時に踏ん張れるか、そんな奴は要らねぇ」と述べている。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た立浪和義立浪和義

    9月16日 - 中日の立浪和義が対阪神戦で通算2500試合出場、史上7人目。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た立浪和義立浪和義

    5月23日 - 中日の立浪和義が横浜スタジアムでの対横浜11回戦の八回表に二塁打を打ち、セ・リーグ新記録の通算423二塁打を達成。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • SPORTS STADIUM

    SPORTS STADIUMから見た立浪和義立浪和義

    立浪和義(野球解説者、元プロ野球選手) - 不定期出演。SPORTS STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    実況:茅野正昌 解説:秋山幸二、牛島和彦(TBS) ゲスト解説:立浪和義(中日)2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た立浪和義立浪和義

    2014年3月18日、中日より同21日の対楽天オープン戦(ナゴヤドーム)を「山崎武司引退試合」とし、一日限定で支配下選手として登録されることが発表、3月20日に支配下選手登録された。中日の選手の引退試合がオープン戦で開かれるのは2010年の立浪和義以来であり、日本プロ野球で引退試合のために選手契約を結ぶのは山崎が初である。プロ野球の最低年俸は420万円と決まっているため、1日限定の契約金は、それを300日で割った1万4千円だった。背番号は、支配下選手登録上では20とされたが、試合では中日で2002年まで使用した22を球団と登録上22番だった大野雄大の了承を得た上で使用し、4番指名打者で出場。初回1死一、二塁で迎えた打席では、則本昂大から二ゴロ併殺打に終わった。24日に再び任意引退公示がなされた。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 高宮和也

    高宮和也から見た立浪和義立浪和義

    には、春季キャンプで牛島監督から現役時代の勝負球であったフォークを伝授されるなど、即戦力として期待されていた。当時チームに不足していた左の救援要員として開幕一軍入りを果たすと、4月6日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)6回表に救援で一軍公式戦にデビュー。最初に対戦した立浪和義から三振を奪いながら、2回1失点という内容で黒星を喫した。4月20日の対広島東洋カープ(広島市民球場)戦から先発に転向すると、6回5失点という内容ながら、味方打線の援護によってプロ初勝利を記録した。以降の公式戦でも、チームの先発投手不足を背景に先発へ起用されたが、6月17日に左手中指の捻挫で出場選手登録を抹消。結局、一軍公式戦では18試合の登板で、2勝6敗、防御率6.83という成績にとどまった。高宮和也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
197件中 1 - 10件表示

「立浪和義」のニューストピックワード