前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
185件中 1 - 10件表示
  • テレビ愛知 ドラゴンズ戦中継 もっと!LIVE2011

    テレビ愛知 ドラゴンズ戦中継 もっと!LIVE2011から見た立浪和義立浪和義

    8月16日の巨人戦(ナゴヤドーム)は解説野村克也・立浪和義、実況植草朋樹(テレビ東京アナウンサー)でテレビ愛知・テレビ東京でネットされた。放送時の名称は「2011プロ野球」だったが、テレビ愛知側の案内では「もっと!LIVE2011」となっていた。テレビ愛知 ドラゴンズ戦中継 もっと!LIVE2011 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た立浪和義立浪和義

    1983年から1986年までNHKで野球解説者、日刊スポーツ、Numberの野球評論家を務め、にはサンデースポーツの初代司会者に就任。シーズン途中で休養した山内一弘の後任として、同年オフに中日監督に就任。日本プロ野球史上初の戦後生まれの監督となった。就任後はロッテオリオンズから落合博満を4対1のトレードで獲得するなど大胆な補強を行い、ドラフトでも1986年に近藤真一、に立浪和義といった即戦力に成り得る高校3年生を他球団との競合の末1位で獲得。伸び悩んでいた中村武志・彦野利勝には鉄拳制裁で、山本昌を米留学で才能を開花、先発投手郭源治をリリーフエースに、遊撃手宇野を二塁手に、捕手中尾を外野手に配置転換させるなどチームカラーを一新する。特にレギュラー捕手だった中村への叱り方は厳しいもので、試合中に星野に殴られた中村が鼻血を出してプレーしているということもあったという。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本清

    橋本清から見た立浪和義立浪和義

    地元・大阪のPL学園高校の投手として、に甲子園で春・夏連覇に貢献。同学年のチームメートに立浪和義・片岡篤史・野村弘樹・桑田泉らがいた。橋本清 フレッシュアイペディアより)

  • 高宮和也

    高宮和也から見た立浪和義立浪和義

    春季キャンプでは大体大浪商高の先輩にあたる牛島和彦監督からフォークを伝授されるなど、即戦力として期待されていた。その後貴重な左投手として開幕1軍入りを果たす。4月6日の対中日戦の6回表に2番手として初登板し、先頭の立浪和義を三振に仕留めたが、後続に打たれて敗戦投手になってしまう。その後も数試合に中継ぎ登板したものの、結果は残せなかった。しかし、4月20日の対広島戦でプロ初先発を務め、6回5失点ながら味方の援護で幸運な初勝利を手にした。以降、先発ローテーションに定着したがやはり結果は出ず。先発投手が不足していたことで辛抱強く起用してもらったが、6月17日に左手中指の捻挫で登録を抹消された。最終的な成績は2勝6敗、防御率は6.83と即戦力投手としての期待に応えることはできなかった。高宮和也 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本シリーズ

    2009年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    実況:吉田伸男(CX) 解説:江本孟紀(CX)、片岡篤史(1?4回:実況席、5?9回:フィールドナビゲーター)、高木豊(1?4回:フィールドナビゲーター、5?9回:実況席) ゲスト解説:立浪和義(元中日ドラゴンズ、シーズン終了後に現役を引退)2009年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 新井良太

    新井良太から見た立浪和義立浪和義

    は、二軍で打率.286, チームトップの6本塁打と打撃が向上し、一軍でも打率.280を記録、プロ初打点も挙げた。7月31日の対広島戦(広島市民球場)では延長10回表に初の決勝打を放った。一方、本職の内野守備(一塁手・三塁手)になかなか向上が見られないことに加え、地肩の強さ、大学時代の4年春に7盗塁を決めた脚力などを考えた首脳陣から外野手へのコンバートを打診された。新井本人も「試合に出られるなら」とこのシーズンの終盤より積極的に外野守備練習に励み、シーズン終盤からは試合前のノックでも、内野守備練習に加え左翼など外野でも練習する姿が多く見られた。10月7日の対横浜戦では3番・左翼手でスタメン出場したが、死球を受けて打席で悶絶、途中交代となった。これに関しては立浪和義から、せっかく与えてもらったチャンスをふいにしてしまったことへの戒めとして「痛がるなら一塁へ行ってからじゃないのか」と叱咤された。この言葉に新井は「今度は顔に当たっても塁へ出ます」と教訓を得て、スタメン出場したアジアシリーズ第1戦では試合中の一塁守備時に手の指を負傷したものの、それを痛がるそぶりもなく引き続きプレーした。後に骨折と判明し、第2戦以降は欠場している。このシーズンから中日の私設応援団による選手別応援歌が作られたが、新井のみ1番・2番の構成になっている。新井良太 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た立浪和義立浪和義

    ルーキーイヤーの8月29日、ナゴヤドームでの対ヤクルト戦で8番・遊撃手で初先発し、プロ入り初本塁打を放った(高卒新人本塁打は中日では立浪和義以来)。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見た立浪和義立浪和義

    5月23日 - 中日の立浪和義が対横浜戦で、セ・リーグ新記録の通算423本二塁打達成。2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 英智

    英智から見た立浪和義立浪和義

    は走塁中に肩を強打して負傷した影響もあり、打率1割にも満たない打撃不振に陥った。また代走専門選手として活躍していた澤井道久がシーズン後半から登録を抹消されたため、やむを得ず代走で起用され守備位置の関係で途中交代させられるなど、起用法が一定しなかった。8月5日の対横浜戦では、1点を追う最終回、1死満塁のチャンスに三塁走者の英智は、立浪和義の浅い右飛に迷うことなく本塁に突入。ヘッドスライディングで捕手の相川亮二のタッチをかいくぐって同点のホームインをもたらし、その後の福留の逆転満塁本塁打に繋げた。試合後、落合は「英智はプロだ」と語り、賛辞を惜しまなかった。英智 フレッシュアイペディアより)

  • すぽると!

    すぽると!から見た立浪和義立浪和義

    立浪和義(2011年4月 - レギュラー野球解説者。水?金曜日に出演。)すぽると! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
185件中 1 - 10件表示

「立浪和義」のニューストピックワード