185件中 91 - 100件表示
  • 榎本喜八

    榎本喜八から見た立浪和義立浪和義

    背番号3番を18シーズンにわたって使用した。これはパ・リーグ最長記録である(日本プロ野球史上最長記録は立浪和義の22年)。榎本喜八 フレッシュアイペディアより)

  • 西崎幸広

    西崎幸広から見た立浪和義立浪和義

    は松浦宏明(日本ハム)・渡辺久信(西武)と並んで最多勝を獲得し、エースの座を不動のものにした。実績と華麗なフォームから投げる速球、加えて長身、スリム、甘いマスク、お洒落という点で女性を中心に圧倒的な支持を受け、阿波野らと共に「トレンディエース」というニックネームがつく。あて先がなく「西崎幸広」という名前だけで、西崎の元へバレンタインデーのチョコレートが届くこともあったという。ファン投票選出された1988年のオールスターゲームでは開場間もない本拠地東京ドームにおける第3戦で同僚田村藤夫と先発し(2回裏にはクリーンナップから三者連続三振、3回裏2死で高卒新人たる代打立浪和義から5個目の三振)打者9人をパーフェクトに抑えた。西崎幸広 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田泉

    桑田泉から見た立浪和義立浪和義

    PL学園高校野球部では立浪和義や片岡篤史や野村弘樹や橋本清らが同期生。1学年下に宮本慎也。1987年度の第59回選抜高等学校野球大会と第69回全国高等学校野球選手権大会両優勝チームの一員だが、春はレギュラーとして左翼手を務めていた一方、夏はベンチを温める事が多かった。海邦国体では準々決勝で芝草宇宙擁する帝京高校に敗北。桑田泉 フレッシュアイペディアより)

  • 翼の折れたエンジェル

    翼の折れたエンジェルから見た立浪和義立浪和義

    立浪和義 ナゴヤドームでの登場曲に使用翼の折れたエンジェル フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見た立浪和義立浪和義

    立浪和義は、引退後の2010年に発行された自叙伝『負けん気』(文芸社)で「山井が拳を心配そうに見ながらコーチと相談しているところを見ているし、1点しか差がない以上、絶対的な信頼を置くことができる岩瀬にスイッチしたのは正しい選択だと思う」と述べている。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • サンデードラゴンズ

    サンデードラゴンズから見た立浪和義立浪和義

    立浪和義(日本テレビ解説者、中日スポーツ評論家)サンデードラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た立浪和義立浪和義

    1993年ドラフトにおいて中日ドラゴンズを逆指名、ドラフト2位で中日に入団。当初は大学全日本メンバーであり、身長189cmという大柄な体格から「大型内野手」として期待され、当時の監督の高木守道からは「長打が打てて守れる2番ショート」の方針を打ち出された。1994年の10.8決戦でも立浪和義が負傷して途中退場し代走・ショートの守備に就く。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ジョーブ

    フランク・ジョーブから見た立浪和義立浪和義

    日本のプロ野球選手では、村田兆治、荒木大輔や桑田真澄や近藤真一が同様の手術を受けた。また手術は受けなかったが、1989年右肩を痛めた立浪和義も診察を受けた。フランク・ジョーブ フレッシュアイペディアより)

  • 並木輝男

    並木輝男から見た立浪和義立浪和義

    高校卒業後は早稲田大学に進学を予定していたが、家庭の事情により1957年に阪神タイガースに入団。セリーグ史上初の「高卒新人として開幕戦先発出場」、以後は1959年早実から読売ジャイアンツ入団の王貞治一塁手と1988年PL学園から中日ドラゴンズ入団の立浪和義遊撃手の2人のみ。高卒新人での8本塁打は1993年星稜高校から読売ジャイアンツ入団松井秀喜が11本記録するまでセリーグ史上最多記録、現在も歴代2位で王7本・立浪4本と並木に及ばなかった。現在も球団記録(1974年習志野高校から入団した掛布雅之3本)。ルーキーながら98試合に出場、打率は.250。入団当時は内野手だったが、外野手に転向した。並木輝男 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木哲 (野球)

    鈴木哲 (野球)から見た立浪和義立浪和義

    福島県立福島高等学校では斎藤智也と同期で、2年浪人して慶應義塾大学文学部に進学した。入学時は肩の筋肉が衰えていたが、トレーニングを重ねて2年春には志村亮とともに投手陣の柱に成長。3年春には勝てば優勝の決まる早慶戦で9回2死から加藤正樹に逆転サヨナラとなる二塁打を打たれ、優勝を逃している。4年生になると最速145km/hの速球で六大学リーグ屈指の速球派右腕と評され、リーグ戦では通算18勝10敗の成績を挙げた。プロからも注目を集めたが、海外に出て勉強をしたいとしてドラフト会議前に熊谷組への入社を宣言し、指名する球団は現れなかった。なお、ドラフト前に鈴木を1位指名の候補としていた中日ドラゴンズは鈴木のプロ拒否を受け、急きょ1位指名を立浪和義に切り替えた。鈴木哲 (野球) フレッシュアイペディアより)

185件中 91 - 100件表示

「立浪和義」のニューストピックワード