197件中 101 - 110件表示
  • 1997年の日本シリーズ

    1997年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    NHKラジオ第1 解説:藤田元司 ゲスト解説:立浪和義(中日)1997年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見た立浪和義立浪和義

    立浪和義は引退後の2010年に発行された自叙伝『負けん気』(文芸社)で、「山井が拳を心配そうに見ながらコーチと相談しているところを見ているし、1点しか差がない以上、絶対的な信頼を置くことができる岩瀬にスイッチしたのは正しい選択だと思う」と述べている。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • ガラスの十代

    ガラスの十代から見た立浪和義立浪和義

    「パラダイス銀河」と共に、高校野球の応援歌で使用されることが多いほか、元中日ドラゴンズの立浪和義のルーキー当時の応援歌として使われたこともあった。ガラスの十代 フレッシュアイペディアより)

  • 10.8決戦

    10.8決戦から見た立浪和義立浪和義

    3回表、巨人は松井のバントで二塁に送った走者を落合の適時打で還して1点を勝ち越した。今中は、味方が同点に追いついた直後に落合にこの適時打を打たれたショックが点差、イニングにかかわらず大きかった旨を述べている。なお、落合は3回裏に立浪和義のゴロを捕球の際に足を滑らせ、この回終了後負傷退場している。さらに巨人は、4回表に村田、ヘンリー・コトーの本塁打で2点を追加し、3点の点差をつけた。今中は4回裏の打順で代打を送られ降板した。10.8決戦 フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た立浪和義立浪和義

    定岡は自分の仲間を集めて「サダーズ」を結成し西本と対戦、西本チームには彼を師匠と慕う、桑田真澄(当時巨人)、山本昌広、中村武志、立浪和義(以上当時中日)、平井正史(当時オリックス)といった彼が所属した球団にいた選手たちが集まった。試合には当時の監督の長嶋茂雄も始球式のために駆けつけたが、最終回に急遽代打として登場。引退試合最後のバッターボックスに立ったが、1975年の入団時と1994年の復帰時のいずれも監督を務めていた長嶋を打ち取り、20年にわたるプロ生活を終えた。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 関本賢太郎

    関本賢太郎から見た立浪和義立浪和義

    はプロ11年目で初の開幕スタメンを勝ち取ったが、開幕から不振に喘いで4月やオールスター前は藤本や坂克彦にスタメンを譲ることもあった。後半戦は7本塁打を放つなど好調だったが前半戦での不振が響き、最終的には打率.243と低迷した。守備では8月1日に二塁手としての連続守備機会無失策記録を714としてセ・リーグ記録だった立浪和義の712を更新し、最終的に804まで伸ばした。関本賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 湯上谷ひろ志

    湯上谷ひろ志から見た立浪和義立浪和義

    、ドラフト2位で南海ホークスに入団。背番号は入団時14、は7、以降は6。俊足を生かした広い守備範囲が特徴で、内外野どのポジションでもこなせるユーティリティプレイヤーだった(二塁648試合、遊撃230試合、三塁175試合、一塁2試合、外野54試合)。入団後数年はスイッチヒッターだった。オフには南海球団は「来季から湯上谷、立浪のフレッシュ二遊間で売り出す」と球団を挙げて公言するなど、当時PL学園高校の主将であった立浪和義の獲得と湯上谷・立浪の若手コンビによる二遊間形成を目論んだが、結局立浪は同年のドラフトで中日ドラゴンズにさらわれた形となり、この構想は幻に終わった。1989年は前年秋季キャンプ中の右脛骨の骨折、その手術・リハビリが長引き一軍不出場に終わったが、復帰したからは3年連続で全試合出場を果たす。から登録名を「湯上谷 竑志」としている。に現役引退。湯上谷ひろ志 フレッシュアイペディアより)

  • 犬飼俊久

    犬飼俊久から見た立浪和義立浪和義

    2009年9月30日の中日対巨人戦(ナゴヤドーム。この日は2009年のナゴヤドームでのレギュラーシーズン最終戦となった)の試合終了後に行われた立浪和義の選手引退セレモニーで司会を務めた(司会を務めることは公には発表されていなかった)。犬飼俊久 フレッシュアイペディアより)

  • カネシゲタカシ

    カネシゲタカシから見た立浪和義立浪和義

    立浪和義・野村弘樹「立浪&野村が教える! 野球少年が親子でうまくなるプロ思考」(集英社、2012年 ISBN 978-4-08780-659-5)カネシゲタカシ フレッシュアイペディアより)

  • 松本稔 (野球)

    松本稔 (野球)から見た立浪和義立浪和義

    大学院修士課程修了に際して群馬県公立高校教員として採用され、1985年に県立中央高校に赴任。2年後には夏の群馬県大会を制して第69回選手権大会に出場。この時は、1回戦で立浪和義・片岡篤史・橋本清・野村弘樹らを擁する大阪府代表のPL学園高校に2-7で敗退している。松本稔 (野球) フレッシュアイペディアより)

197件中 101 - 110件表示

「立浪和義」のニューストピックワード