197件中 11 - 20件表示
  • 石井一久

    石井一久から見た立浪和義立浪和義

    、新人の石井は「将来のエース」として背番号16という若い数字を与えられて期待され、日本シリーズ第3戦では前代未聞となる「レギュラーシーズンで未勝利の高卒新人ながら先発登板」を果たす。高卒新人投手の先発登板自体、1953年の中村大成、1956年の稲尾和久、1966年の堀内恒夫、2007年の吉川光夫含めて5人だけ。全守備位置を通じて高卒新人のシリーズ先発出場は1988年の立浪和義以来4年ぶり、1990年代では唯一の事例。4回に2点を失い降板、敗戦投手となっている。石井一久 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た立浪和義立浪和義

    7回3点リードの状態から登板し、「(準備は十分であったが、狭いナゴヤ球場等の条件下で)正直にいうと、怖かった」と述べている状況であった。8回先頭打者のPLの後輩で同室だった立浪和義が一塁ベースに執念のヘッドスライディングで左肩を痛めて負傷退場となりながら内野安打としたシーンに感動したことを認めている。9回裏二死小森哲也を大きなカーブで空振り三振に打ち取り、3イニングを無失点に抑えてセーブを挙げた。『ベースボールマガジン』2009年3月号は、「(最後の打者が三振の)直後の桑田のガッツポーズは多くの野球ファンの記憶に刻み込まれているはずだ」(pp.72-73)と記述している。試合前に涙を流し続けていたので、試合終了後は特に涙は出てはいなかった。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た立浪和義立浪和義

    2014年夏:正月に続き「チーム帝京」して戦う。正月に大阪桐蔭OBチームに勝利した「チーム帝京」に対し、全国および世界の高校野球の名門校出身者が「甲子園名門レジェンド」を結成。森本はプロ野球のシーズン中のため、2013年夏に引き続きトーマス(藤増)が参加したまたトーマスは今回「チーム帝京」のユニフォームを着用した。「甲子園名門レジェンド」は参加した金本知憲(広陵高校)・山?武司(愛工大名電高校)・立浪和義(PL学園高校)は出身校のユニフォームをモチーフしたユニフォームを着用、ベネズエラ出身のアレックス・ラミレスは胸に出身校のサンアントニオデパウラ高の文字が入ったユニフォームを着用した。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 野村弘樹

    野村弘樹から見た立浪和義立浪和義

    高校はPL学園に入学し、桑田泉(桑田真澄の実弟)、立浪和義(元中日)、片岡篤史(元日本ハム)、橋本清(元巨人)、宮本慎也(元ヤクルト・宮本のみ1学年下)らを揃えた強力チームのエースで4番打者として史上4校目の甲子園春夏連覇を達成した(野村は10試合に登板し6勝0敗を記録)。しかし、高校時代はスタミナがなく、継投により途中降板して左翼手に回ることが多かったが、打つほうでは練習試合も含めて高校通算53本塁打をマークしている。野村弘樹 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た立浪和義立浪和義

    ルーキーイヤーの8月29日、ナゴヤドームでの対ヤクルト戦で8番・遊撃手で初先発し、プロ入り初本塁打を放った(高卒新人本塁打は中日では立浪和義以来)。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 今中 慎二

    今中慎二から見た立浪和義立浪和義

    入学当初は目立った存在ではなかったが、すぐに見違えるような速球を投げるようになり、同校を訪れた田丸仁(当時、阪神スカウト)からも高評価を受けたという。1年夏の大阪府大会からベンチ入りを果たし、秋の府大会では準々決勝の対PL学園戦に登板した。この試合は0対1で敗れたものの、立浪和義や野村弘を擁して翌年に春夏連覇を果たす強豪をよく抑え、NPBのスカウトらから注目を集めるようになった。2年の冬にはクモ膜下出血で母を亡くし、精神的に大きく落ち込んだが、3年時になると精神的に立ち直り、将来のプロ入りを明確に目指すようになった。今中慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 板東英二

    板東英二から見た立浪和義立浪和義

    さらに、上記の活動に加えて、通信販売の事業を手広く展開。「板東商店.com」(メイワーク運営)や「美味!ニッポン」(テレビ・プラス社との共同運営)などを手掛けていた。テレビ大阪の番組と連動した「美味!ニッポン」では、この番組に関連したブログを執筆するなど、積極的な姿勢で取り組んでいた。また、ドラゴンズで板東の後輩に当たる甲子園優勝経験者の立浪和義は、板東の経営する会社にマネジメントを委託している。板東英二 フレッシュアイペディアより)

  • 次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL

    次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALLから見た立浪和義立浪和義

    中京テレビ - 地上波の全国放送が対中日戦である場合に限り、平日のローカルニュース番組『キャッチ!』を短縮して18時18分から「トップナイター」として先行放送を行う。その場合、川又米利が解説者だった時代は川又が解説を務めることが多かった。また、かつては対広島のビジターゲームでHTVと共同制作で放送する事があり、その際にはベンチリポートを派遣すしていた。2014年はネット受けしなかったものの、デーゲーム1試合でHTVへベンチリポート派遣を実施した。2016年7月18日の同カードはHTVとは別に独自に実況・解説を用意して中日応援実況を行った(解説:立浪和義・井上一樹、実況:吉田太一)が、スコア表示についてはHTVのものを流用した(J SPORTS向けと同様HTVの自社向け企画・告知のみ消去した映像を使用し、独自に右上のアイキャッチを挿入)。次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL フレッシュアイペディアより)

  • 大島洋平

    大島洋平から見た立浪和義立浪和義

    2009年のドラフト会議で中日ドラゴンズから5位指名を受け入団。夫人とは日生時代の3月に結婚、6月に長男が誕生していたので入団会見には妻子も同席。他の入団選手達が一軍昇格を目標にする中、「小さい頃から憧れていた球団に入団できて嬉しい。開幕一軍で出場できるように頑張りたい。できるだけ早くレギュラーをとりたい。将来は立浪さんのように40歳まで野球を続けたい」とより具体的な目標を示した。家族がいる身で安定した社会人生活を捨てて厳しい競争をするプロの世界に飛び込むことについては相当悩んだという。しかし、最終的には妻に後押しされ「同じ世界で勝負したい」とプロ入りを決意した。中日の新人選手は、独身寮の昇竜館で入団会見の翌年1月から生活を始めることになるが、大島は結婚をしていて既に子供もいる為に入寮は免除された。大島洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 野球道 (フジテレビ系列)

    野球道 (フジテレビ系列)から見た立浪和義立浪和義

    立浪和義(2010年 - 。日本テレビ・CBCテレビ・東海テレビにも出演)※2018年よりフジテレビプロ野球中継サイトに解説者として記載されている野球道 (フジテレビ系列) フレッシュアイペディアより)

197件中 11 - 20件表示

「立浪和義」のニューストピックワード