185件中 21 - 30件表示
  • 普久原淳一

    普久原淳一から見た立浪和義立浪和義

    初出場:2007年3月30日、対東京ヤクルトスワローズ1回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に立浪和義の代走として出場普久原淳一 フレッシュアイペディアより)

  • ガッツだ!ドラゴンズ

    ガッツだ!ドラゴンズから見た立浪和義立浪和義

    後半(時報後の交通情報の後)の井上選手が電話をかけて話をする企画では、中村紀洋(29日)・岩瀬仁紀(30日)・近藤真市(31日)・立浪和義(1日)・朝倉健太(2日)が出演した。ガッツだ!ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーサタデー

    スーパーサタデーから見た立浪和義立浪和義

    加藤晴彦 - 不定期で出演。2009年1月17日放送分では、親友で当日のゲストだった立浪和義とともに出演。スーパーサタデー フレッシュアイペディアより)

  • 尾山敦

    尾山敦から見た立浪和義立浪和義

    1987年の夏の甲子園に2年生ながらエースとして出場する。1回戦では「先発出来なかったことが悔しかった」というが、リリーフで好投して長崎商業に快勝する。その時の3番打者は進藤達哉。2回戦では野村弘、橋本清ら3人のエース級投手や片岡、立浪を擁し春夏連覇を果たしたPL学園を相手に好投して注目を集める。翌年のセンバツにも出場したが1回戦で木村龍治のいた中京(現中京大中京)に2対7で敗退したが、スカウトからは「140キロを越す速球は魅力的」と評価される。夏も優勝候補の筆頭として県大会決勝まで勝ち進み、決勝でも優位に試合を進めたが、終盤に味方の失策が絡んで浅井樹のいた富山商業に逆転負けを喫し、甲子園出場はならなかった。尾山敦 フレッシュアイペディアより)

  • 西川慎一

    西川慎一から見た立浪和義立浪和義

    しかし、成績が振るわず2004年シーズン終了後に退団した。2004年唯一の登板となった4月4日の中日戦(ナゴヤドーム)では、同点で迎えた11回裏に立浪和義へのワンポイントで登板したが、初球でサヨナラ安打を仕留められた。これが最後の一軍登板となった。西川慎一 フレッシュアイペディアより)

  • 伊香輝男

    伊香輝男から見た立浪和義立浪和義

    同志社香里高校から同志社大学に進んで、1957年に近鉄パールスへ入団。1年目から1軍の試合に出場し、2年目には中堅手のレギュラーを獲得。翌年は6番右翼手として94試合に出場した。1960年からは再び控えになるが1962年に再びレフトのレギュラーに復帰した。翌年からは代打として試合に出場。1966年は84試合に出場しているが守備についた試合は一度も無く、すべて代打での出場だった。この記録は2007年に立浪和義が更新するまで41年間日本記録だった。1968年に引退。引退後は1970年まで近鉄でコーチを務めた。伊香輝男 フレッシュアイペディアより)

  • 宮古島市民球場

    宮古島市民球場から見た立浪和義立浪和義

    杮落としとして行われた試合で先発した横浜大洋の投手・友利結(デニー友利)はこの島に縁の選手である。またその試合で中日・立浪和義が初ホームランを打ったことを記念して植樹がされた。宮古島市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンズHOTスタジオ

    ドラゴンズHOTスタジオから見た立浪和義立浪和義

    加藤晴彦 - 準レギュラー扱い。立浪和義現役時代は、開幕前や春季キャンプ中には番組企画として立浪とのインタビューも放送されたほか、2009年の立浪最後のシーズン中に放送された立浪に関する特集にも殆ど出演していた。ドラゴンズHOTスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 中田宗男

    中田宗男から見た立浪和義立浪和義

    翌年から中日スカウトとして関西地区担当などを歴任し、立浪和義はじめ多くの選手の入団に貢献している。2003年からはスカウト部門トップの編成部長に就任。また、12球団のスカウトで構成する親睦団体「スカウト会」会長も務める。中田宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 富士シリシア化学

    富士シリシア化学から見た立浪和義立浪和義

    現在も同社の調湿剤とバットケースは、イチローや立浪和義、谷繁元信など多くの選手に提供されているが、基本的には同社の高橋誠治社長が「これと見込んだ選手だけに提供する」製品であり、一般への市販予定はない。過去にもスポーツ用品メーカーから商品化の打診を受けたことがあるが、それらは全て断っているとのこと。富士シリシア化学 フレッシュアイペディアより)

185件中 21 - 30件表示

「立浪和義」のニューストピックワード