185件中 31 - 40件表示
  • 1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た立浪和義立浪和義

    パリーグ先発野茂は敗戦投手にはなったが初回先頭打者立浪和義含め奪三振6個。結果的に1990年代の球宴では最多となった。1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第58回選抜高等学校野球大会

    第58回選抜高等学校野球大会から見た立浪和義立浪和義

    立浪和義(PL学園?中日)第58回選抜高等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 三輪隆

    三輪隆から見た立浪和義立浪和義

    関東一高時代のには春の甲子園決勝進出も、立浪和義が主将として率いるPL学園に敗北。明大では東京六大学リーグ通算70試合出場、254打数75安打、打率.295、7本塁打、41打点。ベストナインに3回選出されるなど活躍した。三輪隆 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た立浪和義立浪和義

    実況:高田寛之、解説:山田久志、立浪和義、リポーター:伊藤敦基2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た立浪和義立浪和義

    結果的にオールスター最終開催となる阪急西宮球場で第1戦が行なわれ、地元阪急ブレーブスの星野伸之が全パの先発として責任投球回を無失点に抑え、主砲ブーマー・ウェルズが特大のホームランをかっ飛ばし老舗球団の派手な店じまいのような展開となった。第2戦はナゴヤ球場で実施され王監督に憧れて野球を志した高卒新人立浪和義が先発出場、当時は指名打者がオールスターゲームで導入されておらず門田博光が3番右翼手で先発。低迷続く阪神タイガースの岡田彰布の逆転ホームランで全セがタイに持ち込んだ。そして最終、第3戦は開場4ヶ月の東京ドームが初めて球宴の舞台となった。当時東京ドームを本拠地としていた日本ハムファイターズのエース西崎幸広が全パ先発投手として3回をパーフェクト(2回裏にはクリーンナップから三者連続三振、3回裏2死で代打立浪から5個目の三振)2年ぶりの延長戦となり引き分け寸前の12回裏、野手を使い切った全セは投手水野雄仁を代打に送ったところこれがサヨナラの犠牲フライとなり、全セが昭和最後のオールスターを締めくくった。現在の規定では延長はなく、指名打者制になっているため、このような事態は今後暫く起こりえないだろう。1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 平沼定晴

    平沼定晴から見た立浪和義立浪和義

    現役引退後の1999年から打撃投手として選手の打ちやすい球を投げられず苦労したが、立浪和義には逆にそれが好評であった。立浪は引退するまで打撃練習の相手には必ず平沼を指名していた。2009年頃から右肘に痛みを感じるようになり、連日テーピングと注射で痛みに耐えていたが、2011年夏ごろに肘が曲がらない「ロック」という症状に陥り、その後秋に復帰するものの打撃投手からの引退を決意。2012年シーズンからは用具係専任となる。平沼定晴 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋雅裕

    高橋雅裕から見た立浪和義立浪和義

    1988年は1番打者として全試合に出場し、打率.293(542打数159安打)という成績を残す。守備においては1988年から1989年にかけて、山下を超える遊撃手の連続無失策記録を樹立した。しかし、1988年のゴールデングラブ賞は中日のルーキー・立浪和義、ベストナインも当時パワーヒッターとして活躍していたヤクルトの遊撃手・池山隆寛が獲得した。高橋雅裕 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋光信

    高橋光信から見た立浪和義立浪和義

    4月2日の横浜戦で代打出場し、自身初のサヨナラ本塁打を佐々木主浩から放ち、三塁ベースコーチの高代延博と手を繋ぎスキップしながらホームインした。5月6日、セ・パ交流戦初戦となるオリックス・バファローズ戦で、暴力事件で出場停止となっていたタイロン・ウッズに代わり4番指名打者でスタメン出場し、3番レフト立浪和義5番ライト福留孝介とクリーンナップを形成。球団史上初の公式戦先発指名打者を務めた。高橋光信 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田豊彦

    吉田豊彦から見た立浪和義立浪和義

    社会人・本田技研熊本を経て、1987年のドラフト会議で立浪和義を外した南海ホークスにドラフト1位で指名され、契約金2800万円、年俸600万円(いずれも推定)で入団。契約金で実家の牛を買った。吉田豊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川大幾

    吉川大幾から見た立浪和義立浪和義

    2010年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。背番号は同じPL学園の先輩で同じ内野手で尚且つ憧れの人物でもある立浪和義が付けていた3を継承することとなった。吉川大幾 フレッシュアイペディアより)

185件中 31 - 40件表示

「立浪和義」のニューストピックワード