197件中 41 - 50件表示
  • 1992年の中日ドラゴンズ

    1992年の中日ドラゴンズから見た立浪和義立浪和義

    星野仙一から高木守道に監督が替わった中日は開幕戦で開幕投手の郭源治が4回途中にふくらはぎに痙攣を起こし65球で降板、また3番打者として7回に決勝本塁打を打った立浪和義も太腿の故障で戦列を離脱し、いきなり投打の主力を失う異常事態。さらに開幕3連勝と好調だった今中慎二も4月19日の巨人戦で打球が左手首を直撃し骨折、長期離脱を余儀なくされる。それでも6月上旬までは勝率5割前後と健闘していたが、6月中旬に4連敗を喫すると徐々に成績が下降、7月には落合博満の腰痛による登録抹消が響きついに最下位に転落し、8月にも8連敗・6連敗と負けが込み5位大洋に引き離される。8月末にようやく今中がローテーションに復帰し、チームも9月に6連勝を記録したが時すでに遅く、10月6日に12年ぶりの最下位が決定した。1992年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 阪急西宮スタジアム

    阪急西宮スタジアムから見た立浪和義立浪和義

    1988年7月、オールスターゲーム第1戦も開催され、高卒新人の代打立浪和義が王監督の期待に応え後の同僚で同試合勝利投手津野浩から初打席初安打。同年10月には、阪急ブレーブスのオリエントリース(現:オリックス)への球団譲渡(及び「オリックス・ブレーブス」への球団名変更)が決まる。最終試合のセレモニーで山田久志、福本豊の阪急黄金期を支えた両選手の引退が公表される。チームはオリックスとなったあとも引き続いて阪急西宮球場をホームグラウンドにすることを発表。内野指定席の座席をブレーブスシートとして改良、内野自由席の大半と外野席はそのまま。阪急西宮スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 月刊ドラゴンズ

    月刊ドラゴンズから見た立浪和義立浪和義

    立浪和義が一カ月のドラゴンズの戦いを振り返り考察する。月刊ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見た立浪和義立浪和義

    プロ野球中日ドラゴンズ(特に立浪和義選手)との親交が深く、ソフトボール日本代表やルネサス高崎が中日の沖縄キャンプで合同練習を行っている。2006年の沖縄キャンプでは2月22日に訪れ、宇津木自らが中日の野手に約2時間、約1000本の速射ノックを浴びせ、中日の選手達はそれぞれ井端弘和が「(自分達の)落合博満監督よりきつい、本当にいやらしい」、立浪和義が「(一緒に受けた)あの子(三科真澄)はタフですよ」、柳田殖生が「左右に振られてばっかり、(それまでのキャンプ中で)今日が一番きつかった」などと異口同音に驚いたが、宇津木自身は「前は3時間ぐらい打ったけど、年で体力が落ちてきて、きょうは全部で1000本ぐらいかな。距離があるし、力がなくなってきている。もうちょっとトレーニングしないと。」のコメントを残している。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ジョーブ

    フランク・ジョーブから見た立浪和義立浪和義

    1974年、利き手の左腕靭帯を損傷していたトミー・ジョンに対して腱を自家移植する手術を実施。ジョンの手術以降、同様に肩や肘を故障していた数多くのプロ野球選手に対して同様の手術を行い、多くの選手が故障から復活した。アメリカを始めとして、この手術をトミー・ジョン手術と呼んでいる。NPBのプロ野球選手では、村田兆治、荒木大輔、桑田真澄、近藤真一らが同様の手術を受けた。また手術は受けなかったが、1989年に右肩を痛めた立浪和義も診察を受けた。フランク・ジョーブ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞から見た立浪和義立浪和義

    個人最多受賞ポジション数:3ポジション 立浪和義(二塁手部門:3回、三塁手部門:1回、遊撃手部門:1回)ゴールデングラブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 津野浩

    津野浩から見た立浪和義立浪和義

    1988年、西宮スタジアムでのオールスター第1戦では勝利投手となったが8回表2死に代打で後の同僚になる当時高卒新人の立浪和義に同試合唯一の安打を打たれる。津野浩 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の中日ドラゴンズ

    2004年の中日ドラゴンズから見た立浪和義立浪和義

    立浪和義(三塁手、初受賞)2004年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た立浪和義立浪和義

    8月24日 - 中日の立浪和義が対阪神戦でNPB史上32人目の通算1000打点2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た立浪和義立浪和義

    9月30日 - 中日の立浪和義が対巨人戦(ナゴヤドーム)前に開いた会見で、今シーズン限りでの現役引退を正式表明。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

197件中 41 - 50件表示

「立浪和義」のニューストピックワード