185件中 51 - 60件表示
  • 二宮至

    二宮至から見た立浪和義立浪和義

    に中日ドラゴンズ監督の星野仙一に請われ、ナゴヤドーム元年の前年に最下位に終わった中日に守備走塁コーチとして入団。内野手として不本意なシーズンを送った立浪和義、内野手として伸び悩んでいた福留孝介、捕手として伸び悩んでいた関川浩一、投手として伸び悩んでいた井上一樹をセ・リーグを代表する外野手として育て上げた。に退団。二宮至 フレッシュアイペディアより)

  • 森岡良介

    森岡良介から見た立浪和義立浪和義

    2002年のドラフトで中日ドラゴンズから1巡目指名されて入団。立浪和義の後継者として期待されての入団だった。森岡良介 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    NHKラジオ第1 解説:大島康徳 ゲスト解説:立浪和義(中日)1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 彦野利勝

    彦野利勝から見た立浪和義立浪和義

    1982年のドラフト会議で愛知高校から中日に5位指名で入団し、投手から外野手に転向。入団後二軍暮らしが続いたが、入団5年目の一軍定着。星野仙一監督時代のには「長打力のある1番センター」=核弾頭として2番定着の立浪和義と共に中日の6年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。には自己最高の26本塁打を放ち、オールスターゲームに監督推薦で初出場、ベストナインに選出。翌にはオールスターゲームにファン投票選出された。強肩を活かした守備力があり、1988年からゴールデングラブ賞を3年連続受賞。1988年の日本シリーズ第3戦、工藤公康から初回先頭打者本塁打(第3戦、西武ライオンズ球場)を放つ。ポストシーズンでの初回先頭打者アーチは高木守道以来14年振り、。彦野利勝 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の日本シリーズ

    1997年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    NHKラジオ第1 解説:藤田元司 ゲスト解説:立浪和義(中日)1997年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    NHK衛星第1テレビ ゲスト解説:立浪和義(中日)、赤堀元之(近鉄)1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 井野修

    井野修から見た立浪和義立浪和義

    2000年(平成12年)5月6日ナゴヤドームでの中日対横浜戦、橘高淳球審の判定を不服とした中日立浪和義、大西崇之両選手と星野仙一(当時中日監督)が同球審に暴行を働き3人が退場となる乱闘事件で二塁塁審。井野修 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田殖生

    柳田殖生から見た立浪和義立浪和義

    初出場:2007年6月20日、対オリックス・バファローズ4回戦(石川県立野球場)、6回裏に立浪和義の代走として出場柳田殖生 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野勝

    宇野勝から見た立浪和義立浪和義

    、シーズン前に目標を聞かれ、「3割、30本、3盗塁」とテレビカメラの前で宣言。しかし、立浪和義・種田仁・前原博之との定位置争いに敗れ、オフに千葉ロッテマリーンズにトレードで移籍(中日の宇野・長嶋清幸、ロッテの今野隆裕・横田真之の交換トレード)。宇野勝 フレッシュアイペディアより)

  • 芝草 宇宙

    芝草宇宙から見た立浪和義立浪和義

    帝京高校で高校野球大会に通算3回出場。1987年の第69回選手権大会では2回戦・東北高校戦でノーヒットノーランを達成(選手権大会史上20人目)するが、野村弘、橋本清、立浪和義、片岡篤史らを擁するPL学園高校に準決勝で敗れた。芝草宇宙 フレッシュアイペディアより)

185件中 51 - 60件表示

「立浪和義」のニューストピックワード