185件中 71 - 80件表示
  • 清春

    清春から見た立浪和義立浪和義

    野球に対する思い入れが少なからずある。小学校時代はリトルリーグでファーストを守っていた。また、年に数回、地元の多治見球場で中日ドラゴンズが主催試合を行う際には観戦に行っていた。一家は、特に父親が根っからのドラゴンズファン。曰く、「今は堂上兄弟が在籍しているけど、僕にとってはその父親がプレーしていた頃の印象が強い。山本昌や立浪も、僕から見ればまだルーキー」。中学入学後は音楽に目覚めたため、野球への関心は一時薄れたが、成人後、黒夢時代には「BLACK DREAMS」という草野球チームを結成している。清春 フレッシュアイペディアより)

  • 関本賢太郎

    関本賢太郎から見た立浪和義立浪和義

    はプロ11年目で初の開幕スタメンを勝ち取ったが、開幕から不振に喘いで4月やオールスター前は藤本や坂克彦にスタメンを譲ることもあった。後半戦は7本塁打を放つなど好調だったが前半戦での不振が響き、最終的には打率.243と低迷した。守備では8月1日に二塁手としての連続守備機会無失策記録を714としてセ・リーグ記録だった立浪和義の712を更新し、最終的に804まで伸ばした。関本賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 桧山 進次郎

    桧山進次郎から見た立浪和義立浪和義

    も主に代打として出場したが、前年よりも打撃成績は落ち込んだ。10月4日の対中日最終戦で、同年限りでの引退を表明した同学年の立浪和義に対し、阪神を代表して慰意の花束を贈呈した。桧山進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の日本シリーズ

    1988年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    中日の先発は西武から移籍して18勝と大躍進した小野和幸。しかし西武時代は4番手、5番手投手でしかなかった小野に対し西武は最初から精神的優位に立っていた。2回、清原和博がレフト場外(近くを走る東海道新幹線の防音壁に当たったと言われている)に消える特大の先制ソロホームラン。この本塁打で浮足立った中日の隙を突き、ヒット、四球、エラーで無死満塁と攻め、辻発彦の遊ゴロ併殺の間に追加点。6回には石毛宏典がバックスクリーン左へソロ本塁打を放ち、優位に試合を進めた。中日は6回、ゲーリーの犠牲フライで1点を返し、さらに8回ヒットと四球で無死1、2塁と西武先発の渡辺久信を攻めたが、西武はここで東尾修にスイッチ。東尾は老練なピッチングで彦野利勝を三塁併殺打、立浪和義を三振に仕留めた。東尾は9回1死から落合博満にヒットを許したが、続く宇野勝を遊ゴロ併殺に仕留め、西武が先勝した。日本シリーズ初見参の落合は2安打を放ったもののいずれも無走者でのシングルヒット。宇野が2三振、2併殺打、さらに守備でも1エラーとブレーキになった。1988年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のスポーツ

    1969年のスポーツから見た立浪和義立浪和義

    8月19日 - 立浪和義(大阪府、野球)1969年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 関川浩一

    関川浩一から見た立浪和義立浪和義

    広いナゴヤドームに適応できる野手として外野手専任となり、前年内野手として不本意なシーズンを送った立浪和義、投手として伸び悩んでいた井上一樹と共に外野守備コーチの二宮至の特訓を受けた。当時監督の星野仙一から重用され、移籍1年目からレギュラーとして活躍する。関川浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球選手会

    日本プロ野球選手会から見た立浪和義立浪和義

    9代目理事長:立浪和義(平成13年12月7日就任)日本プロ野球選手会 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た立浪和義立浪和義

          立浪和義中日 初芝清ロッテ1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    実況:新谷保志、解説:江川卓、立浪和義(2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表打撃コーチ)ゲスト解説:山崎武司(中日ドラゴンズ)副音声:亀梨和也(KAT-TUN、『Going!Sports&News』ベースボール・スペシャルサポーター)、ゲスト解説:大島洋平(中日ドラゴンズ)、ゲスト:上田晋也(くりぃむしちゅー、『Going!Sports&News』メインキャスター)、副音声実況:河村亮リポーター:町田浩徳(巨人サイド)、永井公彦(STV、日本ハムサイド)監督並びにヒーローインタビュー:村山喜彦2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦忠

    杉浦忠から見た立浪和義立浪和義

    南海ホークスとして最後のプロ野球ドラフト会議となった1987年、早くから地元大阪出身のスター候補生ということでPL学園高校の主将で当時の高校野球界随一の遊撃手立浪和義を獲得する方針を固めていたが、星野仙一監督率いる中日と競合し、杉浦はクジを外した(再指名で本田技研熊本の左腕吉田豊彦獲得)。翌年のダイエーホークスとして初の同会議では、地元福岡の柳川高校出身でプリンスホテル硬式野球部及びソウルオリンピック野球日本代表の主砲中島輝士を1位指名したが、近藤貞雄新監督率いる日本ハムファイターズに奪われ、同じく地元の福岡第一高校の左腕で夏の甲子園準優勝投手前田幸長を2位で指名する予定が、有藤道世監督率いるロッテオリオンズに1位指名されたため獲得に失敗している。翌年の東京ドームでの開幕戦ではプロ初打席の中島にサヨナラホームラン打たれ、敗北した(同試合では、一軍初打席の広永益隆が杉浦の期待に応えてダイエー球団第一号本塁打を放っている)。杉浦忠 フレッシュアイペディアより)

185件中 71 - 80件表示

「立浪和義」のニューストピックワード