185件中 81 - 90件表示
  • 小林幹英

    小林幹英から見た立浪和義立浪和義

    初奪三振:同上、6回表に立浪和義から小林幹英 フレッシュアイペディアより)

  • 久慈照嘉

    久慈照嘉から見た立浪和義立浪和義

    東海大甲府高校では3回甲子園に出場。「東の久慈、西の立浪」といわれており、高校時代から守備力があった(当時の後輩が久慈の守備練習を一塁側ファウルグラウンドで見学中、三遊間を抜けようとしている打球を横っ飛びでキャッチしたのを見て「視界の外から飛んできた」と例えるほどであった)。立浪とは後に中日で同僚となる。シュアな打撃が売りだったが、高校3年時には当時の4番打者・江花が不振のために代役で4番に座った事がある。社会人の日本石油では日本選手権、アマチュア王座決定戦で優勝を経験し、1991年のドラフト2位で阪神タイガースに入団。久慈照嘉 フレッシュアイペディアより)

  • KKコンビ

    KKコンビから見た立浪和義立浪和義

    KK3年生時の1年生は、片岡篤史・立浪和義・橋本清・野村弘樹など錚々たるメンバーを揃え、彼らが3年生となった1987年にはKKコンビが成しえなかった春夏連覇を果たした(この時、2年には宮本慎也もいた)。KKコンビ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見た立浪和義立浪和義

    5月19日 - 中日の立浪和義が通算450二塁打のプロ野球新記録樹立。2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の野球

    1994年の野球から見た立浪和義立浪和義

    特に、中日は8月に8連敗し、高木守道監督にシーズン限りの解任を通告していた。しかし、奮起して、9月を11勝3敗で、9月に4勝10敗の巨人をとらえ、広島を優勝争いから脱落させた。9月28日、ナゴヤ球場での中日-巨人戦で、1回に立浪和義が巨人先発桑田真澄から放った本塁打による1点を先発郭源治から先発登板することもあった佐藤秀樹、さらに翌日の両チーム間の試合が台風接近により中止になることを見越して今中を抑えに投入して1-0で中日が勝利し、巨人と同率で並んだ。長嶋監督は10月8日に「(9月29日に中止になった中日戦)をやっていたら中日の勢いからいってやられただろうし、(中略)まさにあの"ハリケーン"は神風だった」と振り返り、後年、落合博満は、この時期の巨人のチーム状態について「2試合とも中止になることを願っていた」と述べた。1994年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た立浪和義立浪和義

    9月30日 - 中日・立浪和義内野手が、30日の対巨人24回戦(ナゴヤドーム)前に開いた会見で、今シーズン限りでの現役引退を正式表明。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚典

    鈴木尚典から見た立浪和義立浪和義

    、中日との開幕戦、9回裏無死で立浪和義の打球にダイビングキャッチを試みるも後逸して三塁打にしてしまい、チームはこの後アレックス・オチョアにセ・リーグ初の開幕戦サヨナラ満塁本塁打を浴びて敗戦を喫する。その後も拙守や打撃不振が続いたことや、守備力を重視する牛島和彦新監督に、堅実な守備力を買われた小池正晃がレフトに定着したため、スタメン出場が激減。打率も.215とレギュラー定着以後自己最低と言える成績に終わった。再起を期したは、肩の故障などもあり開幕は二軍スタートとなった。しかし二軍では満塁本塁打を放つなど打率.386の好成績をマークし、5月11日に一軍に合流。主に代打や指名打者として起用され、特に代打時の打率は.380を記録するも、オフに球団からプロ野球史上野手では第2位の減俸額となる1億3,000万円(59%)ダウンの年俸9,000万円を提示され、契約を結んだ。牛島監督時代の2年間は守備力を重視するチーム方針もあり、代打、もしくは交流戦での指名打者に出場機会がほぼ限定されていた。鈴木尚典 フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た立浪和義立浪和義

    定岡は自分の仲間を集めてサダーズを結成し西本と対戦、西本チームには彼を師匠と慕う、桑田真澄、山本昌広、中村武志、立浪和義、平井正史といった彼が所属した球団にいた選手たちが集まった。試合には当時の監督の長嶋茂雄も始球式のために駆けつけたが、最終回に急遽代打として登場。引退試合最後のバッターボックスに立ったが、1975年の入団時と1994年の復帰時のいずれも監督を務めていた長嶋を打ち取り、20年にわたるプロ生活を終えた。引退試合に参加した選手は、西本の影響があるかどうかは不明であるが、その後も長く現役で活躍を続けている選手が多い。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た立浪和義立浪和義

    右手親指のつけ根付近に、本人曰く「詰まりマメ」が、年中出来ている。打球が詰まっているため出来るということだが、「詰まらないことが一番だが、詰まってもいいところに飛んでくれればいい」と語っている。ただし立浪和義は「あんな所にマメが出来るのは考えられない」と打撃技術に疑問を呈している。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 夏目みな美

    夏目みな美から見た立浪和義立浪和義

    2010年1月6日、ナゴヤドームで開催の「立浪和義選手に感謝する会」で同僚久野誠とともに司会を務めた。夏目みな美 フレッシュアイペディアより)

185件中 81 - 90件表示

「立浪和義」のニューストピックワード