197件中 81 - 90件表示
  • 1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た立浪和義立浪和義

    パリーグ先発野茂は敗戦投手にはなったが初回先頭打者立浪和義含め奪三振6個。結果的に1990年代の球宴では最多となった。1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た立浪和義立浪和義

    7月23日に予定された第1戦が雨で24日に順延。第1戦は結果的にオールスターゲーム最終開催となる阪急西宮球場で行われ、地元阪急ブレーブスの星野伸之が全パの先発として責任投球回を無失点に抑え、主砲ブーマー・ウェルズが特大のホームランを放ち、老舗球団の派手な店じまいのような展開となった。第2戦はナゴヤ球場で実施され王に憧れて野球を志した高卒新人立浪和義が先発出場、当時は指名打者がオールスターゲームで導入されておらず門田博光が3番・右翼手で先発。低迷続く阪神タイガースの岡田彰布の逆転ホームランで全セがタイに持ち込んだ。そして最終、第3戦は開場4か月の東京ドームが初めて球宴の舞台となった。当時東京ドームを本拠地としていた日本ハムファイターズのエース西崎幸広が全パ先発投手として3回をパーフェクト(2回裏にはクリーンナップから三者連続三振、3回裏2死で代打立浪から5個目の三振)2年ぶりの延長戦となり引き分け寸前の12回裏、野手を使い切った全セは投手水野雄仁を代打に送ったところこれがサヨナラの犠牲フライとなり、全セが昭和最後のオールスターゲームを締めくくった。現在の規定では延長はなく、指名打者制になっているため、このような事態は起こり得ない。1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 中田宗男

    中田宗男から見た立浪和義立浪和義

    翌から中日スカウトとして関西地区担当などを歴任し、立浪和義はじめ多くの選手の入団に貢献している。からはスカウト部門トップの編成部長に就任。4月からは編成担当補佐も兼務したが、同年10月からは再びスカウト部長に専任している。中田宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 橘高淳

    橘高淳から見た立浪和義立浪和義

    7回裏、中日の攻撃。立浪和義への内角球を、球審の橘高はストライクと判定した。判定に不満を示した立浪が橘高の胸を突いたとして退場処分を宣告した直後、中日監督の星野仙一が橘高に体当たりし、中日ベンチから選手・コーチが一斉に橘高のもとに詰め寄り、乱闘騒ぎになった。その際、大西崇之が橘高の胸付近を殴り、橘高は右肋骨骨折と左肩、背中などの軽傷と診断された。最終的に星野、立浪、大西の3人が退場処分を受けた。星野には5日間の出場停止と50万円の罰金、立浪に5日間、大西に10日間の出場停止と10万円の罰金がそれぞれ科された。その後、星野、立浪、大西の3人に対しては、それぞれ別地域に住む一般人2名が傷害罪で名古屋地方検察庁に刑事告発(刑事告発は誰でもできる)を行ったが、橘高本人から被害届が出ていないとの理由で、3者とも書類送検された後に起訴猶予処分となった。なお、このシーンは『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』でも何度か取り上げられた。橘高淳 フレッシュアイペディアより)

  • KKコンビ

    KKコンビから見た立浪和義立浪和義

    KK3年生時の1年生は、片岡篤史・立浪和義・橋本清・野村弘樹・桑田泉(真澄の弟)など錚々たるメンバーを揃え、彼らが3年生となった1987年にはKKコンビが成しえなかった春夏連覇を果たした(この時、2年には宮本慎也もいた)。彼らもプロ野球を代表する選手となり、泉もプロゴルファーとして活躍している。KKコンビ フレッシュアイペディアより)

  • 伊香輝男

    伊香輝男から見た立浪和義立浪和義

    1957年に近鉄パールスへ入団。強肩好打の外野手と期待され、1年目から一軍に定着。2年目の1958年には主に中堅手として65試合に先発出場、翌1959年は主に左翼手として71試合に先発する。1960年には杉山悟、十時啓視の移籍入団もあって控えに回るが、1962年に再び左翼手のレギュラーに復帰。同年は規定打席に達しなかったものの打率.328の好記録を残す。1963年には山本八郎の移籍入団に伴い、土井正博が左翼手に回ったため定位置を譲る。その後は主に代打として出場。1966年は84試合に出場しているが守備についた試合は一度も無く、すべて代打での出場だった。この記録は2007年に立浪和義が更新するまで41年間日本記録だった。1967年からはコーチ兼任となり、1968年に引退。引退後は1969年は一軍コーチ、1963年は二軍コーチを務めた。伊香輝男 フレッシュアイペディアより)

  • 金田政彦

    金田政彦から見た立浪和義立浪和義

    1000投球回数:2005年6月9日、対中日ドラゴンズ6回戦(フルキャストスタジアム宮城)、3回表1死目に立浪和義を空振り三振で達成 ※史上301人目金田政彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た立浪和義立浪和義

    2009年に兼任コーチとして野本を指導した立浪和義は「打撃の際に腕が伸びてしまうことによって、速球に苦んでいる」と分析している。その反面半速球には強いという。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た立浪和義立浪和義

    NHK衛星第1テレビ ゲスト解説:立浪和義(中日)、赤堀元之(近鉄)1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た立浪和義立浪和義

    さらに、3Dテレビが発表されたということで講師に細川茂樹、天野ひろゆき、家電オンチ代表に上原美優、立浪和義を迎え、3Dテレビの講習と「携帯で撮った写真をどうすればいいかわからない」という中井のためにSDカードへの保存からパソコンへの移動、テレビでの閲覧、プリンターでの印刷、そして初めてという赤外線通信での送信をレクチャーした。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

197件中 81 - 90件表示

「立浪和義」のニューストピックワード