前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た高木守道

    自らこの年就任した高木守道監督に懇願し、遊撃手を種田仁らに譲り、二塁に転向される。この年のキャンプで右の前腕を痛め、そのまま開幕戦に出場。この日は第1打席で二塁打を打ち、7回裏にはレフト席にホームランを放った。しかし試合後、右腕をアイシングしたところ必要以上に腕を氷水に漬けてしまい、結果人差し指が凍傷となってしまった。故障で序盤は欠場したが、2年ぶりの打率3割を記録。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たフジテレビジョン

    2011年4月より、野村弘樹と共にフジテレビ『すぽると!』のレギュラー野球解説者を務めている。野村とペアで出演することも年に数回ある。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た中部日本放送

    2010年1月6日、ナゴヤドームで「立浪選手に感謝する会」が開催された。2月27日にロッテとのオープン戦で引退記念試合を行った。2010年1月26日、同じく前年限りで現役引退した赤星憲広・清水崇行と共に日本テレビのプロ野球中継解説者となることが発表された(主に中日戦。ただし、中京テレビ(名古屋にある日テレ系局)はナゴヤドームの中日主催試合の放映権が無い。日テレ製作の巨人戦でも中日に絡まない数試合にも出演する)。ゲスト解説者としてCBCのテレビ・ラジオ、フジテレビ、東海テレビ、テレビ愛知の中継にも不定期出演する。また、片岡篤史の後任として北海道文化放送の「スポーツワイド Fの炎」のレギュラー解説者にも起用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た金村曉

    開幕戦は3番・三塁手で先発出場、0-0で迎えた9回裏先頭で横浜先発の三浦大輔から三塁打で出塁、アレックス・オチョアのサヨナラ満塁本塁打で生還。同年は打率こそ低迷したものの、5月19日に札幌ドームでの日本ハムとの交流戦で金村曉から450本目の二塁打を放ち、福本豊の持つ通算二塁打の最多記録を更新。更に6月4日、2275本目の安打を放ち、高木守道の持つ通算安打の球団記録を更新。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たアレックス・オチョア

    開幕戦は3番・三塁手で先発出場、0-0で迎えた9回裏先頭で横浜先発の三浦大輔から三塁打で出塁、アレックス・オチョアのサヨナラ満塁本塁打で生還。同年は打率こそ低迷したものの、5月19日に札幌ドームでの日本ハムとの交流戦で金村曉から450本目の二塁打を放ち、福本豊の持つ通算二塁打の最多記録を更新。更に6月4日、2275本目の安打を放ち、高木守道の持つ通算安打の球団記録を更新。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た豊田清

    前年オフに引退を示唆したことで開幕前から注目を集めた。40歳という年齢もあり守備に就くことはあまりなかったが、代打でチームに貢献した。4月24日の対巨人戦では豊田清から同点本塁打を放ちチームの勝利に貢献。入団以来22シーズン連続で本塁打を放った。8月1日にプロ野球史上7人目の通算1万打席を達成。シーズン終盤に正式に引退を表明し、9月30日の本拠地最終戦後に引退セレモニーを行った。試合には6番・一塁手で同年シーズン初のスタメン出場(一塁の守備に入るのは初)。2-6で敗れたが、4打数3安打の猛打賞で自らの引退を飾った。また、3安打目は二塁打で、自らの持つ二塁打の日本記録を487に伸ばした。試合後のセレモニーでは桑田真澄、清原和博、片岡篤史らから花束が贈られた。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た福留孝介

    開幕戦の対横浜戦で盛田幸妃から初回先頭打者本塁打を放ち、ナゴヤドーム初の公式戦で同球場第1号本塁打となる。8月22日の対阪神戦ではサイクル安打を達成。しかしシーズンを通しては不調に終わり、チームも最下位に転落。この年に作られた応援歌は成績不振のためかわずか1年で廃止されたが、1999年にPL学園の後輩である福留孝介の応援歌として復活している。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た王貞治

    1969年8月19日、大阪府吹田市で生まれる。本来は右利きだが、幼いころ父親によって左打ちにされたという。王貞治に憧れ、小学4年から茨木ナニワボーイズに加入し野球に打ち込んだ。この時は五厘刈りをためらい入団を決意できずにいたが、母親から「ボーイズに入るなら(嫌いな)算盤はやめてもいい」と言われ、どちらを取るか考えた末に野球を選んだという。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た片岡篤史

    KKコンビに触発されただけでなく、幼稚園からの幼馴染であった橋本清が先にPL進学を決めた事で一層想いを強くしたため、(中学時代の監督の伝で決まりかけていた大阪商業大学堺高等学校への進学を断って)PL学園へ入学。この時の同期には橋本以外に片岡篤史、野村弘樹(当時は野村弘)、桑田泉らがいる。2年先輩の桑田真澄と野球部合宿所「研志寮」(現在は廃止)で相部屋となる。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た橋本清

    KKコンビに触発されただけでなく、幼稚園からの幼馴染であった橋本清が先にPL進学を決めた事で一層想いを強くしたため、(中学時代の監督の伝で決まりかけていた大阪商業大学堺高等学校への進学を断って)PL学園へ入学。この時の同期には橋本以外に片岡篤史、野村弘樹(当時は野村弘)、桑田泉らがいる。2年先輩の桑田真澄と野球部合宿所「研志寮」(現在は廃止)で相部屋となる。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示

「立浪和義」のニューストピックワード