前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
267件中 1 - 10件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た高木守道

    現役時代は中日ドラゴンズに所属し、入団初年度から現役引退まで、中心選手として活躍し続けたことから、初代・西沢道夫、2代目・高木守道とともに、3代目「ミスタードラゴンズ」と呼ばれる。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た王貞治

    1969年8月19日、大阪府吹田市で生まれる。本来は右打ちだが、幼いころ父親によって左打ちにされたという。王貞治に憧れ、小学校4年生から茨木ナニワボーイズに加入し野球に打ち込んだ。この時は五厘刈りをためらい入団を決意できずにいたが、母親から「ボーイズに入るなら(嫌いな)算盤はやめてもいい」と言われ、どちらを取るか考えた末に野球を選んだという。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た金村曉

    開幕戦は3番・三塁手で先発出場、0-0で迎えた9回裏先頭で横浜先発の三浦大輔から三塁打で出塁、アレックス・オチョアのサヨナラ満塁本塁打で生還。同年は打率こそ低迷したものの、5月19日に札幌ドームでの日本ハムとの交流戦で金村曉から日本プロ野球新記録の通算450本二塁打を放つ。6月4日、?木守道の球団記録を抜く2275本目の安打を放った。この年は序盤は三塁手だけでなく、イップスになり三塁守備に自信をなくした本人の志願もあり左翼手として起用されることも多かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たアレックス・オチョア

    開幕戦は3番・三塁手で先発出場、0-0で迎えた9回裏先頭で横浜先発の三浦大輔から三塁打で出塁、アレックス・オチョアのサヨナラ満塁本塁打で生還。同年は打率こそ低迷したものの、5月19日に札幌ドームでの日本ハムとの交流戦で金村曉から日本プロ野球新記録の通算450本二塁打を放つ。6月4日、?木守道の球団記録を抜く2275本目の安打を放った。この年は序盤は三塁手だけでなく、イップスになり三塁守備に自信をなくした本人の志願もあり左翼手として起用されることも多かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た松井秀喜

    6月11日の対巨人戦で松井秀喜の放った強烈な打球を弾いて失策を記録、無失策記録は712回で止まったが監督の高木守道及びコーチの徳武定祐が現役時代に記録した数字を上回るものだった(この記録は後に関本賢太郎に破られる)。10月8日、巨人との同率首位優勝決定戦では8回裏先頭打者として桑田真澄から内野安打を打った際に一塁にヘッドスライディングし左肩を脱臼して負傷退場した。また、この脱臼の後遺症として左肩は痛いままだと本人は引退後に語っている(事実、それまで2桁試合出場していた遊撃手のポジションは翌年以降、出場は1桁もしくは出場無しとなっている)。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た星野仙一

    1987年のドラフト会議で南海と中日ドラゴンズが1位で競合し、南海・杉浦監督と中日・星野仙一監督のくじ引きになった。結局、星野監督が当たりくじを引き当てて中日が交渉権を獲得、中日に入団する。当時中日は慶應義塾大学のエース鈴木哲を指名する予定であったが、翌年夏のソウルオリンピックを目指して社会人野球に進むことを宣言したため、ドラフト会議2日前に急遽立浪に切り替え、当時関西地区担当スカウトであった中田宗男がその旨を伝えた。なお、立浪本人は前述のセ・リーグへの憧れからドラフト会議前夜に寮のベランダに出ていたところ、偶然目の前に現れた流れ星を見て中日入団を願ったという。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た豊田清

    前年オフに引退を示唆したことで開幕前から注目を集めた。40歳という年齢もあり守備に就くことは後述する本拠地最終戦までなかったが、代打でチームに貢献した。4月24日の対巨人戦では豊田清から同点本塁打を放ちチームの勝利に貢献。入団以来22シーズン連続で本塁打を放った(日本記録は谷繁元信の27年)。8月1日に日本プロ野球史上7人目の通算1万打席を達成。シーズン終盤に正式に引退を表明し、9月30日の本拠地最終戦後に引退セレモニーを行った。試合には6番・一塁手で同年シーズン初のスタメン出場。2-6で敗れたが、4打数3安打の猛打賞で自らの引退を飾った。また、3安打目は二塁打で、自らの持つ二塁打の日本記録を487に伸ばした。試合後のセレモニーでは桑田真澄、清原和博、片岡篤史らから花束が贈られた。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た福留孝介

    開幕戦の対横浜戦で盛田幸妃から初回先頭打者本塁打を放ち、ナゴヤドーム初の公式戦で同球場第1号本塁打となる。8月22日の対阪神戦ではサイクル安打を達成。しかしシーズンを通しては不調に終わり、チームも最下位に転落。この年に作られた応援歌は成績不振のためかわずか1年で廃止されたが、にPL学園の後輩である福留孝介の応援歌として復活、歌詞変更を経て福留が退団したまで使用されたのち、応援団不在となったには非公式ながら小笠原道大に流用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た宮本慎也

    その後も10月4日の対阪神最終戦(甲子園)や、10月11日のヤクルトとのレギュラーシーズン最終戦(神宮)で代打出場して凡退した。4日は桧山進次郎から、11日は宮本慎也から、花束が贈呈された。レギュラーシーズンでの現役最終打席は9回表2死無走者の場面で押本健彦から二飛を打った。また、10月24日の東京ドームでのクライマックスシリーズ第4戦9回表、7番・藤井淳志の代打として出場が最終打席となり、マーク・クルーンに左飛に仕留められた。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た森野将彦

    三塁手の座を森野将彦と争っていたが、その森野の故障によりシーズン前半は三塁手として先発出場をする。4月7日の対巨人戦で上原浩治からサヨナラ満塁本塁打を放つなど2年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、シーズン中盤に森野将彦に正三塁手の座を奪われてからは先発出場から外れるようになった。優勝決定の翌々日10月12日の対阪神戦(阪神甲子園球場)で片岡篤史の引退試合では志願して先発出場を果たし、試合後に片岡の胴上げに参加した。同月16日の広島でのレギュラーシーズン最終戦では日本シリーズに備え4番右翼手で先発出場、この試合以降は後述する2009年9月30日まで守備に就いてのスタメン出場は無かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
267件中 1 - 10件表示

「立浪和義」のニューストピックワード