229件中 11 - 20件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た板東英二

    現在はフリーの野球解説者、および中日スポーツ、東京中日スポーツの野球評論家。板東英二が社長を務める芸能事務所オフィスメイ・ワークに所属している。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た李鍾範

    久慈照嘉と李鍾範(リー・ジョンボム)の加入で左翼手に転向され、外野守備コーチに就任間もない二宮至の特訓を受ける。広島市民球場での開幕戦(相手の先発は42歳大野豊)に3番・左翼手で出場し4打数無安打。星野監督の故郷倉敷マスカットスタジアムでの阪神戦で川尻哲郎・(前年までの同僚)矢野輝弘のバッテリーにノーヒットノーランを喫した際もフルイニング出場。しかし、同年6月13日の横浜戦では戸叶尚からナゴヤドーム初の満塁本塁打を放った。また、ナゴヤドームで第1戦開催の同年のオールスターゲームに松井、新人の高橋由伸と共に外野手部門でファン投票選出された。外野手部門での選出であったが、ナゴヤドームで開催の第1戦は全セの指揮官のヤクルト監督野村克也に9番・二塁手で先発起用された。結果として、この年は李鍾範の故障があり左翼手だけでなく二塁手を務めることも多かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た工藤公康

    中日ドラゴンズの選手会長に就任。李鍾範と入れ替わるように内野手に復帰し開幕戦で「5番・二塁手」で先発出場、6回裏にネイサン・ミンチーから勝利打点となるタイムリー二塁打を放ち、プロ野球タイの開幕11連勝を飾った。打率は2割6分台だったもののチーム最多の勝利打点を記録し、チームの優勝に貢献した。王が率いるダイエーとの日本シリーズ第1戦では13奪三振で完封勝利の工藤公康から4打数2安打、第2戦では若田部健一から先制適時打を放ったが日本一はならなかった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た桧山進次郎桧山 進次郎

    その後も10月4日の対阪神最終戦(甲子園)や、10月11日のヤクルトとのレギュラーシーズン最終戦(神宮)で代打出場して凡退した。4日は桧山進次郎から、11日は宮本慎也から、花束が贈呈された。レギュラーシーズンでの現役最終打席は9回表2死無走者の場面で押本健彦から二飛を打った。また10月24日の東京ドームでのクライマックスシリーズ第4戦9回表、7番・藤井淳志の代打として出場が最終打席となり、マーク・クルーンに左飛に仕留められた。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た桑田泉

    KKコンビに触発されただけでなく、幼稚園からの幼馴染であった橋本清が先にPL進学を決めた事で一層想いを強くしたため、(中学時代の監督の伝で決まりかけていた大阪商業大学堺高等学校への進学を断って)PL学園へ入学。この時の同期には橋本以外に片岡篤史、野村弘樹(当時は野村弘)、桑田泉らがいる。2年先輩の桑田真澄と野球部合宿所「研志寮」(現在は廃止)で相部屋となる。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た松井秀喜

    6月11日の対巨人戦で松井秀喜の放った強烈な打球を弾いて失策を記録、無失策記録は712回で止まったが監督の高木守道及びコーチの徳武定祐が現役時代に記録した数字を上回るものだった(この記録は後に関本健太郎に破られる)。10.8決戦では8回裏先頭打者として桑田真澄から内野安打を打った際に一塁にヘッドスライディングし左肩を脱臼して負傷退場した。また、この脱臼の後遺症として左肩は痛いままだと本人は引退後に語っている。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た中村紀洋

    中村紀洋の加入もあり出場機会が減ったものの、代打としての年間最多出場記録樹立。日本シリーズ制覇やアジアシリーズ制覇に貢献。同年オフより打撃コーチを兼任。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た星野仙一

    1987年のドラフト会議で南海ホークスと中日ドラゴンズが1位で競合し、星野監督がくじを引き当てて中日に入団する。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た松坂大輔

    この年は5月と6月に月間MVPを獲得し、チームを5年ぶりのリーグ優勝に導き2度目のベストナインに選出される。この年は古田敦也とともに一時首位打者争いを繰り広げるが、夏場に成績が下降し、またもやタイトルを逃すこととなった。同年の日本シリーズ第2戦(ナゴヤドーム)7回裏、松坂大輔から同点弾となる3ラン本塁打を放ち勝利に貢献したが、同シリーズは3勝4敗で惜敗。プロ野球再編問題で球界一の実力者で巨人オーナー退任前後の渡辺恒雄の「たかが選手が・・・」の発言を選手会副会長として批判した。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た前田智徳

    前述のとおり日本プロ野球記録である二塁打の日本記録487を持ち、プロ初安打もプロ最終安打も二塁打であることから、「ミスター二塁打」の異名もある。立浪本人も「ツーベースに縁があった」と振り返っている。ただ名球会会員の中で、前田智徳や駒田徳広と同様、盗塁王と打撃タイトルを獲っておらず、年間最多二塁打もない。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

229件中 11 - 20件表示

「立浪和義」のニューストピックワード