229件中 21 - 30件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た三浦大輔三浦 大輔

    開幕戦は3番・三塁手で先発出場、0-0で迎えた9回裏先頭で横浜先発の三浦大輔から三塁打で出塁、アレックス・オチョアのサヨナラ満塁本塁打で生還。同年は打率こそ低迷したものの、5月19日に札幌ドームでの日本ハムとの交流戦で金村曉から450本目の二塁打を放ち、福本豊の持つ通算二塁打の最多記録を更新。更に6月4日、2275本目の安打を放ち、高木守道の持つ通算安打の球団記録を更新。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た清原和博

    7月5日の対巨人戦(東京ドーム)で、PL学園の先輩である清原和博の前で猛打賞を記録し2000本安打を達成。同試合後に日本プロ野球名球会入会記者会見。同年、三塁手としてゴールデングラブ賞を受賞した。通算では史上初の3つのポジション(遊撃手・二塁手・三塁手)で受賞の快挙となった。直後のオールスターゲームにも監督推薦で選出され、大阪ドームでの第1戦8回先頭打者で原辰徳に代打で起用され、斉藤和巳から二塁打を放った。オフには1999年から務めた球団選手会長を井端弘和に譲る。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た宮本慎也

    その後も10月4日の対阪神最終戦(甲子園)や、10月11日のヤクルトとのレギュラーシーズン最終戦(神宮)で代打出場して凡退した。4日は桧山進次郎から、11日は宮本慎也から、花束が贈呈された。レギュラーシーズンでの現役最終打席は9回表2死無走者の場面で押本健彦から二飛を打った。また10月24日の東京ドームでのクライマックスシリーズ第4戦9回表、7番・藤井淳志の代打として出場が最終打席となり、マーク・クルーンに左飛に仕留められた。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た炭谷銀仁朗

    開幕戦でも先発「2番・遊撃手」でフルイニング出場(高卒新人としては球団史上唯一)。開幕戦先発出場を果たしたセ・リーグ高卒新人は、並木輝男(阪神)・王貞治(巨人)以来29年ぶり3人目で、両リーグ合わせても近鉄の飯田幸夫以来22年ぶり10人目。横浜大洋の開幕投手・欠端光則から6回裏の第3打席に初安打となる二塁打を放ち(通算二塁打487本の1本目)、4番・落合博満の適時打で生還し、初得点も記録した(同試合におけるドラゴンズ唯一の得点で、エース・小松辰雄が2失点で敗戦投手)。当時の応援歌は光GENJIの「ガラスの十代」の替え歌。立浪以降の高卒新人開幕スタメンはセでは皆無、パでの炭谷銀仁朗(西武)・の駿太(オリックス)のみ。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た福本豊

    開幕戦は3番・三塁手で先発出場、0-0で迎えた9回裏先頭で横浜先発の三浦大輔から三塁打で出塁、アレックス・オチョアのサヨナラ満塁本塁打で生還。同年は打率こそ低迷したものの、5月19日に札幌ドームでの日本ハムとの交流戦で金村曉から450本目の二塁打を放ち、福本豊の持つ通算二塁打の最多記録を更新。更に6月4日、2275本目の安打を放ち、高木守道の持つ通算安打の球団記録を更新。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た渡辺久信

    同年のオールスターゲームには遊撃手部門でファン投票選出され、全セの指揮を執る王監督から3試合連続で出場機会を与えられた。西宮球場での第1戦では8回表代打で津野浩からオールスターゲーム初打席初安打、ナゴヤ球場での第2戦では2番・遊撃手で先発出場したが第1打席は先発阿波野秀幸に外野邪飛に仕留められ、第2・3打席も渡辺久信の前に凡退し3打数無安打に終わった。東京ドームでの第3戦3回表2死まで打者8人をパーフェクトに抑えていた先発西崎幸広に三振を喫した。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たタイロン・ウッズ

    かつて同僚だったタイロン・ウッズと生年月日が同じであり、共に誕生日を祝うことがあった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た吉川大幾

    ドラゴンズファンの間で「背番号3を永久欠番に」という運動が沸き起こり、署名活動も行われたが、2010年からは森野将彦が受け継ぐことが球団から一旦発表された。しかし、森野の要望により2010年は欠番扱いとなった。なお、この「背番号3」は2011年から高校の後輩である吉川大幾がつける。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た落合博満

    開幕戦でも先発「2番・遊撃手」でフルイニング出場(高卒新人としては球団史上唯一)。開幕戦先発出場を果たしたセ・リーグ高卒新人は、並木輝男(阪神)・王貞治(巨人)以来29年ぶり3人目で、両リーグ合わせても近鉄の飯田幸夫以来22年ぶり10人目。横浜大洋の開幕投手・欠端光則から6回裏の第3打席に初安打となる二塁打を放ち(通算二塁打487本の1本目)、4番・落合博満の適時打で生還し、初得点も記録した(同試合におけるドラゴンズ唯一の得点で、エース・小松辰雄が2失点で敗戦投手)。当時の応援歌は光GENJIの「ガラスの十代」の替え歌。立浪以降の高卒新人開幕スタメンはセでは皆無、パでの炭谷銀仁朗(西武)・の駿太(オリックス)のみ。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た上原浩治

    4月7日の対巨人戦で上原浩治からサヨナラ満塁本塁打を放つなど2年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、後半戦から森野将彦に正三塁手の座を奪われてからは先発出場から外れるようになった。優勝決定の翌々日10月12日の対阪神戦(阪神甲子園球場)で片岡篤史の引退試合では志願して先発出場を果たし、試合後に片岡の胴上げに参加した。同月16日の広島でのレギュラーシーズン最終戦では2006年の日本シリーズ備え4番右翼手で先発出場。この年、1998年に作られた専用応援歌の歌詞が変更された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

229件中 21 - 30件表示

「立浪和義」のニューストピックワード