267件中 31 - 40件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た金本知憲

    通算本塁打は171本であり、これは日本プロ野球界の通算安打数ベストテン(2014年シーズン終了時点で、張本勲、野村克也、王貞治、門田博光、衣笠祥雄、福本豊、金本知憲、立浪、長嶋茂雄、土井正博の10人。なお、メジャーリーグベースボールでプレーしたイチロー、松井秀喜、松井稼頭央の3名は含めないものとする)に入る選手の中では最少であると共に、その中で200本塁打に到達していないのは立浪のみである。また、シーズン20本塁打に到達したこともない(シーズン最多本塁打は1993年・2002年に記録した16本塁打)。このように決して長距離打者とは言えない(最後に本塁打を放った2009年4月24日の試合後にも、日刊スポーツのインタビューに対し「ボクはホームラン打者じゃない」と語っていた)が、プロ1年目から最終年まで本塁打のなかったシーズンは一度もない。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た清水隆行

    1月6日、ナゴヤドームで「立浪選手に感謝する会」が開催された。2月27日にロッテとのオープン戦で引退記念試合を行った。中日の選手でオープン戦で引退試合が行われるのは2002年の今中慎二以来であり、立浪の次は2014年の山崎武司であった(なお、この時点では後に山崎や山本昌の引退試合で行われたような「一日限定で支配下選手として登録(一日契約)」という手法は採用されなかった)。2010年1月26日、同じく前年限りで現役引退した赤星憲広・清水崇行と共に日本テレビ(日テレ)のプロ野球中継解説者となることが発表された(主に中日戦。ただし、中京テレビ(名古屋にある日テレ系局)はナゴヤドームの中日主催試合の放映権が無い。日テレ製作の巨人戦でも中日に絡まない数試合にも出演する)。ゲスト解説者としてCBCテレビ、CBCラジオ、フジテレビ、東海テレビ、テレビ愛知の中継にも不定期出演する。また、片岡篤史の後任として北海道文化放送の「スポーツワイド Fの炎」のレギュラー解説者にも起用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た渡邉恒雄

    開幕から3番・三塁手を務めた。この年は5月と6月に月間MVPを獲得し、チームを5年ぶりのリーグ優勝に導き2度目のベストナインに選出される。この年は古田敦也とともに一時首位打者争いを繰り広げるが、夏場に成績が下降した。結果的には打率3割を越えたもののリーグ7位の.308に終わり、またもやタイトルを逃すこととなった。同年の日本シリーズ第2戦(ナゴヤドーム)7回裏、松坂大輔から同点弾となる3ラン本塁打を放ち勝利に貢献したが、同シリーズは3勝4敗で惜敗。プロ野球再編問題で球界一の実力者で巨人オーナー退任直前の渡邉恒雄の「たかが選手が…」発言を選手会副会長として批判した。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た清原和博

    シーズン当初は3番打者を任されたが、この年も途中から4番打者を任される。7月5日の対巨人戦(東京ドーム)で、PL学園の先輩である清原和博の前で猛打賞を記録し、8回表に林昌範から右前安打を放ち日本プロ野球史上30人目となる通算2000本安打を達成、前日から始まっていた巨人戦の際に交わしていた約束通り清原から大きな花束を受け取った。なお、この試合の前、立浪は取材陣の質問に対して思わず「今日の試合で(2000本目を)打っちゃいますよ」と予告した(本来、めったにそんな大口は叩かない性格だという)。同試合後に日本プロ野球名球会入会記者会見。その後、オールスターゲームにも監督推薦で選出され、大阪ドームでの第1戦8回先頭打者で原辰徳に代打で起用され、斉藤和巳から二塁打を放った。同年、三塁手としてゴールデングラブ賞を受賞、通算では日本プロ野球史上初の3つのポジション(遊撃手・二塁手・三塁手)で受賞となった。オフには1999年から務めた球団選手会長を井端弘和に譲る。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た山崎武司

    1月6日、ナゴヤドームで「立浪選手に感謝する会」が開催された。2月27日にロッテとのオープン戦で引退記念試合を行った。中日の選手でオープン戦で引退試合が行われるのは2002年の今中慎二以来であり、立浪の次は2014年の山崎武司であった(なお、この時点では後に山崎や山本昌の引退試合で行われたような「一日限定で支配下選手として登録(一日契約)」という手法は採用されなかった)。2010年1月26日、同じく前年限りで現役引退した赤星憲広・清水崇行と共に日本テレビ(日テレ)のプロ野球中継解説者となることが発表された(主に中日戦。ただし、中京テレビ(名古屋にある日テレ系局)はナゴヤドームの中日主催試合の放映権が無い。日テレ製作の巨人戦でも中日に絡まない数試合にも出演する)。ゲスト解説者としてCBCテレビ、CBCラジオ、フジテレビ、東海テレビ、テレビ愛知の中継にも不定期出演する。また、片岡篤史の後任として北海道文化放送の「スポーツワイド Fの炎」のレギュラー解説者にも起用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た炭谷銀仁朗

    開幕戦でも先発「2番・遊撃手」でフルイニング出場(高卒新人としては球団史上唯一)。開幕戦先発出場を果たしたセ・リーグ高卒新人は、並木輝男(阪神)・王貞治(巨人)以来29年ぶり3人目で、両リーグ合わせても飯田幸夫(近鉄)以来22年ぶり10人目。横浜大洋の開幕投手・欠端光則から6回裏の第3打席に初安打となる二塁打を放ち、高卒新人野手の開幕戦安打は1960年の矢ノ浦国満(近鉄)以来28年ぶり、史上3人目の快挙であった。その後、4番・落合博満の適時打で生還して初得点も記録した(同試合におけるドラゴンズ唯一の得点で、エース・小松辰雄が2失点で敗戦投手)。当時の応援歌は光GENJIの「ガラスの十代」の替え歌。立浪以降の高卒新人開幕スタメンはセでは皆無、パでの炭谷銀仁朗(西武)・の駿太(オリックス)・の大谷翔平(日本ハム)の3名。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た福本豊

    通算本塁打は171本であり、これは日本プロ野球界の通算安打数ベストテン(2014年シーズン終了時点で、張本勲、野村克也、王貞治、門田博光、衣笠祥雄、福本豊、金本知憲、立浪、長嶋茂雄、土井正博の10人。なお、メジャーリーグベースボールでプレーしたイチロー、松井秀喜、松井稼頭央の3名は含めないものとする)に入る選手の中では最少であると共に、その中で200本塁打に到達していないのは立浪のみである。また、シーズン20本塁打に到達したこともない(シーズン最多本塁打は1993年・2002年に記録した16本塁打)。このように決して長距離打者とは言えない(最後に本塁打を放った2009年4月24日の試合後にも、日刊スポーツのインタビューに対し「ボクはホームラン打者じゃない」と語っていた)が、プロ1年目から最終年まで本塁打のなかったシーズンは一度もない。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た渡辺久信

    同年のオールスターゲームには遊撃手部門でファン投票選出され、全セの指揮を執る王監督から3試合連続で出場機会を与えられた。西宮球場での第1戦では8回表代打で津野浩からオールスターゲーム初打席初安打、ナゴヤ球場での第2戦では2番・遊撃手で先発出場したが第1打席は先発阿波野秀幸に外野邪飛に仕留められ、第2・3打席も渡辺久信の前に凡退し3打数無安打に終わった。東京ドームでの第3戦3回表2死まで打者8人をパーフェクトに抑えていた先発西崎幸広に三振を喫した。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たタイロン・ウッズ

    「自分が選手会長の時(1999年 - 2003年)に派閥はなくした」と、自由な空気の中でドラゴンズ全体の底上げを図った立役者でもある。元チームメイトの山本昌は、立浪について「野球の知識、統率力には感服する」「ソツがない」と評した。かつて同僚だったタイロン・ウッズと生年月日が同じであり、共に誕生日を祝うことがあった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た吉川大幾

    ドラゴンズファンの間で「背番号3を永久欠番に」という運動が沸き起こり、署名活動も行われたが、2010年からは森野将彦が受け継ぐことが球団から一旦発表されたが、森野本人の要望により取り消され、2010年は欠番扱いとなった。背番号3は2011年から高校の後輩である吉川大幾が、2015年からは高橋周平が着用している。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

267件中 31 - 40件表示

「立浪和義」のニューストピックワード