229件中 51 - 60件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た原辰徳

    7月5日の対巨人戦(東京ドーム)で、PL学園の先輩である清原和博の前で猛打賞を記録し2000本安打を達成。同試合後に日本プロ野球名球会入会記者会見。同年、三塁手としてゴールデングラブ賞を受賞した。通算では史上初の3つのポジション(遊撃手・二塁手・三塁手)で受賞の快挙となった。直後のオールスターゲームにも監督推薦で選出され、大阪ドームでの第1戦8回先頭打者で原辰徳に代打で起用され、斉藤和巳から二塁打を放った。オフには1999年から務めた球団選手会長を井端弘和に譲る。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た中日ドラゴンズ

    現役時代は高卒ルーキーとして入団した年から引退まで中日ドラゴンズの中心として活躍し続けた。3代目「ミスタードラゴンズ」。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た日本テレビ

    2010年1月6日、ナゴヤドームで「立浪選手に感謝する会」が開催された。2月27日にロッテとのオープン戦で引退記念試合を行った。2010年1月26日、同じく前年限りで現役引退した赤星憲広・清水崇行と共に日本テレビのプロ野球中継解説者となることが発表された(主に中日戦。ただし、中京テレビ(名古屋にある日テレ系局)はナゴヤドームの中日主催試合の放映権が無い。日テレ製作の巨人戦でも中日に絡まない数試合にも出演する)。ゲスト解説者としてCBCのテレビ・ラジオ、フジテレビ、東海テレビ、テレビ愛知の中継にも不定期出演する。また、片岡篤史の後任として北海道文化放送の「スポーツワイド Fの炎」のレギュラー解説者にも起用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たフジテレビ

    2010年1月6日、ナゴヤドームで「立浪選手に感謝する会」が開催された。2月27日にロッテとのオープン戦で引退記念試合を行った。2010年1月26日、同じく前年限りで現役引退した赤星憲広・清水崇行と共に日本テレビのプロ野球中継解説者となることが発表された(主に中日戦。ただし、中京テレビ(名古屋にある日テレ系局)はナゴヤドームの中日主催試合の放映権が無い。日テレ製作の巨人戦でも中日に絡まない数試合にも出演する)。ゲスト解説者としてCBCのテレビ・ラジオ、フジテレビ、東海テレビ、テレビ愛知の中継にも不定期出演する。また、片岡篤史の後任として北海道文化放送の「スポーツワイド Fの炎」のレギュラー解説者にも起用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た中日新聞社

    『立浪和義公式写真集』(中日新聞社出版部(著)、2009/11、ISBN 978-4806206002)立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た日本コロムビア

    『立浪和義 引退記念DVD ミスタードラゴンズ 22年間の軌跡』(コロムビアミュージックエンタテインメント、2009/12)立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た日本赤十字社

    レギュラーシーズン110試合出場し打率.223(6月には2割9分あったが、夏バテによって大幅に落ち込んだという)ながら、22盗塁、21犠打を記録し、中日のリーグ優勝に貢献、同年の日本シリーズには全試合先発出場した。守備・走塁技術を高く評価されて新人王を受賞。また、高卒新人としては初のゴールデングラブ賞を受賞した。日本赤十字社のイメージキャラクターに就任。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たぴあ

    『PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?』(橋本清(著)、ぴあ、2009/3、橋本清が第3章で立浪を取材、ISBN 978-4835617282)立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た野村弘樹

    KKコンビに触発されただけでなく、幼稚園からの幼馴染であった橋本清が先にPL進学を決めた事で一層想いを強くしたため、(中学時代の監督の伝で決まりかけていた大阪商業大学堺高等学校への進学を断って)PL学園へ入学。この時の同期には橋本以外に片岡篤史、野村弘樹(当時は野村弘)、桑田泉らがいる。2年先輩の桑田真澄と野球部合宿所「研志寮」(現在は廃止)で相部屋となる。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た欠端光則

    開幕戦でも先発「2番・遊撃手」でフルイニング出場(高卒新人としては球団史上唯一)。開幕戦先発出場を果たしたセ・リーグ高卒新人は、並木輝男(阪神)・王貞治(巨人)以来29年ぶり3人目で、両リーグ合わせても近鉄の飯田幸夫以来22年ぶり10人目。横浜大洋の開幕投手・欠端光則から6回裏の第3打席に初安打となる二塁打を放ち(通算二塁打487本の1本目)、4番・落合博満の適時打で生還し、初得点も記録した(同試合におけるドラゴンズ唯一の得点で、エース・小松辰雄が2失点で敗戦投手)。当時の応援歌は光GENJIの「ガラスの十代」の替え歌。立浪以降の高卒新人開幕スタメンはセでは皆無、パでの炭谷銀仁朗(西武)・の駿太(オリックス)のみ。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

229件中 51 - 60件表示

「立浪和義」のニューストピックワード