267件中 71 - 80件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た光GENJI

    開幕戦でも先発「2番・遊撃手」でフルイニング出場(高卒新人としては球団史上唯一)。開幕戦先発出場を果たしたセ・リーグ高卒新人は、並木輝男(阪神)・王貞治(巨人)以来29年ぶり3人目で、両リーグ合わせても飯田幸夫(近鉄)以来22年ぶり10人目。横浜大洋の開幕投手・欠端光則から6回裏の第3打席に初安打となる二塁打を放ち、高卒新人野手の開幕戦安打は1960年の矢ノ浦国満(近鉄)以来28年ぶり、史上3人目の快挙であった。その後、4番・落合博満の適時打で生還して初得点も記録した(同試合におけるドラゴンズ唯一の得点で、エース・小松辰雄が2失点で敗戦投手)。当時の応援歌は光GENJIの「ガラスの十代」の替え歌。立浪以降の高卒新人開幕スタメンはセでは皆無、パでの炭谷銀仁朗(西武)・の駿太(オリックス)・の大谷翔平(日本ハム)の3名。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た集英社

    『立浪&野村が教える! 野球少年が親子でうまくなるプロ思考』(野村弘樹共著、集英社、2012年9月、ISBN 978-4087806595)立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たテレビ東京

    「居酒屋ふじ」第8話(2017年8月27日、テレビ東京)- 本人 役立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た中日新聞社

    『立浪和義公式写真集:History 1988-2009 road to Mr.Dragons』(中日新聞社出版部編、2009年11月、ISBN 978-4806206002)立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た日本赤十字社

    レギュラーシーズンは110試合に出場し、打率.223(6月には2割9分あったが、夏バテによって大幅に落ち込んだという)ながら22盗塁・21犠打を記録し中日のリーグ優勝に貢献、同年の日本シリーズには全試合先発出場した。守備・走塁技術を高く評価されて新人王を受賞。また、高卒新人としては初のゴールデングラブ賞を受賞した。しかしその一方、日本シリーズ終了時には前述の右肩痛が悪化、まともにボールが投げられないほどの痛みになっていたという。日本赤十字社のイメージキャラクターに就任。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見たぴあ

    『PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?』(橋本清著、ぴあ、2009年3月、橋本清が第3章で立浪を取材、ISBN 978-4835617282)立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た欠端光則

    開幕戦でも先発「2番・遊撃手」でフルイニング出場(高卒新人としては球団史上唯一)。開幕戦先発出場を果たしたセ・リーグ高卒新人は、並木輝男(阪神)・王貞治(巨人)以来29年ぶり3人目で、両リーグ合わせても飯田幸夫(近鉄)以来22年ぶり10人目。横浜大洋の開幕投手・欠端光則から6回裏の第3打席に初安打となる二塁打を放ち、高卒新人野手の開幕戦安打は1960年の矢ノ浦国満(近鉄)以来28年ぶり、史上3人目の快挙であった。その後、4番・落合博満の適時打で生還して初得点も記録した(同試合におけるドラゴンズ唯一の得点で、エース・小松辰雄が2失点で敗戦投手)。当時の応援歌は光GENJIの「ガラスの十代」の替え歌。立浪以降の高卒新人開幕スタメンはセでは皆無、パでの炭谷銀仁朗(西武)・の駿太(オリックス)・の大谷翔平(日本ハム)の3名。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た林昌範

    シーズン当初は3番打者を任されたが、この年も途中から4番打者を任される。7月5日の対巨人戦(東京ドーム)で、PL学園の先輩である清原和博の前で猛打賞を記録し、8回表に林昌範から右前安打を放ち日本プロ野球史上30人目となる通算2000本安打を達成、前日から始まっていた巨人戦の際に交わしていた約束通り清原から大きな花束を受け取った。なお、この試合の前、立浪は取材陣の質問に対して思わず「今日の試合で(2000本目を)打っちゃいますよ」と予告した(本来、めったにそんな大口は叩かない性格だという)。同試合後に日本プロ野球名球会入会記者会見。その後、オールスターゲームにも監督推薦で選出され、大阪ドームでの第1戦8回先頭打者で原辰徳に代打で起用され、斉藤和巳から二塁打を放った。同年、三塁手としてゴールデングラブ賞を受賞、通算では日本プロ野球史上初の3つのポジション(遊撃手・二塁手・三塁手)で受賞となった。オフには1999年から務めた球団選手会長を井端弘和に譲る。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た中日ドラゴンズ

    現役時代は中日ドラゴンズに所属し、入団初年度から現役引退まで、中心選手として活躍し続けたことから、初代・西沢道夫、2代目・高木守道とともに、3代目「ミスタードラゴンズ」と呼ばれる。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た吹田市

    立浪 和義(たつなみ かずよし、1969年8月19日 - )は、大阪府吹田市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投左打)・コーチ。愛称は「タツ」。現在は日本テレビ所属の野球解説者、および中日スポーツ・東京中日スポーツの野球評論家。通算二塁打数のNPB記録保持者。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

267件中 71 - 80件表示

「立浪和義」のニューストピックワード