229件中 71 - 80件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た光GENJI

    開幕戦でも先発「2番・遊撃手」でフルイニング出場(高卒新人としては球団史上唯一)。開幕戦先発出場を果たしたセ・リーグ高卒新人は、並木輝男(阪神)・王貞治(巨人)以来29年ぶり3人目で、両リーグ合わせても近鉄の飯田幸夫以来22年ぶり10人目。横浜大洋の開幕投手・欠端光則から6回裏の第3打席に初安打となる二塁打を放ち(通算二塁打487本の1本目)、4番・落合博満の適時打で生還し、初得点も記録した(同試合におけるドラゴンズ唯一の得点で、エース・小松辰雄が2失点で敗戦投手)。当時の応援歌は光GENJIの「ガラスの十代」の替え歌。立浪以降の高卒新人開幕スタメンはセでは皆無、パでの炭谷銀仁朗(西武)・の駿太(オリックス)のみ。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た東海テレビ

    2010年1月6日、ナゴヤドームで「立浪選手に感謝する会」が開催された。2月27日にロッテとのオープン戦で引退記念試合を行った。2010年1月26日、同じく前年限りで現役引退した赤星憲広・清水崇行と共に日本テレビのプロ野球中継解説者となることが発表された(主に中日戦。ただし、中京テレビ(名古屋にある日テレ系局)はナゴヤドームの中日主催試合の放映権が無い。日テレ製作の巨人戦でも中日に絡まない数試合にも出演する)。ゲスト解説者としてCBCのテレビ・ラジオ、フジテレビ、東海テレビ、テレビ愛知の中継にも不定期出演する。また、片岡篤史の後任として北海道文化放送の「スポーツワイド Fの炎」のレギュラー解説者にも起用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た東海テレビ放送

    BASEBALL SPECIAL〜野球道〜(フジテレビ、東海テレビ=ゲスト解説)立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た河原隆一

    300二塁打:2000年4月7日、対横浜ベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、7回表に河原隆一から左中間へ二塁打 ※史上36人目立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た宇野勝

    ヘッドコーチの島野育夫と総合コーチの木俣達彦からも素質を見抜かれ、2番・遊撃手に抜擢される。前年のベストナイン遊撃手の宇野勝を二塁手にコンバートさせてまでの抜擢であった。ただし、春季キャンプが行われたベロビーチのグラウンドにて右肩を痛めてしまい、シーズン終盤から翌年にかけて後遺症を残した。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た押本健彦

    その後も10月4日の対阪神最終戦(甲子園)や、10月11日のヤクルトとのレギュラーシーズン最終戦(神宮)で代打出場して凡退した。4日は桧山進次郎から、11日は宮本慎也から、花束が贈呈された。レギュラーシーズンでの現役最終打席は9回表2死無走者の場面で押本健彦から二飛を打った。また10月24日の東京ドームでのクライマックスシリーズ第4戦9回表、7番・藤井淳志の代打として出場が最終打席となり、マーク・クルーンに左飛に仕留められた。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た川尻哲郎

    久慈照嘉と李鍾範(リー・ジョンボム)の加入で左翼手に転向され、外野守備コーチに就任間もない二宮至の特訓を受ける。広島市民球場での開幕戦(相手の先発は42歳大野豊)に3番・左翼手で出場し4打数無安打。星野監督の故郷倉敷マスカットスタジアムでの阪神戦で川尻哲郎・(前年までの同僚)矢野輝弘のバッテリーにノーヒットノーランを喫した際もフルイニング出場。しかし、同年6月13日の横浜戦では戸叶尚からナゴヤドーム初の満塁本塁打を放った。また、ナゴヤドームで第1戦開催の同年のオールスターゲームに松井、新人の高橋由伸と共に外野手部門でファン投票選出された。外野手部門での選出であったが、ナゴヤドームで開催の第1戦は全セの指揮官のヤクルト監督野村克也に9番・二塁手で先発起用された。結果として、この年は李鍾範の故障があり左翼手だけでなく二塁手を務めることも多かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た種田仁

    自らこの年就任した高木守道監督に懇願し、遊撃手を種田仁らに譲り、二塁に転向される。この年のキャンプで右の前腕を痛め、そのまま開幕戦に出場。この日は第1打席で二塁打を打ち、7回裏にはレフト席にホームランを放った。しかし試合後、右腕をアイシングしたところ必要以上に腕を氷水に漬けてしまい、結果人差し指が凍傷となってしまった。故障で序盤は欠場したが、2年ぶりの打率3割を記録。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た平沼定晴

    平沼定晴(立浪が最高に信頼していた打撃投手)立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た大野豊 (野球)

    久慈照嘉と李鍾範(リー・ジョンボム)の加入で左翼手に転向され、外野守備コーチに就任間もない二宮至の特訓を受ける。広島市民球場での開幕戦(相手の先発は42歳大野豊)に3番・左翼手で出場し4打数無安打。星野監督の故郷倉敷マスカットスタジアムでの阪神戦で川尻哲郎・(前年までの同僚)矢野輝弘のバッテリーにノーヒットノーランを喫した際もフルイニング出場。しかし、同年6月13日の横浜戦では戸叶尚からナゴヤドーム初の満塁本塁打を放った。また、ナゴヤドームで第1戦開催の同年のオールスターゲームに松井、新人の高橋由伸と共に外野手部門でファン投票選出された。外野手部門での選出であったが、ナゴヤドームで開催の第1戦は全セの指揮官のヤクルト監督野村克也に9番・二塁手で先発起用された。結果として、この年は李鍾範の故障があり左翼手だけでなく二塁手を務めることも多かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

229件中 71 - 80件表示

「立浪和義」のニューストピックワード