前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
123件中 1 - 10件表示
  • 池江璃花子

    池江璃花子から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2014年4月、第90回日本選手権の50m、100m自由形、50mバタフライに出場。全ての種目で中学生としてただ一人決勝に進んだ(他の決勝進出者は全員大学生以上)。特に50m自由形では4位に入り、6月のジャパンオープンの同種目においても4位となった。池江璃花子 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井聖人

    坂井聖人から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    日本選手権2012 男子200mバタフライ 準決勝11位 01:59.11坂井聖人 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀淳也

    古賀淳也から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2006年4月21日 日本選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ2位古賀淳也 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤優

    近藤優から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    全国中学や全国高校総体などで入賞するも、それほど目立った選手ではなかった。しかし、大学進学を機に、ソウルオリンピック100m背泳ぎで金メダリストを輩出した水泳の名門・セントラルスポーツの門をたたく。筋力トレーニングや高地トレーニングなど様々なトレーニングをおこない、メキメキと頭角をあらわした。結果、2002年の日本選手権水泳競技大会200mバタフライで3位に入り、横浜で行われたパンパシフィック水泳選手権の日本代表選手となった。身長は162cmと小柄だが、身長のハンデを物ともせず、世界で戦った男子競泳選手である。近藤優 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    日本選手権水泳競技大会シンクロナイズドスイミング競技(東京辰巳国際水泳場、5月2日?5日)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

    古橋廣之進記念浜松市総合水泳場から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    オープンした2009年には第85回日本選手権大会、第54回日本泳法大会、第26回日本身体障害者水泳選手権大会が行われ、2010年には第1回全日本学生ライフセービングプール競技選手権大会が行われた。古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 フレッシュアイペディアより)

  • 古橋廣之進

    古橋廣之進から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    1947年の日本選手権では400m自由形を4分38秒4で優勝し、公式記録にはならなかったものの当時の世界記録を上回るタイムを出した。古橋廣之進 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    4月15日〜20日 - 東京辰巳国際水泳場に於いて、日本選手権水泳競技大会競泳競技兼五輪代表選考会が施行され、北島康介(日本コカ・コーラ)、中村礼子(東京スイミングセンター)、柴田亜衣(チーム・アリーナ)といった前回アテネ五輪出場組が連続出場を決めると共に、伊藤華英(セントラルスポーツ)、入江陵介(近畿大学)、種田恵(神奈川大学/JSS長岡)などが初出場を決め、競泳日本代表チームが決定した。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    8月5日 - 日本選手権水泳競技大会飛込競技女子高飛び込みで14歳の浅田梨紗(JSS宝塚)が優勝、26年ぶりの中学生女王誕生。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 山野井智広

    山野井智広から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    競泳選手として活躍。2004年の日本選手権後、主な大会には出場していない。スタイルは自由形。競泳50m自由形元日本記録保持者。日本の自由形を代表するスプリンター。山野井智広 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
123件中 1 - 10件表示

「競泳日本選手権」のニューストピックワード