123件中 11 - 20件表示
  • 渡部香生子

    渡部香生子から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2012年2月、短水路で200m平泳ぎと100m個人メドレーの日本中学記録を更新した。100m個人メドレーでは当時の日本記録に肉薄する記録であり、200m平泳ぎにおいては当時の女子平泳ぎの有力選手であった鈴木聡美らを破っての優勝であった。。4月に武蔵野高校入学。高校生となり、ロンドンオリンピック出場権を賭けた第88回日本水泳選手権に出場。女子200m平泳ぎ決勝で自己ベストタイムをマークして2位となりオリンピック代表入りを果たした。五輪では準決勝まで勝ち進んだ。12月に行われた世界短水路選手権の代表にも選ばれ、200m平泳ぎで銅メダルを獲得する力泳を見せた。渡部香生子 フレッシュアイペディアより)

  • 星奈津美

    星奈津美から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    鷺後小学校、栄進中学校を経て、春日部共栄高校に進学すると、1,2年の時にはインターハイの200mバタフライで2連覇を達成した。3年の時には日本選手権200mバタフライ決勝で高校新記録の2分07秒38を出して2位となり、北京オリンピック代表に選ばれた。北京オリンピックでは準決勝まで進んだものの10位に終わった。星奈津美 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚美優

    大塚美優から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    武南高校に進むと、2010年の日本選手権では400m個人メドレーで3位となった。2011年の競泳国際大会代表選手選考会400m個人メドレーでは、シドニーオリンピック銀メダリストである田島寧子の持つ高校記録を13年ぶりに更新する4分39秒35を出して優勝を果たした。さらに、世界ジュニアの400m個人メドレーでは4分40秒98の大会新記録で優勝した。また、200m背泳ぎで2位、200mバタフライでも3位となった。大塚美優 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤和

    加藤和から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    福島県福島市出身。桜の聖母学院高校3年の時に短水路選手権400m個人メドレーで短水路高校新記録を樹立した。その後、桜の聖母短期大学から山梨学院大学に編入学すると、2010年の日本選手権では200m及び400m個人メドレーの両種目で優勝を果たした。アジア大会では200m個人メドレーで4位、400m個人メドレーで5位となった。2011年にはユニバーシアード200m個人メドレーで優勝を成し遂げた。2012年の日本選手権では、200m個人メドレーで2分11秒79の自己ベストで優勝して、ロンドンオリンピック代表に選ばれた。5月のジャパンオープン200mメドレーリレーでは2分12秒57で優勝を飾った。加藤和 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋美帆 (競泳選手)

    高橋美帆 (競泳選手)から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    大学ではシドニーオリンピック銀メダリスト田島寧子(日体大の先輩)を育てたコーチの藤森善弘に師事することで力を付けた。2010年のパンパシフィック水泳選手権で初めて日本代表に選ばれる。2012年の日本選手権では400m個人メドレーで自己記録を更新する4分37秒71で2位となり、ロンドンオリンピック代表に選ばれた。高橋美帆 (競泳選手) フレッシュアイペディアより)

  • 塩浦慎理

    塩浦慎理から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    こうした活躍もあり、ロンドンオリンピック出場への期待が膨らんだ矢先の2012年3月に左人差し指を骨折するアクシデントに見舞われ、左手の握力が大幅に落ちるという状況になった。そして迎えた第88回日本選手権水泳競技大会(ロンドンオリンピック代表選考会)では、骨折の影響から本来のスピードに乗れず50m、100m共に3位となりオリンピック代表を逸した。塩浦はその後、水泳から離れた時期があったが周囲の期待を受けていることを身にしみて再起を決めた。塩浦慎理 フレッシュアイペディアより)

  • 竹村幸

    竹村幸から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    水泳は幼少の頃に始めた。ロンドンオリンピック100m背泳ぎ銅メダリストの寺川綾と同じイトマンスイミングスクール所属で、近大付高から近畿大学に進学した。2010年の日本選手権50mと100mの背泳ぎでは2位となった。ワールドカップリオデジャネイロ大会では50m、100m、200mで優勝を果たした。世界短水路選手権の50mでは4位だった。2011年の競泳国際大会代表選手選考会100mでは3位となった。ワールドカップドバイ大会では50mで優勝、100mで2位だった。2014年の日本選手権では50mと100mを制して2冠を達成した。「小学生のころからあこがれの先輩」であり、昨年まで今大会の100mで5連覇を達成しながら引退した寺川の後を継ぐことになった。優勝タイムはアジア大会派遣標準記録には及ばなかったものの、メドレーリレー代表に選ばれた。竹村幸 フレッシュアイペディアより)

  • 中村克

    中村克から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    競泳は調布に住んでいた中学1年の時に始めた。中学2年の時に足立第十四中学へ転校すると、東京マリン舎人の所属となった。3年の時には全国中学校水泳競技大会の400mリレーで2位となった。武蔵野高校2年の時にはインターハイの50m自由形で優勝した。3年の時には2連覇を達成すると、100m自由形でも2位になった。2012年には早稲田大学スポーツ科学部へ進学した(2016年卒業)。3年の時には日本選手権の50mと100m自由形で3位に入った。パンパシフィック選手権の100m自由形では6位だったものの、初の48秒台となる48秒96を記録した。また、400mメドレーリレーではチームの2位に貢献した。学生選手権では50mと100m自由形で2冠を達成した。アジア大会の400mフリーリレーでは2位だった。4年の時には日本選手権の50m自由形で2位だったが、100mは48秒78で初優勝を飾った。世界選手権の派遣標準記録に達していなかったので個人戦の代表にはなれなかったが、リレーの代表メンバーに選ばれた。ジャパンオープンの100m自由形では、2009年の高速水着時代に藤井拓郎が記録した48秒49を0秒08上回る48秒41の日本新記録を樹立して優勝を成し遂げた。2016年の日本選手権では100m自由形で個人の派遣標準記録は切れなかったものの、自身の日本記録を更新する48秒25で優勝して、400メートルリレーのリオデジャネイロオリンピック代表に選出された。同オリンピック同リレー予選レースにおいて、第一泳者として47秒99の日本記録を樹立。日本人として初めて47秒台を記録した。2018年2月のきららカップ2018の50メートル自由形で21秒87の日本記録を樹立した。さらに、コナミオープンでは100m自由形で自身の日本記録を0秒12更新する47秒87で優勝した。中村克 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井夏海

    酒井夏海から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    水泳は幼稚園の時に兄の影響で始めた。当時から潜水が大好きだったという。小学校6年の時にジュニアオリンピック夏季大会の100m背泳ぎで2位となった。中学入学直前のジュニアオリンピック春季大会の100m背泳ぎでは優勝した。埼玉土合中学1年の時には全国中学校水泳競技大会の100背泳ぎで優勝した。ジュニアオリンピック春季大会の200m背泳ぎでも優勝した。2年の時には日本選手権に出場すると、50m背泳ぎ28秒55の中学新記録で3位になった。200m背泳ぎでも3位に入った。ジャパンオープンでは200m背泳ぎで優勝を飾った。全国中学校水泳競技大会では100m及び200m背泳ぎで2冠を達成した。酒井夏海 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐千尋

    五十嵐千尋から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    日大藤沢高校に進学すると、1年の時にはインターハイの400m個人メドレーで優勝すると、アジアエージグループ選手権では100m自由形で優勝した。2年の時には日本選手権の200m自由形で5位にとどまり、0秒27差でロンドンオリンピックのリレーメンバーから外れた。インターハイでは200m自由形で優勝した。アジア選手権の200m個人メドレーでは3位となった。日本短水路選手権では400m自由形を高校新記録で優勝した。3年の時には日本選手権の200m及び400m自由形で2冠を達成して世界選手権代表に選出された。続くジャパンオープンでも200m及び400m自由形で2冠を成し遂げた。しかし、世界選手権では200m自由形で1分59秒00の17位で予選落ちした。800mフリーリレーでは1泳で1分58秒41の高校新記録を更新するなどして8位となった。インターハイでは200m自由形で連覇すると、400m自由形でも優勝した。日本短水路選手権では200m自由形を高校新記録で制すると、400m自由形では日本新記録で優勝した。五十嵐千尋 フレッシュアイペディアより)

123件中 11 - 20件表示

「競泳日本選手権」のニューストピックワード