123件中 21 - 30件表示
  • 大橋悠依

    大橋悠依から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2016年4月の第92回日本選手権水泳競技大会兼リオデジャネイロオリンピック代表選考会400m個人メドレーに出場した大橋は、高橋美帆、清水咲子に敗れ3位となりオリンピック出場を逸した。大橋悠依 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川涼香

    長谷川涼香から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    淑徳巣鴨高校に入学すると、1年の時にはインターハイの100mバタフライで優勝、200mバタフライでは2位だった。国体では2連覇を果たした。なお、長谷川の高校の1年後輩となる池江璃花子とは各種大会でこれまで競い合ってきた。高校2年の時には日本選手権の100mバタフライでは3位にとどまったものの、200mバタフライでは派遣標準記録を突破する2分06秒92で世界チャンピオンの星奈津美に続く2位となり、リオデジャネイロオリンピック代表に選出された。長谷川はこの際に「やっと緊張感から解放されて、楽になりました」「1年後輩の璃花子が先に五輪を決めたのを見ていたので、自分も行けるのはすごくうれしいですし、五輪では星さんにしっかりついていきたいです」と語った。7月には国体の東京都代表選考会に出場すると、今季世界3位となる2分6秒00の好記録で優勝を飾り、オリンピックのメダル候補に躍り出た。しかし、8月のリオデジャネイロオリンピックでは決勝に進めず9位に終わった。オリンピック直後に出場したインターハイでは100mと200mバタフライで2冠を達成した。長谷川涼香 フレッシュアイペディアより)

  • 持田早智

    持田早智から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    千葉商科大学付属高へ進学すると、1年の時には日本選手権の200m自由形で2位となり、世界選手権代表に選ばれた。世界選手権では200m自由形で1分59秒35の20位で予選落ちしたものの、池江らとともに出場した800メートルフリーリレーでは7位となり、リオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得した。インターハイでは100mと200m自由形で2冠を達成した。2年の時には日本選手権の200m自由形で3位に入り、この種目で優勝した淑徳巣鴨高校1年の池江らとともに800メートルフリーリレーのリオデジャネイロオリンピック代表に選出された。持田はこの際に、「(池江と)2人で五輪に出ることが夢だったので、うれしいです」と語った。8月のリオデジャネイロオリンピックでは800mリレーで8位となった。その直後に出場したインターハイでは200m自由形で2連覇を果たした。持田早智 フレッシュアイペディアより)

  • 山本貴司

    山本貴司から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2008年、北京オリンピック出場を賭けて臨んだ日本選手権水泳競技大会では100m4位、200m3位と敗れ、4大会連続オリンピック出場はならなかった。これを受け、大会終了後のプレスインタビューでは『やりつくした思いでいっぱい』と、笑顔を浮かべながら現役引退を明らかにした。後日、正式な引退記者会見を行った。山本貴司 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田亜衣

    柴田亜衣から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2004年、日本水泳選手権で選考基準を満たし、アテネオリンピックの競泳女子400m、800m自由形の代表に選出される。8月16日の400m自由形では、当時の自己ベストをマークし5位入賞。柴田亜衣 フレッシュアイペディアより)

  • 金藤理絵

    金藤理絵から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2008年4月20日、日本選手権水泳競技大会競泳女子200m平泳ぎで、大学の先輩である田村菜々香を抑えて2位に食い込み、派遣標準タイムを突破して北京五輪代表選手に選出された。金藤理絵 フレッシュアイペディアより)

  • 上田春佳

    上田春佳から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    中学時代から徐々に頭角を現し始めるも、世界の舞台に躍り出たのは高校2年になった2005年である。この年の日本選手権で好成績を収め、7月にモントリオールで開催された世界水泳で代表デビュー、200m自由形、自由形リレーに出場した。帰国後休養する間もなくインターハイに母校の代表として出場、200m、400m自由形で2冠を達成し千葉すずが保持していた高校日本記録を更新するなど、大型新人として注目を受けた。上田春佳 フレッシュアイペディアより)

  • 立石諒

    立石諒から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2010年の競泳の日本選手権で、50m平泳ぎ・100m平泳ぎ・200m平泳ぎで3冠達成し、ポスト北島康介として注目を集めた。2011年の国際大会選考会で、50m平泳ぎ・100m平泳ぎでは2位で、200m平泳ぎでは4位というまさかの結果になった。立石諒 フレッシュアイペディアより)

  • 種田恵

    種田恵から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    入学直後の日本選手権200m平泳ぎで優勝し、その年のモントリオール世界選手権で日本代表に選ばれる。しかし、担当コーチが突然失踪し、指導者不在になった。そこで背泳ぎの中村真衣が中央大学進学後も籍を置いていた、新潟県長岡市にあるJSS長岡の竹村吉昭コーチに救いを求め、2007年10月、長岡に転居した。種田恵 フレッシュアイペディアより)

  • 青木智美

    青木智美から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    3歳の時に兄の影響でアリーナつきみ野スポーツクラブにおいて水泳を始めた。南林間中学から神奈川総合高校へ進むと、3年の時にインターハイの100m自由形で6位、200m自由形で7位となった。法政大学社会学部へ進むと、2年の時にはジャパンオープンの200m自由形で3位になった。インカレでは100m自由形で2位、200m自由形で3位だった。世界短水路選手権に出場すると、400m及び800mフリーリレーでそれぞれ6位になった。3年の時には日本選手権の200m自由形で4位になって世界選手権のリレーメンバーに選ばれた。世界選手権では800メートルフリーリレーで7位となり、リオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得した。インカレでは200m自由形で2位となった。4年の時には日本選手権の200m自由形で4位となって、800メートルフリーリレーのオリンピック代表に選出された。この際に、「去年できなかった日本新をリオで出したい」と語った。8月のリオデジャネイロオリンピックでは800mリレーで8位となった。2017年の日本選手権では100m自由形で2位、200m自由形では3位だった。世界選手権の800mフリーリレーでは7分50秒43の日本記録で5位に入った。青木智美 フレッシュアイペディアより)

123件中 21 - 30件表示

「競泳日本選手権」のニューストピックワード