123件中 41 - 50件表示
  • 第66回国民体育大会

    第66回国民体育大会から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    競技大会の開催に際しては、主催自治体にある個人・競技団体の技術力の強化・向上が一層図られる傾向がある。その際には企業が主要な担い手の一つとなってきたが、昨今の実業団チームの相次ぐ廃止に見られるように、不況の影響によって、競技活動を支援するだけの余裕が無くなった企業が多く出てきた。そうしたなか、山口県水泳連盟が主導して結成したチーム「きらら山口」が2009年4月開催のJAPAN SWIM 2009において上位の成績をおさめた(一部は世界水泳ローマ大会の代表に選考)が、このように国体に向けての技術力向上が特定の企業のサポートを受けずになされている事例も見受けられる。第66回国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本選手権水泳競技大会飛込競技

    日本選手権水泳競技大会飛込競技から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    日本選手権水泳競技大会飛込競技は、日本水泳連盟が主催する飛込競技大会である。日本選手権水泳競技大会飛込競技 フレッシュアイペディアより)

  • 荒田雪江

    荒田雪江から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    1933年の日本選手権水泳競技大会100m自由形で1分16秒0で優勝した。荒田雪江 フレッシュアイペディアより)

  • 石本隆

    石本隆から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    日本選手権水泳競技大会では、100mバタフライで1956年から1958年まで3連覇、200mバタフライでも1955年から1957年まで3連覇した。石本隆 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷景治

    長谷景治から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    日本選手権水泳競技大会の100m背泳ぎで1954年から1957年、1959年に優勝、200m背泳ぎで1955年、1956年に優勝している。長谷景治 フレッシュアイペディアより)

  • 川西繁子

    川西繁子から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    日本選手権水泳競技大会の100m自由形で1967年から1972年まで6年連続優勝、200m自由形で1969年から1972年まで4年連続優勝している。川西繁子 フレッシュアイペディアより)

  • 今村元気

    今村元気から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    2003年、日本学生選手権水泳競技大会で優勝、2004年の日本選手権200m平泳ぎでは2位となった。同年のアテネオリンピックに出場、予選11位の2分14秒10で準決勝に進出したがベストタイムを出せず、決勝には進めなかった。今村元気 フレッシュアイペディアより)

  • 天野美沙

    天野美沙から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    桐蔭学園高等学校在学中の2004年に第80回日本選手権水泳競技大会のアテネオリンピック代表選考会で女子400m個人メドレーで1位となり五輪標準記録を突破し日本代表となった。オリンピックでは400m個人メドレーで予選4組の5位、続く200m個人メドレーにも出場し予選2組で5位となり本選へは進めなかった。天野美沙 フレッシュアイペディアより)

  • 根上博

    根上博から見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    日本選手権 1500m自由形 19分16秒6(3位) 途中計時1000mで世界新根上博 フレッシュアイペディアより)

  • 千駄ヶ谷コート

    千駄ヶ谷コートから見た日本選手権水泳競技大会日本選手権水泳競技大会

    この箇所は1930年に「明治神宮水泳場(神宮プール)」としてオープンしたもので、明治神宮国民体育大会(現・国民体育大会の源流)の夏季水上競技会や、1948年、ロンドンオリンピック(日本は戦敗国として招待されず)と同時期に開催された日本選手権水泳競技大会など、数多くの水泳競技会に使われた。千駄ヶ谷コート フレッシュアイペディアより)

123件中 41 - 50件表示

「競泳日本選手権」のニューストピックワード