551件中 91 - 100件表示
  • 地道行雄

    地道行雄から見た競輪競輪

    翌昭和22年(1947年)2月に地道は、三代目山口組組長となった田岡一雄の若衆となる。昭和23年(1948年)に競輪と競馬が再開されると、半ば強引に神戸競輪場の仕事を獲得。これで対立した西海組をも捻じ伏せ(山口組と西海組の抗争事件)、武闘派幹部として頭角を現す。地道行雄 フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム戦

    ドリーム戦から見た競輪競輪

    ドリーム戦(ドリームせん)は、競輪・競艇(ボートレース)・オートレースにおいて行われる競走の一種。ドリーム戦 フレッシュアイペディアより)

  • 自転車板

    自転車板から見た競輪競輪

    完成車や部品などの機材、ヘルメット、空気入れ、サイクルジャージといった用品に関する基本的なことからツーリングやロードレース等の自転車旅行・競技にまつわる幅広い話題を扱う。競輪関係の話題は競輪板で扱うため機材としてのトラックレーサー関連のスレッドがわずかに存在するにとどまる。自転車板 フレッシュアイペディアより)

  • フクニチスポーツ

    フクニチスポーツから見た競輪競輪

    創刊当初は、ライバル紙の西日本スポーツと共に、当時福岡市を本拠としていた西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)関連の報道を主体としていたが、ライオンズが福岡から埼玉県所沢市に本拠地を移転してからは、福岡県を中心とした九州のアマチュアスポーツ報道に力を入れていた。福岡県・佐賀県・長崎県の公営競技情報も豊富で、「フクスポ杯」という冠イベントで競艇・競輪などの競技イベントに協賛していた。1988年11月、南海ホークスがダイエーに身売りされ、本拠地が大阪市から福岡に移転してからは福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)の報道主体となった。1989年、九州のスポーツ紙では西日本スポーツに続いてカラー化された。フクニチスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ギャンブルホリデー

    ギャンブルホリデーから見た競輪競輪

    ギャンブルホリデーについては、競輪・競艇・オートレースは概ね毎週水曜日、地方競馬は同火曜日にそれぞれ設けられていた。したがって例えば競輪の場合だと、前後節6日間連続開催の場合、前節の初日が木曜日で最終日が土曜日、後節の初日が日曜日で最終日が火曜日となっていた。ギャンブルホリデー フレッシュアイペディアより)

  • SSカップみのり

    SSカップみのりから見た競輪競輪

    SSカップみのり(えすえすかっぷみのり)とは、競輪のGI競走である。2008年に創設された。SSカップみのり フレッシュアイペディアより)

  • ふるさとダービー

    ふるさとダービーから見た競輪競輪

    ふるさとダービーは、かつて地方都市にある競輪場の活性化を図り、特別競輪(現在のGI相当)に匹敵するビッグレースを開催することを目指して1989年から行われていた、競輪のGII競走である。ふるさとダービー フレッシュアイペディアより)

  • 古野伊之助

    古野伊之助から見た競輪競輪

    この後、戦争犯罪人として巣鴨プリズンに送られたが無罪となる。同盟を解散させていた事や検閲下での被害者を主張した事が理由とされる。隠棲中は畑仕事を楽しんでいたが、当時の自宅近くで建設が予定されていた日本サイクリスト・センター(現在の日本競輪学校)の用地買収において折衝の仲介を行い、以後は当時の競輪中央団体に顧問として加わり、マスコミや政界から袋叩きにあったこの時代の競輪界に淡々と協力する。古野伊之助 フレッシュアイペディアより)

  • 西村公佑

    西村公佑から見た競輪競輪

    翌1957年、大阪中央競輪場で開催された第2回のオールスター競輪決勝では、奈良の大井清(大井啓世・58期の父)、滋賀の中井光雄らを退けて優勝を果たした。また、同年の賞金王(4,338,200円)にも輝いた。西村公佑 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤幸位

    内藤幸位から見た競輪競輪

    プロ野球(読売ジャイアンツ戦)、競馬、競輪、駅伝競走、マラソンなどのスポーツ中継を中心に、そのほかにもニュースや演歌番組なども担当。特にプロ野球中継は、読売ジャイアンツ戦を中心に39年間1500試合以上の実況をした。内藤幸位 フレッシュアイペディアより)

551件中 91 - 100件表示

「競輪」のニューストピックワード