685件中 11 - 20件表示
  • 恒心

    恒心から見た競輪競輪

    1998年(平成10年)に高松宮杯競輪で高松宮家に支払われていた謝礼金が皇室経済法違反との問題となったため、高松宮杯から高松宮家からの優勝杯が下賜が廃止されて競輪・競艇でも使用されていた高松宮記念へと名称を変更した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 競走

    競走から見た競輪競輪

    競輪・競艇・オートレースにおいては1節を1つの大会と捉えて、節内のチャンピオンを決定する方式(勝ち上がり方式、トーナメント方式ともいう)で行われているが、競馬においては同一開催内で複数回出走することは稀であるため、1つの開催を1つの大会と捉える概念が存在しない。競走 フレッシュアイペディアより)

  • 武田一康

    武田一康から見た競輪競輪

    武田 一康(たけだ かずやす、1948年4月24日 - )は、競輪予想紙・コンドル出版社(以下、同社)代表取締役社長。熊本市出身。武田一康 フレッシュアイペディアより)

  • 補助事業

    補助事業から見た競輪競輪

    まんがはじめて物語(当時の日本自転車振興会の競輪補助事業)補助事業 フレッシュアイペディアより)

  • 小林豊彦

    小林豊彦から見た競輪競輪

    小林静夫(元新潟県議会議員・元弥彦村長)・ミエの長男として生まれる。日本経済新聞社の新聞記者として化学・石油化学産業・農林水産省・三井物産など総合商社を担当。農林水産省担当時代は鈴木善幸農林大臣に随行し、モスクワで行われた日ソ漁業交渉を取材。浦和支局長・東京本社編集局部長を歴任、出版局長・営業推進本部長、日経リサーチ社長を経て退社。60歳で帰郷して、母を介護しながら田圃(30a)と畑(24a)を耕作。田圃は5年前から無農薬栽培に挑戦、彌彦神社の初穂講献納米審査で5年間連続して入賞(1等賞を受賞1回)。出版局長時代に「全国競輪施行者協議会」マスコミ代表として審議会委員に就任(1年間)。小林豊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 三升家小勝 (8代目)

    三升家小勝 (8代目)から見た競輪競輪

    特に『ダイナミック・サタデー』での『勝二の5人ピック』のコーナーでは競輪の予想なども行っていた。1988年9月に『夢いろ土曜日・晴れた顔して多恵子です』の番組終了と共に、長年務めたHBCラジオの中継レポーターを卒業した。三升家小勝 (8代目) フレッシュアイペディアより)

  • LIVE&REPORT 中央競馬中継

    LIVE&REPORT 中央競馬中継から見た競輪競輪

    下記のような特別編成により、チバテレ以外で放送されないケースが多い。前番組と異なり同一時間帯の共通ネットから任意ネット編成になったため、特番が行われる場合(競艇・競輪の全国発売規模のレース、全国高等学校野球選手権地方大会、テレビショッピング、スポーツ中継他)でいずれかの局でネット休止、あるいは番組自体中止する場合がある。LIVE&REPORT 中央競馬中継 フレッシュアイペディアより)

  • 北嶋興

    北嶋興から見た競輪競輪

    フリーになってからはスポーツTODAY(テレビ東京)キャスターを1年務め、その後公営競技(特に競艇・競輪・オートレース)の実況を担当した。北嶋興 フレッシュアイペディアより)

  • 西武西武園線

    西武西武園線から見た競輪競輪

    それが「東村山文化園」内への村山競輪場(現在の西武園競輪場)の開設である。当初競輪場の計画は「東村山文化園」構想には存在しなかったが、この頃各地で競輪が大量の観客を動員し、また地方自治体も財源として開催地を求めていたため、これに乗る形で競輪場建設を組み込んだのだった。そして交通路確保のため、既存の路線の途中に野口信号所を設けて競輪場のそばへ向かう支線を敷設、西武園駅を開業させたのである。西武西武園線 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンドーム前橋

    グリーンドーム前橋から見た競輪競輪

    メインアリーナには世界選手権自転車競技大会などの国際自転車競技大会(主に国内では競輪)の開催に対応した自転車競技用の走路が設置されている。現在は本開催と雨天時の練習の一部にも使用されている。グリーンドーム前橋 フレッシュアイペディアより)

685件中 11 - 20件表示

「競輪」のニューストピックワード