305件中 41 - 50件表示
  • 競輪

    競輪から見た太田義夫

    1971年 太田義夫(千葉) 17,642,200円競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た片山哲

    2人は、後に日本自転車振興会連合会会長となる、当時は日本社会党所属の代議士だった林大作と出会うことになる。林は戦前、三井物産の社員であったが、財閥解体と貿易国営を主張したものの受け入れられずに1942年(昭和17年)に退社。その後交易営団に移り、1947年(昭和22年)4月25日に行われた総選挙で当選を果たした。前述の通り、三井物産時代に貿易国営を唱えており、国家事業の重要性を考えていた林は2人の提案を気に入り、その話を当時の日本社会党委員長でもあった、片山哲内閣総理大臣に提言したところ、片山も「それは面白い」と乗り気になり、やがて社会党の中央執行委員会も同意して法案作りへと進むことになった。競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た阿部道

    1973年 阿部道(宮城) 35,937,630円競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た平間誠記

    1967年 平間誠記(宮城) 19,093,920円競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た山田裕仁

    2002年 山田裕仁(岐阜)244,348,500円(歴代最高賞金獲得額)競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た中井光雄

    1954年 中井光雄(滋賀) 3,795,530円競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た河野一郎

    鳴尾事件以後も、断続的に発生する暴動事件を起因とする、マスメディアを中心とする競輪への強い風当たりが続いた。そんな折、1955年(昭和30年)1月にときの農林大臣河野一郎が群馬県前橋市で行った記者会見の席上「競馬は、土曜、日曜、祭日以外は開催しないことを閣議で提案する」という発言を行ったことが波紋を広げ、翌日の定例閣議で申し合わせがなされたが、当時の通産大臣石橋湛山が「河野発言」を了承することにより、競輪も競馬と同調することになった。競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た山崎芳仁

    過去に達成したのは僅か3人。但し井上と滝澤は共に寛仁親王牌がGI競走となる前の出来事であるため、現在でもそのままグランドスラムとして扱われている。ちなみに滝澤はGII時代に寛仁親王牌を制覇したことがある。また2010年時点で現役選手の中で最もグランドスラムに近いのは山崎芳仁(日本選手権競輪を除いて全て制覇)。競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た浜崎幸信

    過去には白鳥伸雄、鈴木保巳、早川清一、福島正幸、浜崎幸信、尾池孝介など。競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た阪本勝

    その後、近畿地区で競輪場の廃止が相次いだ。まず1958年(昭和33年)、京都市営競輪場が市議会の賛成多数により廃止を決定。さらに当時の兵庫県知事・阪本勝も兵庫県営ギャンブルの廃止を表明したことから、1960年(昭和35年)12月に神戸競輪場が、1961年(昭和36年)3月に明石競輪場がそれぞれ廃止された。また、大阪市営中央競輪場も、1959年(昭和34年)に大阪競馬場が廃止されたことを踏まえ都市公園として整備する方針を打ち出したことから、ときの大阪市長中井光次は1962年(昭和37年)3月をもって廃止を決定した。このほか大阪住之江競輪場も1964年(昭和39年)に休止(事実上の廃止)となり、大阪市内に存在した2つの競輪場が消滅した。競輪 フレッシュアイペディアより)

305件中 41 - 50件表示

「競輪」のニューストピックワード