競馬の次走情報 ニュース&Wiki etc.

競走馬(きょうそうば)は、競走用に改良された馬。競馬の競走に用いられる馬の総称。以下、競走馬に関するさまざまな事柄に関して記述する。 (出典:Wikipedia)

「競馬の次走情報」Q&A

  • Q&A

    競馬について質問です。 ダイワウィズミーの次走(1月8日時点で)が決まっていれば、…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年1月15日 23:00

  • Q&A

    競馬 気になってる馬が 次走、どこのレースに出走するのか 最新の情報を知る方法はあり…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年1月6日 18:51

  • Q&A

    【芳賀馬主通信】 本日「ホーホタル」が笠松4R(1400m)に出走しました。 圧倒…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2013年6月26日 13:56

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「競走馬」のつながり調べ

  • ディーダラス

    ディーダラスから見た競走馬

    ディーダラス(Daedalus、1791年 - ?)は、18世紀末のイギリスの競走馬である。第15回ダービーステークスに優勝した。同レース第11回の勝ち馬ラダマントゥス (Rhadamanthus) は全兄で、ダービー史上初の兄弟制覇となった。馬名は兄と同じくギリシャ神話に登場する人物に由来、ダイダロスの英語読みである。(ディーダラス フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・カレリン

    アレクサンドル・カレリンから見た競走馬

    身長191cm、体重130kgの巨漢だったが、非常にバランスが取れた体格を持っていた。これについては前田日明が『リングの魂』内で詳しく語っており、カレリンの体は全身が柔軟かつ重厚な筋肉の塊で「競走馬に触ったことがあるんですけど、同じ感じの筋肉」だったという。また、前田は「筋肉のつき方が軽量級の選手と同じなんですよ。ああいう体は持って生まれたものじゃないと、いくら鍛えてもそうならないでしょうね」とも述べている。(アレクサンドル・カレリン フレッシュアイペディアより)

「競走馬」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「競馬の次走情報」のニューストピックワード