3746件中 11 - 20件表示
  • テトラテマ

    テトラテマから見た競走馬競走馬

    テトラテマ (Tetratema) は、1920年ごろに活躍したイギリスの競走馬である。短距離で好成績を収め、2000ギニー(1920年)、ジュライカップ(1921年)などに優勝した。産駒にも短距離での活躍馬が多い。1929年イギリス・アイルランドチャンピオンサイアー。テトラテマ フレッシュアイペディアより)

  • ナリタブライアン

    ナリタブライアンから見た競走馬競走馬

    ナリタブライアン(Narita Brian、1991年5月3日 - 1998年9月27日)は日本の競走馬・種牡馬。中央競馬史上5頭目の三冠馬。愛称は「ブライアン」「シャドーロールの怪物」。ナリタブライアン フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た競走馬競走馬

    競馬において、厩舎を運営し競走馬を管理することを業とする者。以下に記述する。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神カップ

    阪神カップから見た競走馬競走馬

    2006年の競馬番組改革の主な変更点の一つに短距離重賞競走の整備が定められ、新設されたGII競走である。従来、12月の阪神競馬開催の第3週には阪神牝馬ステークス(GII)が行われていたが、これがヴィクトリアマイル(GI)の新設に伴う牝馬路線整備のために開催日が春へ移動し、空いた日程に「スプリンターとマイラー双方の出走による新たな魅力ある競走を提供する」目的で新設された。これに伴い、同時期に中京競馬場で施行されていたCBC賞(芝1200m)はGIIIに降格かつ、6月~7月に日程が変更となり、年末の牡馬牝馬混合の短距離重賞競走が本競走に一元化された。阪神カップ フレッシュアイペディアより)

  • ウイニング・チケット (漫画)

    ウイニング・チケット (漫画)から見た競走馬競走馬

    北海道最大の競走馬生産地である日高の牧場に生まれ育った二階堂駿を主人公に、中央競馬(JRA)と地方競馬の両方を舞台とした競馬漫画。ウイニング・チケット (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • デュランダル (競走馬)

    デュランダル (競走馬)から見た競走馬競走馬

    デュランダル(、香:)は日本の競走馬、種牡馬。馬群の大外から伸びてくる豪快な末脚を武器とし、世代交代の激しい短距離界において約3年にわたりトップに君臨し続けた。2003年・2004年と2年連続で中央競馬の最優秀短距離馬に選出。競走馬名の由来は、中世の叙事詩『ローランの歌』のなかで主人公の英雄ローランが使う聖剣の名デュランダル。全兄に中日スポーツ賞4歳ステークス優勝馬サイキョウサンデーがいる。父サンデーサイレンスで母の父がノーザンテーストという血統で初のGI馬である。デュランダル (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ミスターシービー

    ミスターシービーから見た競走馬競走馬

    ミスターシービーは日本の競走馬の馬名であり、日本競馬史において同名の競走馬が2頭存在する。ミスターシービー フレッシュアイペディアより)

  • サラブレッド

    サラブレッドから見た競走馬競走馬

    種付け後無事に受胎(妊娠)し、その後流産などがなければ翌春には仔馬が誕生する。馬の妊娠期間は11ヶ月なので、4月に種付けすれば翌3月には生まれてくるのが普通である。仔馬は生後まもなく立ち上がり母馬から初乳をもらう。生後5,6ヶ月で離乳を迎え、春に生まれた仔馬は秋には仔分されることになり、親から引き離される。さらに2歳になるころから調教を受け人を乗せることを覚えさせられ、早いものでは2歳の春頃から競走馬としてデビューする(以降競走馬参照)。なおこれとは別に最初から馬術競技馬として生産されるサラブレッドもいる。以下競走馬を参照。サラブレッド フレッシュアイペディアより)

  • ばんえい競走

    ばんえい競走から見た競走馬競走馬

    ばんえい競走(ばんえいきょうそう)とは、競走馬がそりを曳きながら力や速さなどを争う競馬の競走である。ばんえい競走 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見た競走馬競走馬

    3月19日 - 伊達秀和、日本の実業家、競走馬馬主(* 1928年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

3746件中 11 - 20件表示

「競馬の次走情報」のニューストピックワード