325件中 91 - 100件表示
  • 競走馬

    競走馬から見たシンザン

    以上4項の例外?冠名など別の単語を付け足した馬名は認められることがある(シンザン→ミホシンザン、ベガ→アドマイヤベガといった例がある)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たJRA賞

    1971年年度代表馬「トウメイ」のように、元々は「メイトウ」にしたかったがこの規定のために使えず、急遽メイとトウをひっくり返して馬名にした例がある。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た平地競走

    競馬の黎明期においては競走馬という専門的な品種は存在せず、日常的に乗用馬や農耕馬として用いられていた馬が競馬に出走していたが、やがて競馬が専門化すると競走用の馬種が模索されることとなった。イギリスではアラブ種を改良したサラブレッドを普及させ、現在世界各国の平地競走や障害競走ではサラブレッドが主流となっている。また平地競走でも1/4マイル程度の短距離で行われるクォーターホース競馬もアメリカを中心に人気が高く、繋駕速歩競走ではスタンダードブレッドが用いられている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た濠サラ

    横濱競馬場では、設立当初は日本馬と中国産馬によって競走が行われていたが、後に競走馬の質と量を確保する目的で、主にオーストラリアからサラブレッド競走馬が輸入された。当時の日本には血統登録制度が確立されておらず、こうした濠州産サラブレッド(濠サラ)は後に公式な記録がはじまると「血統不詳馬」となった。これらの濠サラは競走引退後に払い下げられ日本各地で繁殖に供されたが、ミラなどの大いに活躍したごく一部の競走馬を除いて血統や競走の記録は失われ、単に「洋種」馬として供用された。高砂や吾妻も同様の扱いを受けており、血統管理と淘汰に立脚した品種改良を目的とする近代的な馬産は、まだ確立されていない。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た下総御料牧場

    戦前までは馬の徴発を目的とした馬籍法の関係で生後30日以内に馬名を登録する必要があった。この「血統名」と競馬会に登録する「競走名」は生産者が馬名登録しない限り通常異なる名前となる。そして特に牝馬の場合は繁殖入りした際に血統名を使用することが一般的のため、競走名と血統表に残る名はその多くが関連しなかった。血統名については漢字を使用することも可能である。例を挙げると下総御料牧場では毎年勅題の中の一字と母馬の最後の一字をあてる。1932年(勅題は月)産まれの星友の仔→月友、1940年(勅題は年)産まれの賢藤の仔→年藤(クリフジ)となる。一方で父の名の頭に第一、第二、第三…と連番を打つだけの血統名もあり、シアンモア産駒では第二シアンモア(ヨネカツ)、第六シアンモア(オオツカヤマ)、第七シアンモア(ワコー)、第十シアンモア(エーシアンモア)などが血統名で種牡馬入りするなど混乱をきたしたため、1941年以降は種牡馬については競走馬名を使用することになった。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たオグリキャップ

    促音・拗音については、1968年より使用を認めた(「カツトップエース」など)。ちなみに、リュウズキのように使用可能になるまでリユウズキと大文字で代用していた例もある。地方競馬では1990年より使用が認められ、それまでは大文字で代用していた(厳密にいえば、笠松所属時のオグリキャップも「オグリキヤツプ」である。また、1985年のジャパンカップに出場した船橋競馬所属のロツキータイガーは、ジャパンカップ時には「ロッキータイガー」と表記されることが多かった)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たトレーニングセンター

    1960年代以前は一部の大規模な生産牧場を除き、生産牧場は文字通り生産のみを行い、競走馬は厩舎で馴致・育成・調教が施されていた。1970年代入ると馬産地や中央競馬トレーニングセンター周辺にある育成牧場で馴致・育成が行われた後で厩舎へ送られる競走馬が増加していった。1980年代に入ると生産牧場から直接厩舎へ競走馬が送られることはなくなり、全ての競走馬が育成牧場を経由するようになった。また、中央競馬所属の一部の競走馬については馬産地の育成牧場とトレーニングセンター周辺の育成牧場との間での役割分担が成立し、生産牧場→馬産地の育成牧場→トレーニングセンター周辺の育成牧場→厩舎というプロセスで馴致・育成・調教が行われるようになった。このプロセスは1990年代以降、日本の競馬界における一般的な馴致・育成・調教のプロセスとなった。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たスタンダードブレッド

    競馬の黎明期においては競走馬という専門的な品種は存在せず、日常的に乗用馬や農耕馬として用いられていた馬が競馬に出走していたが、やがて競馬が専門化すると競走用の馬種が模索されることとなった。イギリスではアラブ種を改良したサラブレッドを普及させ、現在世界各国の平地競走や障害競走ではサラブレッドが主流となっている。また平地競走でも1/4マイル程度の短距離で行われるクォーターホース競馬もアメリカを中心に人気が高く、繋駕速歩競走ではスタンダードブレッドが用いられている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たカツラノハイセイコ

    この字数制限のため、「カツラノハイセイコ(ー)」「メイショウビ(ク)トリア」「ファビ(ュ)ラスラフイン」「ハートランドヒリュ(ウ)」「オウケンブルースリ(ー)」など単語の一部の字を割愛して登録した馬名も存在する。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たペルシュロン

    この他、日本独自のばんえい競走では、ペルシュロンなどの大型馬(重種馬)を混血化した日本輓系種という独自の馬種も存在する。競走馬 フレッシュアイペディアより)

325件中 91 - 100件表示

「競馬の次走情報」のニューストピックワード