309件中 111 - 120件表示
  • 競走馬

    競走馬から見たアドマイヤベガ

    以上4項の例外 - 冠名など別の単語を付け足した馬名は認められることがある(シンザン→ミホシンザン、ベガ→アドマイヤベガといった例がある)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たJRA賞

    1971年年度代表馬「トウメイ」のように、元々は「メイトウ」にしたかったがこの規定のために使えず、急遽メイとトウをひっくり返して馬名にした例がある。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たアングロアラブ

    なお、戦後の日本の平地の競馬競走では、地方競馬を中心に、アングロノルマンやアングロアラブなどによるレースも行われたが、現在ではいずれもレースが廃止され、これらの種は日本では生産されていない。また、繋駕速歩競走もかつては中央・地方で行われ、そのためのスタンダードブレッドの生産も広く行われていたが、これも繋駕速歩競走の廃止により生産規模が縮小し、現在では道東地区で細々とアマチュアレースが行われるのみになっている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たベガ (競走馬)

    以上4項の例外 - 冠名など別の単語を付け足した馬名は認められることがある(シンザン→ミホシンザン、ベガ→アドマイヤベガといった例がある)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たオレハマッテルゼ

    「ハ」については「は」と「わ」、「ヘ」については「え」と「へ」、各カナ共に両方の読みが可能である(「オレハマッテルゼ」、「ミライヘノツバサ」、など)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た繋駕速歩競走

    競馬の黎明期においては競走馬という専門的な品種は存在せず、日常的に乗用馬や農耕馬として用いられていた馬が競馬に出走していたが、やがて競馬が専門化すると競走用の馬種が模索されることとなった。イギリスではアラブ種を改良したサラブレッドを普及させ、現在世界各国の平地競走や障害競走ではサラブレッドが主流となっている。また平地競走でも1/4マイル程度の短距離で行われるクォーターホース競馬もアメリカを中心に人気が高く、繋駕速歩競走ではスタンダードブレッドが用いられている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た草競馬

    などの選択肢があり、この他単に馬主の飼い馬、生産牧場などで功労馬として飼われる場合もある。また、乗馬の一部であるが、相馬野馬追(相馬市)の様な伝統的な馬事文化が存在する地域や草競馬が盛んな地域では、これに参加することを目的とした個人に繋養される馬も少なからず見られるが、この多くも元競走馬である(ごくまれに元競走馬が再度競走馬登録して復帰するケースもある。2010年のばんえい競走では、11歳で草ばん馬に転向し一旦競走馬登録を抹消されたものの、各種の事情が重なり2年後に再度競走馬登録し勝利を挙げたゴールデンバージや、2013年のホッカイドウ競馬では当初は競走馬を目指そうとしたが諸事情で未出走で登録抹消しエンデュランス馬術競技用の乗馬に転向したものの、13歳で再度競走馬に転向、能力検査に合格し競走馬になったマーチャンダイズの例が存在する)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た南関東公営競馬

    定年制度は南関東地区など一部の競馬場が定めているが、定年を迎えた馬であってもまだ競走で好勝負が可能と判断された馬の場合、競走馬登録を抹消せずにホッカイドウ競馬などの定年制度を定めていない地区に転籍して現役を継続することが見られる。不出走によって自動抹消となるまでの期間は、競馬場毎に多少異なるが多くは2年程度である。また、1年以上出走していない競走馬については、毎年4月と10月の2回、馬主などの関係者に出走継続の意思の有無について確認を行い、出走意志がある場合は関係者が所定の手続きを行うことになるが、この手続きによる意志表示が確認できなかった馬は時効による自動抹消の対象となる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たエンデュランス馬術競技

    などの選択肢があり、この他単に馬主の飼い馬、生産牧場などで功労馬として飼われる場合もある。また、乗馬の一部であるが、相馬野馬追(相馬市)の様な伝統的な馬事文化が存在する地域や草競馬が盛んな地域では、これに参加することを目的とした個人に繋養される馬も少なからず見られるが、この多くも元競走馬である(ごくまれに元競走馬が再度競走馬登録して復帰するケースもある。2010年のばんえい競走では、11歳で草ばん馬に転向し一旦競走馬登録を抹消されたものの、各種の事情が重なり2年後に再度競走馬登録し勝利を挙げたゴールデンバージや、2013年のホッカイドウ競馬では当初は競走馬を目指そうとしたが諸事情で未出走で登録抹消しエンデュランス馬術競技用の乗馬に転向したものの、13歳で再度競走馬に転向、能力検査に合格し競走馬になったマーチャンダイズの例が存在する)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たキタシバスペイン事件

    キタシバスペインに関する事例(キタシバスペイン事件競走馬 フレッシュアイペディアより)

309件中 111 - 120件表示