325件中 11 - 20件表示
  • 競走馬

    競走馬から見たフェブラリーステークス

    1600mの交流ダート戦GI(JpnI)レースでは、フェブラリーステークスやかしわ記念、マイルチャンピオンシップ南部杯が古馬のGI(JpnI)レースとして、全日本2歳優駿が2歳馬のチャンピオンを決めるJpnIレースとして行われている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た馬主

    競走馬用のウマは当初は生産者が所有するが、やがて馬主によって購入される。一般的な時期は生まれた直後から2歳にかけてである。購入方法はセリ市(セール)による場合と、生産者と馬主の直接取引(庭先取引という)による場合とがある。欧米ではセリ市での取引が主流である。馬によっては引き続き生産者自身が馬主となり、競走に出走させる場合もある。購入に関しては馬主や生産者と関係が深い調教師や家畜商が仲介したり斡旋したりする場合も多い。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た凱旋門賞

    登録基準は、2005年以降では主要な国際競走11レース(ジャパンカップ、カルロスペレグリーニ大賞、ブラジル大賞、コックスプレート、ドバイワールドカップ、香港カップ、凱旋門賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、アイリッシュチャンピオンステークス、ブリーダーズカップ・クラシック、ブリーダーズカップ・ターフ)の優勝馬、国際血統書委員会が申請した主要な種牡馬・繁殖牝馬、競馬統括機関が申請した優秀な成績の競走馬と規定されている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た安田記念

    2001年にニュージーランドで生まれた香港所属の「アルマダ」(Armada。以下、香港のアルマダ)が2008年の安田記念に出走して2着となった直後、日本で2006年に生まれた牡馬に同じ名が付けられ競走馬登録された。「アルマダ」が国際保護馬名に該当しないために起こったもので、2009年に香港のアルマダが安田記念への出走を決めた際に、2頭をどう区別するかが問題となった。対応策として、2009年の安田記念にて発券された香港のアルマダの単勝・複勝・応援馬券には、「アルマダ(NZ)」と生産国の略号が加えられた。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たジャパンカップ

    日本以外で登録された競走馬についてはカナによる制約を受けないため、輸入された種牡馬や繁殖牝馬、ジャパンカップなどの国際招待競走でカナ馬名にすると10文字以上の馬がいる。以下に例示する(9文字目までを太字で示す。一部ではこの9文字目までしか表記されない場合もある)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た妊娠

    種牡馬と繁殖牝馬を交配させ、繁殖牝馬を妊娠させること。一般に、毎年春に起こる牝馬の発情にあわせて行われる。なお、サラブレッド及びアラブ種では、他の家畜では一般的な、人工授精によって競走馬を生産することは国際血統書委員会(ISBC)によって禁止されている。スタンダードブレッドやクォーターホースは人工授精が許可されているが、日本で競馬目的に生産されることはない。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た元老

    特に日露戦争の陸戦では日本側の人的損失は甚だしく、戦後の国内世論は西洋並みの優秀な軍馬を育成することが急務であると説き、やがてそれは明治天皇の知るところとなる。1904年(明治28年)に政府内に馬政調査会が設置されて国内各地に官営の種畜場が開設されていたが、もともと馬術に関心の強かった明治天皇は元老伊藤博文に馬匹改良を命じ、1906年(明治39年)には第一次桂太郎内閣直属の馬匹改良を目的とした馬政局が設立、農商務・外務・大蔵・逓信大臣を歴任した曽根荒助男爵が馬政局長官に任命され、軍馬改良を柱とする馬政30年計画が上奏された。馬政局は奨励する種馬の種類として、軽種にサラブレッド、中間種にハクニー、重種にペルシュロンを指定し、これを補うものとしてギドラン、アングロアラブとアングロノルマンを選定した。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た大久保利通

    明治時代、政府による近代的な産業振興策に基づいて、日本国内では官民による洋式の牧場が各地に開設された。これらの牧場のうち著名なものとしては、内務大臣大久保利通が旧幕府の佐倉牧の取香牧を改良して岩山敬義に監督させた下総御料牧場、北海道開拓使黒田清隆がエドウィン・ダンを顧問に日高に拓いた新冠牧場(後の新冠御料牧場)、三菱財閥が岩手に開設した小岩井農場、八戸に追放された会津藩士・廣澤安任が1872年(明治5年)に興した青森の広沢牧場などが挙げられる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た岩山敬義

    明治時代、政府による近代的な産業振興策に基づいて、日本国内では官民による洋式の牧場が各地に開設された。これらの牧場のうち著名なものとしては、内務大臣大久保利通が旧幕府の佐倉牧の取香牧を改良して岩山敬義に監督させた下総御料牧場、北海道開拓使黒田清隆がエドウィン・ダンを顧問に日高に拓いた新冠牧場(後の新冠御料牧場)、三菱財閥が岩手に開設した小岩井農場、八戸に追放された会津藩士・廣澤安任が1872年(明治5年)に興した青森の広沢牧場などが挙げられる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た細川益男

    代表例は、2006年の高松宮記念を制した「オレハマッテルゼ」を始めとする小田切有一の所有馬(俗にオダギラーと呼ばれる)、「マチカネ」の冠を付けた馬を所有する細川益男、「シゲル」の冠を所有馬に付けている森中蕃、医師の國分純らである。競走馬 フレッシュアイペディアより)

325件中 11 - 20件表示

「競馬の次走情報」のニューストピックワード