325件中 31 - 40件表示
  • 競走馬

    競走馬から見たネコ

    全体の総重量と比較して、脳の比率が馬よりも高い生物には、ヒト、イヌ、サル、ネコなどがいる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たドバイワールドカップ

    登録基準は、2005年以降では主要な国際競走11レース(ジャパンカップ、カルロスペレグリーニ大賞、ブラジル大賞、コックスプレート、ドバイワールドカップ、香港カップ、凱旋門賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、アイリッシュチャンピオンステークス、ブリーダーズカップ・クラシック、ブリーダーズカップ・ターフ)の優勝馬、国際血統書委員会が申請した主要な種牡馬・繁殖牝馬、競馬統括機関が申請した優秀な成績の競走馬と規定されている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たデルタブルース

    ステイヤー(stayer)とは、長距離レースを得意とする競走馬のことである。2800m以上の距離が長距離とされる。概して3歳秋以降に頭角を現す晩成型の馬が多い(代表馬:デルタブルース・マイネルキッツ)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た富士ステークス

    1986年の富士ステークスとジャパンカップに出走した「ウェイバリースター」(Waverley Star)は、翌1987年にニュージーランドからオーストラリアに移籍したが、オーストラリアでは同名馬がいたことから「アワウェイバリースター」(Our Waverley Star)の名で出走した。日本には同名馬はいなかったが、1987年の富士ステークスとジャパンカップにおいても「アワウェイバリースター」として出走した。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た馬肉

    後2者はいわば再利用という形で第二の人生(馬生)を歩むことになるが、時効を迎え、もしくは充分な競走能力がないことが判明し、かつ引き取り手のいない馬の場合には、日本やフランス等馬食文化が存在し、馬を飼っておく場所が限られる国・地域においては、かなりの割合が食肉(動物飼料・加工用、一部人間用)として処分されることになる。乗馬などの場合においても、皐月賞馬ハードバージのように使役馬として酷使された結果斃死した例もある。また、競走馬を乗馬に調教するためには少なからぬ手間と費用を必要とし、調教が成功したとしても初心者に乗りこなすのは難しい。日本においては、名目上乗馬に用途変更された馬であっても実際には消息不明になることが多く、その大部分はやはり屠殺されていると言われる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たスプリンターズステークス

    中央競馬では伝統的に中長距離のレースで活躍する馬が評価される傾向が強く、スプリンターには活躍の場が少なかった。中央競馬においては1984年にグレード制が導入された時点では1200mのGIレースは存在せず、1990年にスプリンターズステークスが初めてGIに格付けされた。さらに1996年以降は高松宮記念(高松宮杯)が1200mのGIレースとして施行されている。2006年には夏競馬において、サマースプリントシリーズが整備されるなど、スプリント路線が整備・重視される時代となっている。なお中央競馬では生粋のスプリンターが年度代表馬に選出されたことはない。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た引退

    競走馬が引退する時期については、種牡馬や繁殖牝馬としての期待の大きさや健康状態、馬主の意向などさまざまな要因が作用する。なお、現在の日本においては、競走生活を引退した後に種牡馬または繁殖牝馬として産駒を生み出した馬が、再び競走馬となることはできない(過去には、かなり昔のケースではあるがヒサトモや、オンワードゼアの様な例がある)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たホッカイドウ競馬

    1.の定年制度は南関東地区など一部の競馬場が定めているが、定年を迎えた馬であってもまだ競走で好勝負が可能と判断された馬の場合、競走馬登録を抹消せずにホッカイドウ競馬などの定年制度を定めていない地区に転籍して現役を継続する事が見られる。2.の不出走によって自動抹消となるまでの期間は、競馬場毎に多少異なるが多くは2年程度である。また、1年以上出走していない競走馬については、毎年4月と10月の2回、馬主などの関係者に出走継続の意思の有無について確認を行ない、出走意志がある場合は関係者が所定の手続きを行なう事になるが、この手続きによる意志表示が確認できなかった馬は時効による自動抹消の対象となる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たテイエムプリキュア

    例外?著名人では「リンカーン」「シャラポワ」「ペリー」「シンゲン」などフルネームでない場合や、著作権に触れないフルタイトルでない作品名(あるいは、その作品の登場キャラクター)、冠名を伴う馬名は認められることがある。1980年代半ばに「プリンセスナウシカ」、1990年代には「サザンシルフィード」(漫画『風のシルフィード』の「サザンウィンド」と「シルフィード」から引用された)、2000年代には阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬「テイエムプリキュア」など、その時代のヒット作を感じさせる馬名も存在した。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た化学物質

    薬品によってはドーピングの対象となるかどうかについて、主催者によって異なる判断がなされる場合もある(たとえば欧州では自然界に存在しない化学物質全般が対象となるのに対し、日本やアメリカ合衆国では対象とされない化学物質もある)。そのため競走馬が外国に遠征をした際に、遠征元の国では禁止されていない化学物質が遠征先の国で禁止薬物として検出され、処分が下されるケースもある(治療薬としての投与であるが、例として2006年ドバイワールドカップにおけるブラスハット、同年凱旋門賞におけるディープインパクト)。なお主催者によって禁止指定薬物が異なることはスポーツ界においては一般的であり、禁止指定薬物リストを出場予定の主催者に照会し入手するのが通例である。競走馬 フレッシュアイペディアより)

325件中 31 - 40件表示

「競馬の次走情報」のニューストピックワード