309件中 31 - 40件表示
  • 競走馬

    競走馬から見たカネヒキリ

    日本では芝とダート、2種類のコースによってレースが行われる。芝コースを得意とする競走馬を芝馬、ダートコースを得意とする競走馬をダート馬という。どちらのコースも得意である場合は芝ダート兼用、あるいは万能などと表現される。近年の日本では競走馬を芝あるいはダートの一方に絞って出走させる傾向が強く、芝・ダート両方でグレードワン競走を勝利するような万能馬は稀である。万能馬の例としてはアグネスデジタル(芝で天皇賞(秋)等、ダートでフェブラリーステークス等を勝利)などが挙げられる。また、芝コースでの成績が伸び悩んでいた馬が、ダート転向した結果適性が見出されて大成するというケースも少なくなく、中にはホクトベガ、アドマイヤドン、カネヒキリのように、ダートのトップホースにまで上り詰める事例もある。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たドーピング

    ドーピング、すなわち競走成績を向上させる目的で薬物を競走馬に投与する行為は近代競馬が行われるようになった当初から行われていたとされる。古典的なドーピングの手法としてはアルコールやカフェイン、覚醒剤などの投与が挙げられる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た笠松競馬場

    促音・拗音については、(「カツトップエース」など)。ちなみに、リュウズキのように使用可能になるまでリユウズキと大文字で代用していた例もある。しかし地方競馬では1990年まで使用が認められておらず、例えばオグリキャップも笠松所属時は「オグリキヤツプ」と称していた。血統登録でも同年より使用を認められるようになったため、それ以前に繁殖登録された促音・拗音の付いた競走馬は全て大文字で登録されている。(サツカーボーイ、マツクスビユーテイ、メジロデユレンなど。読みは競走馬時代と同じ)競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たドバイワールドカップ

    登録基準は、2005年以降では主要な国際競走11レース(ジャパンカップ、カルロスペレグリーニ大賞、ブラジル大賞、メルボルンカップ、ドバイワールドカップ、香港カップ、凱旋門賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、アイリッシュチャンピオンステークス、ブリーダーズカップ・クラシック、ブリーダーズカップ・ターフ)の優勝馬、国際血統書委員会が申請した主要な種牡馬・繁殖牝馬、競馬統括機関が申請した優秀な成績の競走馬と規定されている。なお、2004年以前は対象となる競走が一部異なっていた。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た富士ステークス

    1986年の富士ステークスとジャパンカップに出走した「ウェイバリースター」(Waverley Star)は、翌1987年にニュージーランドからオーストラリアに移籍したが、オーストラリアでは同名馬がいたことから「アワウェイバリースター」(Our Waverley Star)の名で出走した。日本には同名馬はいなかったが、1987年の富士ステークスとジャパンカップにおいても「アワウェイバリースター」として出走した。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た馬肉

    後2者はいわば再利用という形で第二の人生(馬生)を歩むことになるが、時効を迎え、もしくは充分な競走能力がないことが判明し、かつ引き取り手のいない馬の場合には、日本やフランスなど馬食文化が存在し、馬を飼っておく場所が限られる国・地域においては、かなりの割合が食肉(動物飼料・加工用、一部人間用)として処分されることになる。乗馬などの場合においても、皐月賞馬ハードバージのように使役馬として酷使された結果斃死した例もある。また、競走馬を乗馬に調教するためには少なからぬ手間と費用を必要とし、調教が成功したとしても初心者に乗りこなすのは難しい。日本においては、名目上乗馬に用途変更された馬であっても実際には消息不明になることが多く、その大部分はやはり屠殺されていると言われる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たディープインパクト (競走馬)

    競馬の競走は、競馬場によってコースを右回りに周回する場合と左回りに周回する場合とがあるが、いずれかを苦手とする競走馬がいる。逆に、左回りが得意な馬もおり、左巧者などと言われる。なお、一般に競走馬は左回りに周回する場合のほうが右回りに周回する場合よりも早く走ることができるとされる。ちなみにヒトも多くの人は左回りの方が周回しやすいと言われている。ディープインパクトの場合、敗戦経験のあるレース(有馬記念と凱旋門賞)はどちらも右回りのコースだった。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たシンボリルドルフ

    また、同じく無敗の中央競馬クラシック三冠を達成したシンボリルドルフは、東京優駿において鞍上の岡部幸雄がレース終盤の大欅向こうの3コーナーに馬の位置取りが後方で反応があまりにも悪かったために焦って早めにしかけたものの反応せず、鞭を入れてもそ知らぬ顔をしていたという。ところが直線に入ったとたん突然の猛スパートをかけ、見事に優勝した。後日岡部は、ルドルフがスパートをかけた時に「しっかり捕まっていろ」とルドルフが言った気がした、と語っている。この経験から、岡部は「ルドルフに競馬を教えてもらった」と語っている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た産駒

    競走馬が引退する時期については、種牡馬や繁殖牝馬としての期待の大きさや健康状態、馬主の意向などさまざまな要因が作用する。なお、現在の日本においては、競走生活を引退した後に種牡馬または繁殖牝馬として産駒を生み出した馬が、再び競走馬となることはできない(過去には、かなり昔のケースではあるがヒサトモや、オンワードゼアの様な例がある)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た引退

    競走馬が引退する時期については、種牡馬や繁殖牝馬としての期待の大きさや健康状態、馬主の意向などさまざまな要因が作用する。なお、現在の日本においては、競走生活を引退した後に種牡馬または繁殖牝馬として産駒を生み出した馬が、再び競走馬となることはできない(過去には、かなり昔のケースではあるがヒサトモや、オンワードゼアの様な例がある)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

309件中 31 - 40件表示