325件中 41 - 50件表示
  • 競走馬

    競走馬から見た日露戦争

    明治初期には広沢牧場をはじめ各地に西洋風の方式を取り入れた牧場が創設されたが、これはもっぱら特権を失った士族への授産という性格が濃く、計画的な馬の品種改良には至っていない。体系的な馬産が開始されるのは明治中期のことである。1894年(明治27年)の日清戦争、1899年(明治32年)の義和団の乱、1904年(明治37年)の日露戦争に際し、陸軍は軍馬として在来種を中心とした日本産馬を大陸に連れて行き、西洋の馬との差を痛感することになる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た姫路競馬場

    また、川崎競馬場や姫路競馬場の様に、小回りながら急なコーナーと長い直線という組み合わせの競馬場では、小回り適性・急コーナーに対する適性と直線の末脚の両方が要求される。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た大井競馬場

    持ち回りで開催される南関東地方競馬の4場では、大井競馬場だけが右回りであるため、大井巧者や逆に大井下手と呼ばれる馬が存在する。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た出産

    ウマの妊娠期間は約330日で、それ以上の例もある。出産時期は2?6月頃である。生まれた仔馬は出産から約6ヶ月で母馬から強制的に引き離される(これを「離乳」もしくは「子別れ(仔別れ)」と呼ぶ)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た朝日杯フューチュリティステークス

    かつての中央競馬では中長距離のレースで活躍する馬が評価される傾向が強く、グレード制導入以前は八大競走の中で1600mのレースは桜花賞のみであった。1984年にグレード制が導入された際に安田記念とマイルチャンピオンシップがGIに格付けされたことで、初めてマイラーに大きな活躍の舞台が与えられた。その後は1996年にNHKマイルカップが3歳のチャンピオンマイラー決定戦として、また、2006年にヴィクトリアマイルが古馬牝馬のチャンピオンマイラーを決定するGIレースとして創設されるなど、マイラーの活躍の場は増加しつつある。また、2歳馬のチャンピオンを決めるレースが中山競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが、阪神競馬場で牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズがそれぞれ1600mで行われている。また2012年には中京競馬の開催時期変更等により夏競馬にサマーマイルシリーズも創設された。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たサル

    全体の総重量と比較して、脳の比率が馬よりも高い生物には、ヒト、イヌ、サル、ネコなどがいる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た貧血

    馬伝染性貧血 - ウイルス感染によって発症する貧血症。ウイルスの特性上ワクチンが作れないため治療法が存在せず、陽性馬は感染拡大防止という防疫上の観点から摘発淘汰(殺処分)する規定になっていることから、馬にとっては致命的な疾病の一つ。現在の日本は清浄国で、この病気は存在しないが、過去には競馬場厩舎地区での集団感染により競走馬の大量殺処分などの事態が発生した事がある。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たヴィクトリアマイル

    かつての中央競馬では中長距離のレースで活躍する馬が評価される傾向が強く、グレード制導入以前は八大競走の中で1600mのレースは桜花賞のみであった。1984年にグレード制が導入された際に安田記念とマイルチャンピオンシップがGIに格付けされたことで、初めてマイラーに大きな活躍の舞台が与えられた。その後は1996年にNHKマイルカップが3歳のチャンピオンマイラー決定戦として、また、2006年にヴィクトリアマイルが古馬牝馬のチャンピオンマイラーを決定するGIレースとして創設されるなど、マイラーの活躍の場は増加しつつある。また、2歳馬のチャンピオンを決めるレースが中山競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが、阪神競馬場で牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズがそれぞれ1600mで行われている。また2012年には中京競馬の開催時期変更等により夏競馬にサマーマイルシリーズも創設された。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た商標

    例外?馬主自身の名称や商標については冠名として認められる(「オンワード」・「サクラ」・「ニホンピロ(ー)」など)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た八戸市

    明治時代、政府による近代的な産業振興策に基づいて、日本国内では官民による洋式の牧場が各地に開設された。これらの牧場のうち著名なものとしては、内務大臣大久保利通が旧幕府の佐倉牧の取香牧を改良して岩山敬義に監督させた下総御料牧場、北海道開拓使黒田清隆がエドウィン・ダンを顧問に日高に拓いた新冠牧場(後の新冠御料牧場)、三菱財閥が岩手に開設した小岩井農場、八戸に追放された会津藩士・廣澤安任が1872年(明治5年)に興した青森の広沢牧場などが挙げられる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

325件中 41 - 50件表示

「競馬の次走情報」のニューストピックワード