325件中 51 - 60件表示
  • 競走馬

    競走馬から見た高等学校

    競走馬の育成や、農業系学科の教育機関(高校・大学)の実習などに従事する使役馬競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た競走馬の血統

    なお、競走馬の血統や配合に関する事柄については、競走馬の血統を参照のこと。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た投票券 (公営競技)

    2001年にニュージーランドで生まれた香港所属の「アルマダ」(Armada。以下、香港のアルマダ)が2008年の安田記念に出走して2着となった直後、日本で2006年に生まれた牡馬に同じ名が付けられ競走馬登録された。「アルマダ」が国際保護馬名に該当しないために起こったもので、2009年に香港のアルマダが安田記念への出走を決めた際に、2頭をどう区別するかが問題となった。対応策として、2009年の安田記念にて発券された香港のアルマダの単勝・複勝・応援馬券には、「アルマダ(NZ)」と生産国の略号が加えられた。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たカネヒキリ

    日本では芝とダート、2種類のコースによってレースが行われる。芝コースを得意とする競走馬を芝馬、ダートコースを得意とする競走馬をダート馬という。どちらのコースも得意である場合は芝ダート兼用、あるいは万能などと表現される。近年の日本では競走馬を芝あるいはダートの一方に絞って出走させる傾向が強く、芝・ダート両方でグレードワン競走を勝利するような万能馬は稀である。万能馬の例としてはアグネスデジタル(芝で天皇賞(秋)等、ダートでフェブラリーステークス等を勝利)などが挙げられる。また、芝コースでの成績が伸び悩んでいた馬が、ダート転向した結果適性が見出されて大成するというケースも少なくなく、中にはホクトベガ、アドマイヤドン、カネヒキリのように、ダートのトップホースにまで上り詰める事例もある。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たドーピング

    ドーピング、すなわち競走成績を向上させる目的で薬物を競走馬に投与する行為は近代競馬が行われるようになった当初から行われていたとされる。古典的なドーピングの手法としてはアルコールやカフェイン、覚醒剤などの投与が挙げられる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たマイネルキッツ

    ステイヤー(stayer)とは、長距離レースを得意とする競走馬のことである。2800m以上の距離が長距離とされる。概して3歳秋以降に頭角を現す晩成型の馬が多い(代表馬:デルタブルース・マイネルキッツ)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たシンボリルドルフ

    また、同じく無敗の中央競馬クラシック三冠を達成したシンボリルドルフは、東京優駿において鞍上の岡部幸雄がレース終盤に馬の反応があまりにも悪かったために焦って早めにしかけたものの反応せず、鞭を入れてもそ知らぬ顔をしていたという。ところが直線に入ったとたん突然の猛スパートをかけ、見事に優勝した。後日岡部は、ルドルフがスパートをかけた時に「しっかり捕まっていろ」とルドルフが言った気がした、と語っている。この経験から、岡部は「ルドルフに競馬を教えてもらった」と語っている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た産駒

    競走馬が引退する時期については、種牡馬や繁殖牝馬としての期待の大きさや健康状態、馬主の意向などさまざまな要因が作用する。なお、現在の日本においては、競走生活を引退した後に種牡馬または繁殖牝馬として産駒を生み出した馬が、再び競走馬となることはできない(過去には、かなり昔のケースではあるがヒサトモや、オンワードゼアの様な例がある)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たナポレオン3世

    江戸時代、欧州ではいわゆるサラブレッド生産と現代式の競馬が体系化・整備された時期を迎え、鎖国下の日本にも僅かに欧州産の血統管理された馬が輸入された。著名な例としては、1863年(文久3年)に、フランス皇帝ナポレオン3世から徳川家茂に贈呈された26頭の駿馬がいる。このときの1頭である牝馬の高砂は孕仔の吾妻を産む。吾妻の子孫は明治全期を通じて大いに繁栄し、13頭の帝室御賞典競走の勝ち馬を出したほか、1955年(昭和30年)の最良アラブに選出されたタツトモや1999年(平成11年)NARアラブ系最優秀3歳馬ハッコーディオスをはじめ昭和、平成の時代も活躍馬を輩出し、現在でも地方競馬の重賞勝馬を出している。しかしながら26頭のうちのほとんどは、間もなく戊辰戦争になり、その後は明治政府関係者が私物化してしまい、国産馬の改良には寄与しなかった。この時代には、このような名駿が日本に持ち込まれたにもかかわらず、欧州式の馬産・品種改良の方法論は導入されなかった。近代的な馬産が行われるには、その後を待たねばならない。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たシンゲン

    例外?著名人では「リンカーン」「シャラポワ」「ペリー」「シンゲン」などフルネームでない場合や、著作権に触れないフルタイトルでない作品名(あるいは、その作品の登場キャラクター)、冠名を伴う馬名は認められることがある。1980年代半ばに「プリンセスナウシカ」、1990年代には「サザンシルフィード」(漫画『風のシルフィード』の「サザンウィンド」と「シルフィード」から引用された)、2000年代には阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬「テイエムプリキュア」など、その時代のヒット作を感じさせる馬名も存在した。競走馬 フレッシュアイペディアより)

325件中 51 - 60件表示

「競馬の次走情報」のニューストピックワード