325件中 61 - 70件表示
  • 競走馬

    競走馬から見た川崎競馬場

    また、川崎競馬場や姫路競馬場の様に、小回りながら急なコーナーと長い直線という組み合わせの競馬場では、小回り適性・急コーナーに対する適性と直線の末脚の両方が要求される。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た皐月賞

    なお、1982年までは2歳時であれば1回に限り、初出走後も馬名を変更することができた。主な例としてトキノミノル(旧名:パーフェクト)、ダイナナホウシュウ(旧名:タマサン)などが挙げられる。また、戦前であるが1942年皐月賞優勝馬・アルバイトが、トレードの際に馬名をクリヒカリに変え、翌年(1943年)の天皇賞(秋)を制した例がある。さらには初出走後に中央競馬から地方競馬、または地方競馬から中央競馬に移籍した際にも馬名の変更が認められていたが、中央競馬では1982年8月以降は同名馬がいた場合などの例外を除いてできなくなり、地方競馬においても2010年現在は認められていない。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た大学

    競走馬の育成や、農業系学科の教育機関(高校・大学)の実習などに従事する使役馬競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たダイワメジャー

    疝痛 - 俗に腹痛とよばれるものである。原因は様々であり、主として胃や腸など消化器系の内臓異常・疾病で発生する。代表的な疾患としては過食疝・便秘疝・風気疝・寄生疝・痙攣疝・血栓疝・変位疝などがある。馬は一度食べたものを嘔吐できない身体的構造を伴うので、胃腸に食物・消化物がつまりやすい。その結果、胃破裂などを引き起こす(ナリタブライアンがこのケース)。また腸ねん転の場合、非常に危険であるので開腹手術など早急な措置が求められる。また、馬がくっさく・グイッポ(馬房にある馬栓棒などを噛んでしまうクセ。空気を飲み込んでしまうので止めるよう調教される)などをしてしまって空気を飲むことでも発生する。馬はデリケートであるため、緊張のあまりひきおこすこともあるようだ(ダイワメジャー)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たマイルチャンピオンシップ

    かつての中央競馬では中長距離のレースで活躍する馬が評価される傾向が強く、グレード制導入以前は八大競走の中で1600mのレースは桜花賞のみであった。1984年にグレード制が導入された際に安田記念とマイルチャンピオンシップがGIに格付けされたことで、初めてマイラーに大きな活躍の舞台が与えられた。その後は1996年にNHKマイルカップが3歳のチャンピオンマイラー決定戦として、また、2006年にヴィクトリアマイルが古馬牝馬のチャンピオンマイラーを決定するGIレースとして創設されるなど、マイラーの活躍の場は増加しつつある。また、2歳馬のチャンピオンを決めるレースが中山競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが、阪神競馬場で牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズがそれぞれ1600mで行われている。また2012年には中京競馬の開催時期変更等により夏競馬にサマーマイルシリーズも創設された。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たマイラーズカップ

    1968年の金鯱賞を制したローエングリン(1965年生まれ、父・タリヤートス、母トサモアー)の馬名を再使用した1999年生まれのローエングリンは、中山記念やマイラーズカップなどに勝利した。なお、厩舎、馬主とも両馬との関係はなかった。このほか「コンチネンタル」「ホワイトアロー」などの馬名が再使用されている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た東京優駿

    日本調教馬も前出の対象競走優勝馬のほかに、一部の東京優駿の優勝馬(例:SHINZAN、TAKE HOPEなど)や著名馬(HAISEIKO)などが登録されている。また2006年度時点のリストには、KATSURANO HAISEIKO、OPEC HORSE(ともに東京優駿優勝馬)が登録されている一方で、St.Lite(1941年の三冠馬)、NARITA BRIAN(1994年の三冠馬)やOGURI CAP(顕彰馬)が未登録など必ずしも一貫して申請・登録されてはいない。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た日本中央競馬会

    日本中央競馬会(JRA)には、かつては生産者から自らが購入し、育成した後に抽選で馬主に販売する、という抽せん馬の制度もあった。現在は法改正に基づきこれを改める形で、購入して自ら育成した後に競り市で販売するという制度を行っており、ピンフッカー的なものに移行しているといえる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た馬場状態

    競走馬の中には降雨や降雪によって悪化した馬場状態(不良馬場と呼ばれる)での競走を得意とするものがいる。そのような競走馬を道悪巧者、重巧者、不良巧者などと表現する。また、馬場状態がよくとも芝が踏み荒らされているなど、悪条件での競走を得意とする競走馬もいる。逆にこのような不良馬場や荒れた馬場を苦手とする馬も多く存在し、グレードワン競走を多数勝利するような超一流馬でも、不良馬場では力を発揮出来ずに格下相手に惨敗することも珍しくない。このような馬場状態に関する適性については、蹄の形状・馬自身の性格(泥等が顔に掛かるのを嫌う等)・走法等が影響していると言われ、不良馬場を得意・苦手とする血統も存在する。一般に芝の場合、馬場が悪化すると"脚抜け"が悪くなってより多くのパワーが必要とされ、走破時計が遅くなる。逆にダートの場合は馬場が悪化すると"脚抜け"が良くなり、より多くのスピード・瞬発力が必要とされ、走破時計が速くなる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た裂蹄

    裂蹄 - 蹄壁の一部が裂けた状態の総称で蹄の乾燥や強い衝撃によりおきる。部位によって蹄尖裂、蹄側裂、蹄踵裂、蹄支裂、蹄底裂、蹄叉裂に分けられ、蹄冠部から分裂したものを蹄冠裂、蹄負縁から分裂したものを負縁裂、蹄冠から蹄負縁まで達するものを前裂という。亀裂の浅いものは表層裂、知覚部に達するものは深層裂とに分類される。競走馬 フレッシュアイペディアより)

325件中 61 - 70件表示

「競馬の次走情報」のニューストピックワード