309件中 71 - 80件表示
  • 競走馬

    競走馬から見た競走馬の血統

    なお、競走馬の血統や配合に関する事柄については、競走馬の血統を参照のこと。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たヒツジ

    これらの牧場では、乳牛・肉牛・綿羊・肉豚などと並び、乗用馬、貨車用馬、農耕馬など様々な目的で様々な品種の馬が輸入され、血統のはっきりしない在来種、洋種(前述の濠サラなど)、血統のはっきりしているアラブ、アングロノルマン、アングロアラブ、ギドラン、ハクニー、トロッターらに混じってサラブレッドが繋養されているといった状態で、これらの交配によって雑種も生産された。この時代にはサラブレッド種牡馬・種牝馬の数が絶対的に不足していたこともあり、競走用のサラブレッドの生産が本格化するのはもう少し先のことで、さまざまな種の雑種の生産や育成を通じて西洋式の馬産の方法技術を模索していた時期と言える。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た特許

    特許は存在するが商標登録されていない物や、商標登録されていたのが期限が切れて更新しなかった商標の普通名称化された物(普通名詞になったもの)は、認められることがある。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たウマ

    競走馬(きょうそうば)は、競走用に改良された。競馬の競走に用いられる馬の総称。以下、競走馬に関するさまざまな事柄に関して記述する。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たマルマンプロダクツ

    戦後しばらくまではこの規制はなく、「ヒヤキオーガン」や「マルマンガスライタ」という商標そのままの馬も実在した。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た三菱財閥

    明治時代、政府による近代的な産業振興策に基づいて、日本国内では官民による洋式の牧場が各地に開設された。これらの牧場のうち著名なものとしては、内務大臣大久保利通が旧幕府の佐倉牧の取香牧を改良して岩山敬義に監督させた下総御料牧場、北海道開拓使黒田清隆がエドウィン・ダンを顧問に日高に拓いた新冠牧場(後の新冠御料牧場)、三菱財閥が岩手に開設した小岩井農場、八戸に追放された会津藩士・廣澤安任が1872年に興した青森の広沢牧場などが挙げられる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た日本ピローブロック

    例外 - 馬主自身の名称や商標については冠名として認められる(「オンワード」・「サクラ」・「ニホンピロ(ー)」など)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たオンワード樫山

    例外 - 馬主自身の名称や商標については冠名として認められる(「オンワード」・「サクラ」・「ニホンピロ(ー)」など)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たさくらコマース

    例外 - 馬主自身の名称や商標については冠名として認められる(「オンワード」・「サクラ」・「ニホンピロ(ー)」など)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たメジロ牧場

    主にセリ市で用いられる幼名については現在は「母の名前+誕生年」のパターンがほとんどで、縁起を担ぐために「ハツラツ」と言う名を与えられたオグリキャップのような例はまれとなっているが、血統名でも同様の例がある(「松風」 など)。メジロ牧場では母親の名前から一字取り、なおかつ、毎年違う漢字を一字付けて幼名にしている(メジロドーベルの子にはすべて「飛」の文字が入っている)。また幼名をそのまま競走馬名にする場合もまれにある(「クサタロウ」や「オグリワン」など)。また、幼名と繁殖名が同じで、競走馬名だけ異なる馬も存在する(「クリフジ〈年藤〉」など)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

309件中 71 - 80件表示