325件中 71 - 80件表示
  • 競走馬

    競走馬から見たブタ

    これらの牧場では、乳牛・肉牛・綿羊・肉豚などと並び、乗用馬、貨車用馬、農耕馬など様々な目的で様々な品種の馬が輸入され、血統のはっきりしない在来種、洋種(前述の濠サラなど)、血統のはっきりしているアラブ、アングロノルマン、アングロアラブ、ギドラン、ハクニー、トロッターらに混じってサラブレッドが繋養されているといった状態で、これらの交配によって雑種も生産された。この時代にはサラブレッド種牡馬・種牝馬の数が絶対的に不足していたこともあり、競走用のサラブレッドの生産が本格化するのはもう少し先のことで、さまざまな種の雑種の生産や育成を通じて西洋式の馬産の方法技術を模索していた時期と言える。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たNHKマイルカップ

    かつての中央競馬では中長距離のレースで活躍する馬が評価される傾向が強く、グレード制導入以前は八大競走の中で1600mのレースは桜花賞のみであった。1984年にグレード制が導入された際に安田記念とマイルチャンピオンシップがGIに格付けされたことで、初めてマイラーに大きな活躍の舞台が与えられた。その後は1996年にNHKマイルカップが3歳のチャンピオンマイラー決定戦として、また、2006年にヴィクトリアマイルが古馬牝馬のチャンピオンマイラーを決定するGIレースとして創設されるなど、マイラーの活躍の場は増加しつつある。また、2歳馬のチャンピオンを決めるレースが中山競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが、阪神競馬場で牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズがそれぞれ1600mで行われている。また2012年には中京競馬の開催時期変更等により夏競馬にサマーマイルシリーズも創設された。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た厩舎

    競走馬として登録され、デビューに備えて管理にあたる調教師の厩舎(トレーニングセンター)に預けられる。入厩の時期は一般に2歳の春から夏にかけてである。なお、競走に出走するまでに競走馬名が決定する(それ以前は幼名を用いたりする)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た桜花賞

    かつての中央競馬では中長距離のレースで活躍する馬が評価される傾向が強く、グレード制導入以前は八大競走の中で1600mのレースは桜花賞のみであった。1984年にグレード制が導入された際に安田記念とマイルチャンピオンシップがGIに格付けされたことで、初めてマイラーに大きな活躍の舞台が与えられた。その後は1996年にNHKマイルカップが3歳のチャンピオンマイラー決定戦として、また、2006年にヴィクトリアマイルが古馬牝馬のチャンピオンマイラーを決定するGIレースとして創設されるなど、マイラーの活躍の場は増加しつつある。また、2歳馬のチャンピオンを決めるレースが中山競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが、阪神競馬場で牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズがそれぞれ1600mで行われている。また2012年には中京競馬の開催時期変更等により夏競馬にサマーマイルシリーズも創設された。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た盛岡競馬場

    また地方競馬の東京大賞典は1997年までは2800mで、盛岡競馬場では2007年に3000mの競走が施行されていた。ダートの盛んなアメリカ合衆国でも同様であり、ブリーダーズカップ・マラソンがある程度である。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た

    日本ではとダート、2種類のコースによってレースが行われる。芝コースを得意とする競走馬を芝馬、ダートコースを得意とする競走馬をダート馬という。どちらのコースも得意である場合は芝ダート兼用、あるいは万能などと表現される。近年の日本では競走馬を芝あるいはダートの一方に絞って出走させる傾向が強く、芝・ダート両方でグレードワン競走を勝利するような万能馬は稀である。万能馬の例としてはアグネスデジタル(芝で天皇賞(秋)等、ダートでフェブラリーステークス等を勝利)などが挙げられる。また、芝コースでの成績が伸び悩んでいた馬が、ダート転向した結果適性が見出されて大成するというケースも少なくなく、中にはホクトベガ、アドマイヤドン、カネヒキリのように、ダートのトップホースにまで上り詰める事例もある。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たヒツジ

    これらの牧場では、乳牛・肉牛・綿羊・肉豚などと並び、乗用馬、貨車用馬、農耕馬など様々な目的で様々な品種の馬が輸入され、血統のはっきりしない在来種、洋種(前述の濠サラなど)、血統のはっきりしているアラブ、アングロノルマン、アングロアラブ、ギドラン、ハクニー、トロッターらに混じってサラブレッドが繋養されているといった状態で、これらの交配によって雑種も生産された。この時代にはサラブレッド種牡馬・種牝馬の数が絶対的に不足していたこともあり、競走用のサラブレッドの生産が本格化するのはもう少し先のことで、さまざまな種の雑種の生産や育成を通じて西洋式の馬産の方法技術を模索していた時期と言える。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たウマ

    競走馬(きょうそうば)は、競走用に改良された。競馬の競走に用いられる馬の総称。以下、競走馬に関するさまざまな事柄に関して記述する。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た三菱財閥

    明治時代、政府による近代的な産業振興策に基づいて、日本国内では官民による洋式の牧場が各地に開設された。これらの牧場のうち著名なものとしては、内務大臣大久保利通が旧幕府の佐倉牧の取香牧を改良して岩山敬義に監督させた下総御料牧場、北海道開拓使黒田清隆がエドウィン・ダンを顧問に日高に拓いた新冠牧場(後の新冠御料牧場)、三菱財閥が岩手に開設した小岩井農場、八戸に追放された会津藩士・廣澤安任が1872年(明治5年)に興した青森の広沢牧場などが挙げられる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た社台スタリオンステーション

    例えば引退後に社台スタリオンステーションにて繋養されていたエルコンドルパサーは、冬に道が凍結していた時にその道で足を滑らせ、怪我は無かったものの転倒してしまった。それからというもの彼は、冬場にその道を通行する際には非常に注意深く歩くようになったという。さらに夏場でも、撒いた水で道路がキラキラと光っているのを見て非常におびえ、ひどいときは恐怖のあまりひざをついてしまうこともあったらしい。競走馬 フレッシュアイペディアより)

325件中 71 - 80件表示

「競馬の次走情報」のニューストピックワード