1147件中 41 - 50件表示
  • トン・ピョウ

    トン・ピョウから見た調教師調教師

    祖父・父親ともに、香港で競馬の調教師であり、董驃も父親の経営する厩舎兼住居で産まれた。8歳で乗馬の訓練を始め、13歳で競走馬の調教を開始した後は、シンガポールやイギリスで騎手として騎乗していた。トン・ピョウ フレッシュアイペディアより)

  • ホッカイドウ競馬

    ホッカイドウ競馬から見た調教師調教師

    1961年:日本初の女性調教師が誕生した。札幌市月寒にあった「道営札幌競輪」がこの年廃止され、その影響もあり道営競馬の売り上げが大幅に増加した。ホッカイドウ競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ホクトベガ

    ホクトベガから見た調教師調教師

    ここで調教師の中野はある賭けに打って出る。という中野のレースプランは、4コーナーまで中段よりやや後ろの馬群内側で我慢して足を溜めて、内側が空いた瞬間にラストスパートを掛ける。これはかつて中野が管理したグリーングラスが菊花賞を制した際の作戦をほとんどそのまま踏襲したものであったが、実際のレースではこの作戦が見事にはまり、ホクトベガはレース終盤4コーナーで最内を強襲、そのまま伸びて勝利を収めた。ホクトベガ フレッシュアイペディアより)

  • 小野次郎 (競馬)

    小野次郎 (競馬)から見た調教師調教師

    小野 次郎(おの じろう、1970年8月1日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属の調教師、元騎手。小野次郎 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 大崎昭一

    大崎昭一から見た調教師調教師

    記者の質問に対して弱気のコメントをすることが多く「泣きの昭ちゃん」と言われたが、レースでは厳しく大胆な騎乗ぶりで東京優駿(日本ダービー)、有馬記念をそれぞれ2勝するなど名手として活躍した。しかし、度重なる落馬事故により満身創痍であった。また、1985年の新潟事件(後述)による影響が非常に大きく、多くの騎乗機会を失ってしまった。1999年引退。中央競馬通算970勝(うちGI級レース8勝)。実子の大竹正博は日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属の調教師である(2008年調教師免許試験合格、2009年3月1日新規開業)。大崎昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹正博

    大竹正博から見た調教師調教師

    大竹 正博(おおたけ まさひろ、1969年12月30日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 所属の調教師(美浦トレーニングセンター)、元調教助手、元厩務員。麻布大学獣医学部卒業。東京都出身。旧姓・大崎 正博(おおさき まさひろ)。大竹正博 フレッシュアイペディアより)

  • 田原成貴

    田原成貴から見た調教師調教師

    田原 成貴(たばら せいき、1959年1月15日 - )は日本中央競馬会に所属した騎手、調教師田原成貴 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋三郎

    高橋三郎から見た調教師調教師

    高橋 三郎(たかはし さぶろう、1944年8月18日 - )は大井競馬場に所属している元騎手の調教師である。所属騎手は矢野貴之。高橋三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中山グランドジャンプ

    中山グランドジャンプから見た調教師調教師

    郷原洋行が調教師として史上初の連覇。中山グランドジャンプ フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンカップ

    ジャパンカップから見た調教師調教師

    外国から当競走に出走する場合には競走馬の輸送費、滞在に要する厩舎や飼料にかかる費用、馬主、調教師、騎手、厩務員(馬主、調教師、騎手についてはその配偶者も含む)の交通費や宿泊費はJRAが全額負担する。このような遠征に要する諸費用の負担を外国からの全出走馬に行う競走(招待競走)は日本ではこのほかにジャパンカップダートがある。世界ではドバイミーティング(ドバイワールドカップなど)、香港国際競走がある。ジャパンカップ フレッシュアイペディアより)

1147件中 41 - 50件表示

「競馬の調教師」のニューストピックワード