1172件中 61 - 70件表示
  • 小西喜蔵

    小西喜蔵から見た調教師調教師

    小西 喜蔵(こにし きぞう、1908年7月17日 - 1989年7月28日)は、日本の騎手(新潟競馬倶楽部、東京競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬)、調教師。(国営競馬、日本中央競馬会)。小西喜蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹正博

    大竹正博から見た調教師調教師

    大竹 正博(おおたけ まさひろ、1969年12月30日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 所属の調教師(美浦トレーニングセンター)、出走登録師、元調教助手、元厩務員。麻布大学獣医学部卒業。東京都出身。旧姓・大崎 正博(おおさき まさひろ)。大竹正博 フレッシュアイペディアより)

  • スクリーンヒーロー

    スクリーンヒーローから見た調教師調教師

    療養中の2008年3月、矢野進調教師の定年退職により鹿戸雄一厩舎へ移籍。8月の支笏湖特別(札幌、芝2600m)でおよそ1年ぶりに復帰し、1番人気で勝利を挙げる。続く2戦はいずれも2着に敗れるが、格上挑戦で挑んだ11月9日のアルゼンチン共和国杯で重賞初勝利を挙げた。スクリーンヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • レスター・ピゴット

    レスター・ピゴットから見た調教師調教師

    父親が調教師をしており、4歳の頃から乗馬を始める。1948年に12歳でデビューすると、2年後の1950年には重賞初勝利を挙げ、見習騎手チャンピオンを獲得する。「ワンダー・ボーイ」、「(1954年引退の)ゴードン・リチャーズの再来」と称えられ、1954年にはネヴァーセイダイに騎乗し、18歳でエプソムダービーに初勝利する。19歳のときには名調教師ノエル・マーレスの主戦騎手となり、プチトエトワールで1959年のエプソムオークスに勝利した。レスター・ピゴット フレッシュアイペディアより)

  • 優駿 (小説)

    優駿 (小説)から見た調教師調教師

    オラシオンの調教師優駿 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 田原成貴

    田原成貴から見た調教師調教師

    田原 成貴(たばら せいき、1959年1月15日 - )は、日本中央競馬会に所属した元騎手、調教師。後に競馬評論家となった。田原成貴 フレッシュアイペディアより)

  • 田中剛

    田中剛から見た調教師調教師

    田中 剛(たなか つよし、1961年2月13日 - )は、東京都出身の騎手、調教師。JRA、美浦トレーニングセンター所属。田中剛 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た調教師調教師

    競走馬用のウマは当初は生産者が所有するが、やがて馬主によって購入される。一般的な時期は生まれた直後から2歳にかけてである。購入方法はセリ市(セール)による場合と、生産者と馬主の直接取引(庭先取引という)による場合とがある。欧米ではセリ市での取引が主流である。馬によっては引き続き生産者自身が馬主となり、競走に出走させる場合もある。購入に関しては馬主や生産者と関係が深い調教師や家畜商が仲介したり斡旋したりする場合も多い。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • ホッカイドウ競馬

    ホッカイドウ競馬から見た調教師調教師

    1961年:日本初の女性調教師が誕生。ホッカイドウ競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ヒサトモ

    ヒサトモから見た調教師調教師

    ヒサトモ(繁殖名:久友)は日本の競走馬。1937年の東京優駿大競走(現在の東京優駿(日本ダービー))において牝馬として初めての優勝を達成したが、不遇の晩年を送り悲劇の名牝と呼ばれた。ほかの勝ち鞍に1938年秋の帝室御賞典など。管理調教師および主戦騎手は中島時一。半兄に種牡馬として成功した月友(父マンノウォー)がいる。1984年の優駿牝馬(オークス)優勝馬トウカイローマン、顕彰馬トウカイテイオーらの牝祖としても知られる。ヒサトモ フレッシュアイペディアより)

1172件中 61 - 70件表示

「競馬の調教師」のニューストピックワード