1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 調教師

    調教師から見た廃業

    厩舍経営の厳しい現在では、所属馬の成績不振や馬主・競走馬の確保難による収入減によって厩舍運営が立ち行かなくなる事も見られ、実態としては経営破綻に等しい形で調教師免許を返上し、事実上の廃業を余儀なくされるケースも見られる。この場合、定年よりも前の段階で自ら調教師免許を返上し勇退する。過去には理由として「健康面の都合」と公表されていたことがある。なお、JRAでは65歳を迎えた調教師が引退または勇退した場合、慰労金が支給される。一方で1996年3月に開業したものの、13年後の2009年2月に56歳で勇退した岩城博俊は、他厩舎の調教助手として引き続き競馬界に携わっている。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た日本

    調教師(ちょうきょうし)とは、競馬において厩舎を運営し競走馬を管理することを業とする者のことである。日本の現場では、俗に騎手を逆にした手騎(テキ)と呼ばれている。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た競馬法

    日本では競馬法第23条により、農林水産大臣の認可を受け日本中央競馬会と地方競馬全国協会が調教師試験の施行および免許を交付している。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た畜産学部

    中央競馬の調教師免許試験では年に5人から8人ほどというのが通例である。そのため、しばしば合格率が1割にも満たない難関となる。学科試験が免除されていた1000勝以上の勝ち星がある騎手を除けば合格者は騎手・調教師・生産者の血縁者や畜産学部出身者が多数を占める。だが、中には大学の馬術部出身者や畑違いの仕事から転職しての合格者も存在する。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た中央競馬

    日本で調教師になろうとする者は中央競馬では日本中央競馬会から、地方競馬では地方競馬全国協会から、それぞれ調教師免許を取得することが必要である。この2つの免許は異なるものである。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た農林水産大臣

    日本では競馬法第23条により、農林水産大臣の認可を受け日本中央競馬会と地方競馬全国協会が調教師試験の施行および免許を交付している。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た勇退

    しかし、中央競馬では総馬房数が限られているにもかかわらず高齢の調教師が引退しないために世代交代がうまく進まず、調教師試験の合格率が5%前後にまで落ち込むなど旧来の制度の弊害が顕著に表れた。そのため、日本調教師会の提案により1989年2月28日から調教師の70歳定年制が導入された。ただし当時は70歳を超える調教師が多数であったため1999年までは経過期間とされ、要件どおりの制度運用が開始されたのは2000年以降である。この制度により、稲葉幸夫、二本柳俊夫、大久保房松といった数多くのベテラン調教師が勇退した。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見たトレーニングセンター

    日本において、調教師が調教師業を始めるにあたっては免許の他に、馬房(馬を飼育する施設)が必要である。馬房は主催者から貸与されているもののみが使用できる。自分の資金で独自に馬房などの設備を構えて開業することは認められていない。馬房は競馬場もしくはトレーニングセンターと呼ばれる場所に存在する。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た人脈

    なお、調教師免許取得者は、免許取得からいくらかの期間をすでに開業している調教師の下で研修を積むのが通例である。中央競馬ではこの期間の肩書は「技術調教師」と呼ばれている。この期間に馬主との人脈を確保し、開業時の管理競走馬を確保する準備期間も兼ねている。通常、免許所得年は技術調教師として研修し、翌年の3月1日付で開業するケースがでほとんどであったが、近年は、業績悪化に伴い調教師が定年を待たずして勇退するケースも多々見られる事で空き馬房が発生し、新規調教師免許の合格発表からほとんど日を得ず、3月1日の免許交付と同時に開業するケースも見られる様になった(このため、以前は2月中旬に新規調教師免許の合格者が発表されていたが、最近は12月初旬に合格が発表されている)。調教師 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示