前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • 競馬

    競馬から見た騎手

    競馬(けいば、)は、騎手の乗った馬により競われる競走競技、およびそれの着順を予想する賭博である。イギリスを発祥とする近代競馬は多くの国々で開催されており、その多くは勝馬投票券の販売とセットの興業として行われている。しばしば、「スポーツオブキングス(The Sport of Kings)」の渾名で形容される。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た投票券 (公営競技)

    100倍を超える配当はかつてはあまり目にすることのないものであったが、2002年(平成14年)に誕生した馬番号三連勝複式(3連複)や、2004年に誕生した三連勝単式(3連単)の登場によりその機会は飛躍的に増大し、逆に100倍を超えないことが稀となっている。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た重賞

    特別競走の中でも特に賞金が高額で歴史と伝統・競走内容等を考慮し、重要な意義を持つ競走として 重賞が行われる。さらに各重賞競走の役割と重要性を広く認識してもらい生産界の指標としての重賞競走の位置づけを明確にするため、グループ制(日本を含む一部の国ではグレード制)によってG1、G2、G3に分類される。G1は競走体系上もっとも重要な意義をもつ根幹競走、G2はG1に次ぐ主要な競走でG1の勝ち馬も比較的容易に出走できる内容をもった競走である。G3についてはG1、G2以外の競走である。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た寺山修司

    競馬は単なるギャンブルとしてだけではなく、音楽や文学、絵画や彫刻などの創作活動の主題として取り上げられたり、社会制度にも入り込んで一連の馬事文化を形成してきた。特にイギリスでは活躍した名馬の肖像画も多く残されており、その姿を現代に伝えている。日本では寺山修司らによる競馬を主題とした文芸作品もある一方、競馬漫画や競馬ゲームといったサブカルチャー作品も多く発表されている競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見たばんえい競走

    競馬は主に競馬場と呼ばれる専用の競技場で開催される。一つ一つの競い合いを「競走(race)」と呼び、一日の競馬開催でいくつかの競走が行われる。競走の種類は主に、平坦なコースを走る平地競走、障害物の飛越を伴う障害競走、繋駕車と呼ばれる車を曳いて走る繋駕速歩競走の3つからなり、他に繋駕車を曳かない速歩競走やそりを曳くばんえい競走などがある。競走では一般には騎手が馬に騎乗して一定の距離を走り、正規に最も早く決勝線に到達した馬を勝者とする。決勝線への到達は、概ね馬の鼻の先が決勝線を通過したときをもって判定されるが、ばんえい競走に限っては馬が引っ張るソリの最後部が決勝線を通過したときをもって判定される(詳細については競馬の競走を参照)。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見たばんえい競馬

    重勝式では2010年(平成22年)1月31日に開催された帯広競馬(ばんえい競馬)第8-12競走での配当1022万2930円が最高額である。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た大井競馬場

    地方競馬では2010年4月6日に開催された大井競馬第7競走(16頭立て)において15番ルドゥーテ(14番人気)→2番アーノルドツヨシ(4番人気)→13番グレイスレイラ(15番人気)の順に入り、3連単の配当が2488万720円(3360通り中3102番人気、総票数33万7137票中的中票数1票)となったのが最高額である。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た競走馬

    用いられる競走馬は平地や障害、速歩競走ではサラブレッド、サラブレッド系種、アラブ、アングロアラブ、アラブ系種の軽種馬もしくはクォーターホース、スタンダードブレッド(アメリカントロッター)等の中間種が用いられ、ばんえい競走では重種馬が用いられる。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見たノミ行為

    イギリスのブックメーカーが競馬場で発生して以来、競馬はギャンブルとのつながりが深く保たれている。しかし現在ではパリミュチュエル方式による主催者が胴元として統括する賭博が世界的な主流となっており、ブックメーカーを認可している地域はあまり多くない。日本においても洋式競馬が導入された19世紀から既に勝馬投票券(馬券)が発売されており、一方でブックメーカーはノミ行為として違法とされている。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見たブックメーカー

    イギリスのブックメーカーが競馬場で発生して以来、競馬はギャンブルとのつながりが深く保たれている。しかし現在ではパリミュチュエル方式による主催者が胴元として統括する賭博が世界的な主流となっており、ブックメーカーを認可している地域はあまり多くない。日本においても洋式競馬が導入された19世紀から既に勝馬投票券(馬券)が発売されており、一方でブックメーカーはノミ行為として違法とされている。競馬 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「競馬」のニューストピックワード