132件中 21 - 30件表示
  • 競馬

    競馬から見たばんえい競馬

    重勝式では2010年(平成22年)1月31日に開催された帯広競馬(ばんえい競馬)第8-12競走での配当1022万2930円が最高額である。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た競走馬

    用いられる競走馬は平地や障害、速歩競走ではサラブレッド、サラブレッド系種、アラブ、アングロアラブ、アラブ系種の軽種馬もしくはクォーターホース、スタンダードブレッド(アメリカントロッター)等の中間種が用いられ、ばんえい競走では重種馬が用いられる。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見たブックメーカー

    イギリスのブックメーカーが競馬場で発生して以来、競馬は賭博とのつながりが深く保たれている。しかし現在ではパリミュチュエル方式による主催者が胴元として統括する賭博が世界的な主流となっており、ブックメーカーを認可している地域はあまり多くない。日本においても洋式競馬が導入された19世紀から既に勝馬投票券(馬券)が発売されており、一方でブックメーカーはノミ行為として違法とされている。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た秋華賞

    G1競走(およびそれに類する格付けの競走)の中でも、3歳馬に対して行われる伝統のある競走をクラシックと呼ぶ。2010年現在、世界各地でクラシックと呼ばれる競走が行われているが多くの国が最初に始められたイギリスのクラシックレースを模範としている。イギリスのクラシックは全5競走であるがうち2競走は牝馬限定戦であり牡馬が出走可能な2000ギニー、ダービー、セントレジャーの3競走すべてに優勝した競走馬を三冠馬という。ただし生産上の意味合いが薄れ、また距離別の路線が体系化されたこともあって三冠の概念は形骸化している。なお、日本のクラシック競走はイギリスと同様に全5競走で、三歳牝馬路線の最終戦である秋華賞はクラシックには含まれていないが、三冠の概念は依然として重要視されている。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見たオルフェーヴル

    娯楽が多様化するに従って競馬に対する大衆の関心は薄まっていったが、時折現れるアイドルホース(大衆的な人気を得る馬)によって大衆的な関心が再燃することがある。日本での代表的な例に、20世紀のハイセイコーやオグリキャップやナリタブライアンなど、21世紀初頭のディープインパクト、オルフェーヴル、キタサンブラックなどがいる。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た帯広競馬場

    重勝式では2010年(平成22年)1月31日に開催された帯広競馬(ばんえい競馬)第8-12競走での配当1022万2930円が最高額である。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た競走馬の血統

    競馬において用いられる競走馬については17世紀後半から18世紀にかけてアラブ種やトルコ馬、バルブ馬などがイギリスへ輸入されて品種改良が行われ、やがてサラブレッドと呼ばれる品種が誕生した。サラブレッドについては1791年にジェネラルスタッドブックと呼ばれる血統書が作成され、以後その生産において血統が重視されるようになった。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見たWIN5

    重勝式では2011年(平成23年)6月26日のWIN5の配当が払戻金最高限度額の2億円となっている。この時の的中票数は3票だった。その後も2億円の配当が4回あった。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見た動物虐待

    競馬は馬を使役し、特に競走などで鞭を打つことから、動物虐待にあたるとして長らくPETAなどの動物愛護団体より非難の対象に挙げられている。それらの団体の多くは、馬の飼育環境や騎乗することそのものを馬の意思に反して行われている虐待行為であると主張している。このため、一部の国・団体では鞭の使用回数に制限を設けられており、例えばイギリスでは1競走につき10回までで、それを超えると騎手に騎乗停止処分が科せられる。競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬

    競馬から見たウマ

    競馬(けいば、)は、騎手の乗ったにより競われる競走競技、およびそれの着順を予想する賭博である。イギリスを発祥とする近代競馬は多くの国々で開催されており、その多くは勝馬投票券の販売とセットの興業として行われている。競馬 フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「競馬」のニューストピックワード