前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示
  • 竹下 景子

    竹下景子から見た毎日放送

    影同心 第20話「新妻ひとり寝殺し節」(1975年、MBS竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た菅井きん菅井 きん

    JRグループ ナイスミディパス(共演:桃井かおり・菅井きん竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た宮崎美子宮崎 美子

    竹下は女子大生時代の頃から、『クイズダービー』の3代目4枠レギュラー解答者として出演、その後約16年間務め、3枠のはらたいらに次ぐ正解率だった(厳密に言えば2位は、はらの前の3枠レギュラーだった黒鉄ヒロシの6割6分2厘)。特に三択問題での正解率がはら以上に高かったため、司会の大橋巨泉からは「三択の女王」と呼ばれた。なお、竹下が二人の子息の出産時の1986年3・4月に宮崎美子(6代目2枠レギュラー)と市毛良枝が、1988年10月に原日出子がそれぞれ竹下の産休代役として4枠の席に座っている。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た原日出子原 日出子

    竹下は女子大生時代の頃から、『クイズダービー』の3代目4枠レギュラー解答者として出演、その後約16年間務め、3枠のはらたいらに次ぐ正解率だった(厳密に言えば2位は、はらの前の3枠レギュラーだった黒鉄ヒロシの6割6分2厘)。特に三択問題での正解率がはら以上に高かったため、司会の大橋巨泉からは「三択の女王」と呼ばれた。なお、竹下が二人の子息の出産時の1986年3・4月に宮崎美子(6代目2枠レギュラー)と市毛良枝が、1988年10月に原日出子がそれぞれ竹下の産休代役として4枠の席に座っている。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た市毛良枝

    竹下は女子大生時代の頃から、『クイズダービー』の3代目4枠レギュラー解答者として出演、その後約16年間務め、3枠のはらたいらに次ぐ正解率だった(厳密に言えば2位は、はらの前の3枠レギュラーだった黒鉄ヒロシの6割6分2厘)。特に三択問題での正解率がはら以上に高かったため、司会の大橋巨泉からは「三択の女王」と呼ばれた。なお、竹下が二人の子息の出産時の1986年3・4月に宮崎美子(6代目2枠レギュラー)と市毛良枝が、1988年10月に原日出子がそれぞれ竹下の産休代役として4枠の席に座っている。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た仲代達矢仲代 達矢

    竹下を映画スターに育てようと、名乗りをあげたのは三船プロの親筋にあたる東宝。用意されたのは、アイドル用のプログラムピクチャーではなく、監督岡本喜八と脚本倉本聡の両鬼才初顔合わせに仲代達矢以下のオールスターを並べたSF大作『ブルークリスマス』の主演だった。同時に同じ勝野洋とのコンビで日本テレビから『姿三四郎』も東宝製作で放映された。映画の方は世界同時大虐殺で終わるショッキングな政治SFであり、まったくの不入りに終わった。作品評価も当時は芳しくなかったことから映画女優・竹下景子の歩みは頓挫する。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た桃井かおり

    JRグループ ナイスミディパス(共演:桃井かおり・菅井きん)竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た市川森一

    1979年以降は、こうした非日常路線は軌道修正される。岡本監督『英霊たちの応援歌』への連続出演などを経て、松竹の山田洋次監督のもとで、ようやく身近な世界で優しく可憐な持ち味を発揮。『男はつらいよ』シリーズに唯一人、別々の役で三度マドンナ起用される。また『ブルークリスマス』の脚本を書いた倉本聡の『北の国から』へも起用された。岡本、山田、倉本といった巨匠に連続指名を受けたことで、女優業はひとつの軌道に乗った形となる。また、『黄金の日日』の脚本家、市川森一との協業も続く。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た手塚治虫

    手塚治虫物語 いとしき生命のために」(1990年)竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た山田洋次

    1979年以降は、こうした非日常路線は軌道修正される。岡本監督『英霊たちの応援歌』への連続出演などを経て、松竹の山田洋次監督のもとで、ようやく身近な世界で優しく可憐な持ち味を発揮。『男はつらいよ』シリーズに唯一人、別々の役で三度マドンナ起用される。また『ブルークリスマス』の脚本を書いた倉本聡の『北の国から』へも起用された。岡本、山田、倉本といった巨匠に連続指名を受けたことで、女優業はひとつの軌道に乗った形となる。また、『黄金の日日』の脚本家、市川森一との協業も続く。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示

「竹下景子」のニューストピックワード