278件中 11 - 20件表示
  • 竹下 景子

    竹下景子から見た三ツ矢雄二三ツ矢 雄二

    高校1年生の時、ラジオの深夜番組『ミッドナイト東海』のイベントに一般リスナーとして参加した際、パーソナリティを務めていた俳優の天野鎮雄にNHKの『中学生群像』(『中学生日記』の前身)を紹介され、ドラマデビューを果たす。共演した三ツ矢雄二や戸田恵子とは現在まで40年以上の親友でもある。その後、高校在学中にドラマロケで名古屋を訪れていた夏木陽介にスカウトされ、大学進学で上京すると、当時夏木が在籍していた三船プロに所属して本格的に女優として活動を始める。1972年、NHKの「明智探偵事務所」に出演、1973年、NHK『波の塔』で本格デビュー、以後多くのテレビドラマにレギュラー、ゲスト出演する。1975年、黒木和雄監督の『祭りの準備』に新人で主演した江藤潤の恋人役として出演、ヌードを披露する。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た仲代達矢仲代 達矢

    映画スターに育てようと、名乗りをあげたのは三船プロの親筋にあたる東宝。用意されたのは、アイドル用のプログラムピクチャーではなく、監督岡本喜八と脚本倉本聡の両鬼才初顔合わせに仲代達矢以下のオールスターを並べたSF大作『ブルークリスマス』の主演だった。同時に同じ勝野洋とのコンビで日本テレビから『姿三四郎』も東宝製作で放映された。映画の方は世界同時大虐殺で終わるショッキングな政治SFであり、まったくの不入りに終わった。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た藤沢周平

    「たそがれ清兵衛」三越劇場ほか(原作・藤沢周平、脚本・演出:石川耕士)竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た小幡欣治

    1980年「和宮様御留」東京宝塚劇場 1981・82年再演(原作・有吉佐和子 脚本・演出:小幡欣治竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見たジェームス三木ジェームス三木

    「花丸銀平」南座(作:ジェームス三木 演出:齋藤雅文)竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た市川森一

    『男はつらいよ』シリーズには唯一人、別々の役で三度マドンナ起用され、『北の国から』へも起用されて代表作となる。岡本、山田、倉本といった巨匠に連続指名を受けたことで、女優業はひとつの軌道に乗った形となる。市川森一との協業も続く。ただ、不思議と映画主演に縁がなく、『雨のめぐり逢い』『ブルークリスマス』『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』などはいずれも共同主役だがクレジットトップではない。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た渡辺淳一

    1983年「化粧」東京宝塚劇場 原作:渡辺淳一竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た山田洋次

    1979年以降、非日常路線は軌道修正される。『英霊たちの応援歌』への連続出演などを経て、山田洋次監督のもとで、ようやく身近な世界で優しく可憐な持ち味を発揮する。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見た倉本聡

    映画スターに育てようと、名乗りをあげたのは三船プロの親筋にあたる東宝。用意されたのは、アイドル用のプログラムピクチャーではなく、監督岡本喜八と脚本倉本聡の両鬼才初顔合わせに仲代達矢以下のオールスターを並べたSF大作『ブルークリスマス』の主演だった。同時に同じ勝野洋とのコンビで日本テレビから『姿三四郎』も東宝製作で放映された。映画の方は世界同時大虐殺で終わるショッキングな政治SFであり、まったくの不入りに終わった。竹下景子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下 景子

    竹下景子から見たハロルド・ピンター

    1988年「ハロルド・ピンター・コレクション」セゾン劇場 (演出:高平哲郎)竹下景子 フレッシュアイペディアより)

278件中 11 - 20件表示

「竹下景子」のニューストピックワード