笑点 ニュース&Wiki etc.

このページは技術的な理由により 笑点 の 2011年2月1日 (火) 09:08 (UTC) の版までを過去の履歴として分割したものです。 (出典:Wikipedia)

「笑点」Q&A

  • Q&A

    笑点大喜利で円楽が言う横浜のお爺さんとは誰の事ですか?

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月5日 20:40

  • Q&A

    笑点の司会のメガネと一緒にCMでてるおっさんは誰ですか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月5日 13:16

  • Q&A

    人に趣味や好きなことを否定されると不安になります 私は変ですか? 例えば 最近、笑…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年12月2日 17:54

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「笑点」のつながり調べ

  • 三遊亭圓彌

    三遊亭圓彌から見た笑点

    10月、8代目春風亭柳枝に入門。「枝吉」と名乗る。師匠柳枝没後は弟弟子春風亭枝女吉(現:6代目三遊亭圓窓)と共に6代目三遊亭圓生門下に移籍し、「舌生」と改名。9月、二つ目昇進し「円弥」と改名。NHK『お好み演芸会』の噺家横丁(大喜利)では「幻の噺家」(『笑点』の前身番組『金曜夜席』に短期出演していた事が由来)をキャッチフレーズにしていた。9月、真打昇進。名を「円弥」から「圓彌」に改めた。舞踊が趣味で日舞は藤間流の名取りでもあり、『七段目』は彼ならでは。(三遊亭圓彌 フレッシュアイペディアより)

  • お笑いとんち袋

    お笑いとんち袋から見た笑点

    内容は大喜利。小咄や謎かけ、替え歌、川柳等を複数の回答者が競って即興で答える。悪い回答を出した者には罰として顔に墨が塗られた。東京・新宿末廣亭の「珍芸シリーズ」(NETテレビ(現・テレビ朝日)の「日曜演芸会」)に触発され、1963年10月中席より千日劇場の余興として始まった物であり、テレビ中継が入るに当たって「とんち袋」の名が付いた。度々来阪していた柳亭痴楽の進言を採り入れたもので、最初は「インスタント笑話合戦」のタイトルで、桂米朝が司会を務め、柳亭痴楽・桂小文枝・桂小春団治・柳亭痴栄蔵・桂我太呂・桂文紅が回答者であった。その後1965年まで20回「とんち教室」「とんち笑学校」など幾つかの名前を付けて行っていた。千日劇場の余興は番組開始後の1966年よりテレビに合わせて「お笑いとんち袋」となって、1967年3月まで38回公演を行った。また、神戸国際会館で3回、名古屋大須演芸場で4回、浜松座で1回公演を行っている。司会進行を務めた米朝によれば、いつもの余興と同じメンバーが番組にもレギュラー出演をしていたが、そうしないと息が合わないとのことであった。関西地区ではこの時間、関西テレビは既に千日劇場からの舞台中継を放送していた。裏番組は毎日放送がこの番組の基になったNETテレビの「日曜演芸会」を6日遅れで「土曜演芸会」のタイトルで放送しており、朝日放送はまた看板番組でもある道頓堀角座・中座からの「道頓堀アワー」を松竹芸能と共同制作して、演芸や松竹新喜劇を放送していた。いわば、土曜昼下がりのお笑い激戦区に参入する形で開始し、同時期に開始した日本テレビの「笑点」に並ぶ大喜利番組として評価を得ていたこの番組であったが、「有力なスポンサーが付かなかった。」(米朝)、「出演者が次々と他社へ移籍して番組が成り立たなくなった。」(文紅)と言った理由で番組は2年半で打ちきりとなった。漫談の吾妻ひな子が末席に座り、ボケ役や場を収拾する役回りとして活躍した。(お笑いとんち袋 フレッシュアイペディアより)

「笑点」のニューストピックワード