前へ 1 次へ
2件中 1 - 2件表示
  • 三遊亭小圓遊 (4代目)

    三遊亭小圓遊 (4代目)から見た笑点笑点/log20110201

    1966年 - 日本テレビの演芸番組「笑点」の大喜利メンバーとなる。三遊亭小圓遊 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • こちら!カタムキテレビ制作会社

    こちら!カタムキテレビ制作会社から見た笑点笑点/log20110201

    テレビ番組制作会社を舞台にしたコント番組。涙ありと書いてあるが、感動的な話はあまり無く、殆どがギャグである。放送当時のブームを使ったネタや、トリビアの泉、笑点など、他のテレビ番組を真似してメンバーでやってみたりするパロディネタが多い。メンバーのボケに対するツッコミはほぼ全てを赤地大(柳原哲也)が行い、準レギュラーで本来はツッコミのはずのオーバードライブの緒方雅史もボケに回っている。佐堀益男(クロちゃん)がイジられるネタが多く、その際は赤地大も止めに入らずイジりに参加する。また出演者の内輪ネタの暴露もある。番組がヤマを過ぎると「とびだせ!ヤングDEゴーゴー」という松竹芸能の無名若手芸人がコントや漫才をする宣伝番組(本編とは全く関係がない)が入る。こちら!カタムキテレビ制作会社 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
2件中 1 - 2件表示

「笑点」のニューストピックワード