206件中 111 - 120件表示
  • カンジヤマ・マイム

    カンジヤマ・マイムから見た笑点笑点/log20110201

    今までになかった喋りながらのマイム芸は幅広い客層に受け入れられ、演芸場出演とともに日本テレビ系の『笑点』やNHKの『笑いがいちばん』などの演芸番組、教育テレビ(ユメディア号子ども塾)、旅番組(よみうりテレビの『遠くへ行きたい』)などに出演する。カンジヤマ・マイム フレッシュアイペディアより)

  • いつみても波瀾万丈

    いつみても波瀾万丈から見た笑点笑点/log20110201

    2007年4月1日の放送では、長年『笑点』の司会を務めた落語家・三遊亭圓楽が出演し、圓楽はこの出演をもって高座に続いてテレビ出演も引退した。収録終了後、野際から花束を渡され、長年の労をねぎらわれた。いつみても波瀾万丈 フレッシュアイペディアより)

  • ノブ&フッキー

    ノブ&フッキーから見た笑点笑点/log20110201

    笑点』(日本テレビ)や『笑いがいちばん』、『BSふれあいパーク』(共にNHK)などに出演する際にはボーイズスタイルのノブフキブラザースで出演している。ノブ&フッキー フレッシュアイペディアより)

  • 千谷沢村

    千谷沢村から見た笑点笑点/log20110201

    テレビ番組「笑点」で落語家の林家こん平が「チャーザー村」と呼んでいるのはこの千谷沢村のことである。千谷沢村 フレッシュアイペディアより)

  • ロンブー龍

    ロンブー龍から見た笑点笑点/log20110201

    伝統的に『笑点』の直前のこの時間帯では、勢いのある若手芸人をメインに起用した番組が数多く放送された。とんねるず・ナインティナインのように、この枠で人気を獲得してゴールデンタイムで冠番組を持つに至ったケースもあるため、トップクラスの芸人への登竜門の1つと言える。ロンブー龍 フレッシュアイペディアより)

  • JNN報道特集

    JNN報道特集から見た笑点笑点/log20110201

    2000年4月から30分繰り上がって17:30 - 18:24の放送となり18時台後半枠のフジテレビの長寿番組『サザエさん』と競合しなくなった替わりに、17時台後半枠で日本テレビの長寿番組『笑点』と競合し、さらに2003年からはテレビ東京の『激走!GT』も猛追するようになる。JNN報道特集 フレッシュアイペディアより)

  • 東和子・西〆子

    東和子・西〆子から見た笑点笑点/log20110201

    東和子とコンビ解消後は、主にピンで活動。「笑点」の前身番組「金曜夜席」の大喜利コーナーでの座布団運び担当などがある。松鶴家千代若・千代菊の娘であった。東和子・西〆子 フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭梅橋

    春風亭梅橋から見た笑点笑点/log20110201

    1965年(昭和40年)から日本テレビで始まった「金曜夜席」の大喜利メンバーに7代目立川談志によって抜擢される。翌年の1966年(昭和41年)に「金曜夜席」が発展解消して「笑点」となった後も、レギュラーとして引き続き出演し続けた。春風亭梅橋 フレッシュアイペディアより)

  • パックン

    パックンマックンから見た笑点笑点/log20110201

    笑点(日本テレビ)パックンマックン フレッシュアイペディアより)

  • ピンクの電話

    ピンクの電話から見た笑点笑点/log20110201

    長らくテレビでコントを披露することは無かったが2003年2月15日、3月1日放送回の『めちゃ×2イケてるッ!』内の1コーナー「笑わず嫌い王決定戦」(フジテレビ)に出演しコントを披露。その後しばらく間があき2007年4月22日に『笑点』に登場し、久しぶりに2人揃ってコントを披露した。ピンクの電話 フレッシュアイペディアより)

206件中 111 - 120件表示