206件中 151 - 160件表示
  • 三遊亭圓遊

    三遊亭圓遊から見た笑点笑点/log20110201

    真打昇進後は殆どテレビ出演しなくなり落語に専念した。それまでは日本テレビの『底ぬけ脱線ゲーム』に出演していた。一時期笑点で3代目座布団運びを務めていた。三遊亭圓遊 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹

    若竹から見た笑点笑点/log20110201

    当時圓楽が司会を務めていた『笑点』(日本テレビ)では、年に何度か若竹で公開録画が行われていた。また大喜利で「若竹の借金」がよくネタにされていたが、圓楽は生前のうちに全額返済している。若竹 フレッシュアイペディアより)

  • やじうま寄席

    やじうま寄席から見た笑点笑点/log20110201

    前番組『円歌・談志の土曜寄席』をリニューアルした寄席番組で、演芸の他、オークション・大喜利・のど自慢といった様々なコーナーで構成されている。現在も放送中の『笑点』の姉妹版的な番組。収録も『笑点』同様、後楽園ホールで行われていた。やじうま寄席 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜にぎわい座

    横浜にぎわい座から見た笑点笑点/log20110201

    初代館長は玉置宏(2010年2月11日逝去)。2010年7月より2代目館長に地元横浜市出身・在住でにぎわい座設立にも関わった、落語芸術協会会長で、『笑点』の司会者でおなじみの桂歌丸が就任。横浜にぎわい座 フレッシュアイペディアより)

  • 素人名人会

    素人名人会から見た笑点笑点/log20110201

    日本のテレビ放送での演芸公開番組では、2009年に『笑点』(日本テレビ)に塗り替えられるまでは最長寿番組であった。素人名人会 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓歌

    三遊亭圓歌から見た笑点笑点/log20110201

    歌奴時代、黎明期のテレビ演芸番組に多く出演し、1960年代の演芸ブームでは売れっ子芸人の一人に目される。一時期「笑点」の大喜利メンバーとして出演していた。1967年に御前公演をした。この頃に自作の「授業中」で人気を博したことから、この時代の世代からは圓歌襲名後も「歌奴」と呼ばれることがあるという。三遊亭圓歌 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌メディアパーク・スピカ

    札幌メディアパーク・スピカから見た笑点笑点/log20110201

    日本テレビ系 「笑点」公開収録札幌メディアパーク・スピカ フレッシュアイペディアより)

  • 脊山麻理子

    脊山麻理子から見た笑点笑点/log20110201

    笑点」正月(個人戦)・8月(男女対抗戦)恒例のアナウンサー大喜利へは、一度も出演することなく退社している(2011年1月現在在職の女性アナは、後輩が全員出演。先輩で脊山の直近だと山本舞衣子が未出演)。脊山麻理子 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田填一郎

    吉田填一郎から見た笑点笑点/log20110201

    1969年に日本テレビのアナウンサーとして入社して以来、プロ野球とゴルフを中心としたスポーツ中継アナウンサー一筋に活動してきた(スポーツ以外では「笑点」のアナウンサー大喜利に1度参加したことがある)。2003年末に日テレと資本関係にあるラジオ日本に出向し、「ラジオ日本ジャイアンツナイター」で初めてラジオでの実況を担当。2004年度シーズンオフには冠番組・「吉田填一郎の巨人王国」を担当した。2008年6月の異動で営業局長となったため、実況での出演機会は減ってきている。2009年6月より常務取締役。吉田填一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓窓

    三遊亭圓窓から見た笑点笑点/log20110201

    1970年6月21日 - 笑点の大喜利にレギュラー出演。三遊亭圓窓 フレッシュアイペディアより)

206件中 151 - 160件表示