46件中 21 - 30件表示
  • 大協薬品工業

    大協薬品工業から見た笑点笑点/log20110201

    テレビCMは、北日本放送では笑点の前の30秒間、富山テレビではサザエさんの前の30秒間(実際はその後に日清食品のカウキャッチャーが入るため実際は1分前の前半30秒間)放送されている。尚、かね七のCMも放送されることがある。全部で2種類ある。大協薬品工業 フレッシュアイペディアより)

  • 進士晴久

    進士晴久から見た笑点笑点/log20110201

    また龍角散のテレビCMにも出演。『龍角散トローチ』のCMで主演し、最後に言う「…と、日記には書いておこう」という台詞も一世を風靡した。龍角散は1960年代 - 80年代にかけて日本テレビ系列の演芸番組『笑点』のスポンサーだったこともあって、進士も知名度を上げた。進士晴久 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽

    三遊亭圓楽から見た笑点笑点/log20110201

    5代目三遊亭圓楽 - 元は三遊亭全生。『笑点』の出演者・司会者として有名。本名、吉河寛海。三遊亭圓楽 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウン汁

    ダウンタウン汁から見た笑点笑点/log20110201

    2部構成になっており、前半は芸能人ゲストを招いてのトーク。トークの前半は通常のトーク、後半は今田ら若手からの質問コーナーになっていた。番組後半は「お笑い頭脳バトル」という大喜利。浜田が司会、他メンバー全員がパネラーとなり浜田が出すお題にフリップで回答していく。浜田が面白いと判断したら大脳マークがもらえ、最初に一定数貯めた者がスポンサー(航空会社)提供のバリ旅行などがもらえ、誰かが商品獲得すると大脳は一旦リセットされ、次回から全員0から再スタートという笑点の大喜利と同じルール。最初は商品獲得までに必要な脳みそはメンバー全員同じ数だったが、のちに各人の回答レベルにより差がつけられるようになった(松本は10、板尾は8、など)。ダウンタウン汁 フレッシュアイペディアより)

  • 林家九蔵

    林家九蔵から見た笑点笑点/log20110201

    兄弟子や他の同期、林家三平ら師匠格の噺家や当時『笑点』の司会だった三波伸介からは「キュウちゃん」と呼ばれていたが、“九蔵”は「クゾウ」と読む。林家九蔵 フレッシュアイペディアより)

  • ステップ映像

    ステップ映像から見た笑点笑点/log20110201

    笑点(日本テレビオープニングアニメ制作)ステップ映像 フレッシュアイペディアより)

  • 欽ちゃん劇団

    欽ちゃん劇団から見た笑点笑点/log20110201

    現在に至るまで、研究生は数十名在籍し、かつてははしのえみやTake2が在籍していたことでも有名である。フジテレビ系「笑っていいとも!」の9代目いいとも青年隊を務めたあさりど、日本テレビ系「電波少年に毛が生えた 最後の聖戦」での回転寿司生活や「かっぱ寿司」のCMでお馴染みの杉林功、そしてNHK「爆笑オンエアバトル」「笑いがいちばん」や日本テレビ「笑点」などに出演中の時代劇ユニットカンカラ(先述の杉林も所属)が、時代劇を軸にしたコントで活躍している。欽ちゃん劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 笑売繁盛!

    笑売繁盛!から見た笑点笑点/log20110201

    司会の桑野の軽いフリートークの後に、当時の若手お笑いタレントによるネタ見せを5分。再び桑野達がそれぞれネタの感想を述べ合いながら終了。実質放送時間は12分ぐらいで、後番組『笑点』まで8分間はCM(これは「日本テレビガイド」と呼ばれていた。現在は『食は知恵なり』)。笑売繁盛! フレッシュアイペディアより)

  • 日曜お笑い劇場

    日曜お笑い劇場から見た笑点笑点/log20110201

    番組の構成はゲストの歌と長編コントで構成される。主演(コントコーナーの「お婆ちゃん」役も兼ねる)は三波伸介である。制作スタッフ陣には「カックラキン大放送!!」のスタッフが主に起用された。主演を務めた三波はこの当時、日曜日に、日本テレビ「笑点」(17:20-18:00)、NHK「お笑いオンステージ」(19:20-20:00)にも主演を務めていた。このため、視聴者から見れば日曜夕刻に3番組立て続けに三波の姿を見ることが出来た。メインコントは「にぎやか笑楽居町(わらいちょう)サンロード」という商店街にある、三波一家の自宅を舞台にした、家族長編コント。三波伸介扮するお婆ちゃんを狂言回しに三波一家が織り成すドタバタとユーモラスさを交えて進行する。このコーナーでは、歌のゲストもコントの配役に宛てられる。しかし当初はメインコントがコントらしさはあったものの、本業は俳優である柳生博がいたためか後期は結局コメディーではなくヒューマンドラマぽさな内容(嫉妬ネタやジミー・オズモントの家出ネタ(笑いではなく、号泣ネタ))となり、さらに柳生がコメディーに合っていなかったなどのミスキャストにより笑いがうすれてしまったことと、裏番組のNHK「大河ドラマ」、フジテレビ「オールスター家族対抗歌合戦」、テレビ朝日「西部警察」に視聴率を奪われ、わずか2クール(半年)の短命に終り、後番組の「日曜8時!ドパンチ放送!!」も柳生を降板させ、再起を賭けたが、こちらも振るわなかった。主演の三波にとっては視聴率1%につき10万円のギャラが懸っていたが、それも空しい結果となった。だがそれは1982年10月の「久米宏のTVスクランブル」開始でなんとか歯止めがかかることとなる。日曜お笑い劇場 フレッシュアイペディアより)

  • ひょうきんミニ放送局

    ひょうきんミニ放送局から見た笑点笑点/log20110201

    なお、フジテレビ系列の月曜19時台はローカルセールス枠のため、系列局でも放送されなかったり、関西テレビのように土休日の昼間などに時差ネットで放送された局もあった。その一方で、この番組が始まる直前の1987年10月1日にTBS系とのクロスネットからTBS系にネット一本化したテレビ山口でも放送日時を変えて放送されたことがある。また、当時系列局がなかった高知県でも、高知放送(本来は日テレ系)で日曜昼に放送されていた(ちなみに同局では「オレたちひょうきん族」も同じ日曜の放送であった。こちらは夕方の放送で、「笑点」の前枠に放送)。青森テレビ(本来はTBS系)でも日曜日の15時30分から放送されていた(「ひょうきん族」の放送日時は当番組放送時は火曜19時から)。ひょうきんミニ放送局 フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示

「笑点」のニューストピックワード