46件中 31 - 40件表示
  • 三遊亭圓彌

    三遊亭圓彌から見た笑点笑点/log20110201

    10月、8代目春風亭柳枝に入門。「枝吉」と名乗る。師匠柳枝没後は弟弟子春風亭枝女吉(現:6代目三遊亭圓窓)と共に6代目三遊亭圓生門下に移籍し、「舌生」と改名。9月、二つ目昇進し「円弥」と改名。NHK『お好み演芸会』の噺家横丁(大喜利)では「幻の噺家」(『笑点』の前身番組『金曜夜席』に短期出演していた事が由来)をキャッチフレーズにしていた。9月、真打昇進。名を「円弥」から「圓彌」に改めた。舞踊が趣味で日舞は藤間流の名取りでもあり、『七段目』は彼ならでは。三遊亭圓彌 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家さん吉

    柳家さん吉から見た笑点笑点/log20110201

    1969年4月から1970年6月まで『笑点』の大喜利メンバーを務め、その後は『アフタヌーンショー』(NET系)、『サントリー出前寄席』(文化放送)、『お助け同心が行く!』(テレビ東京)でもレギュラーを務めた。次男は映画評論家のくれい響。柳家さん吉 フレッシュアイペディアより)

  • お笑いカラー寄席

    お笑いカラー寄席から見た笑点笑点/log20110201

    笑点(当番組開始1ヶ月後に開始)お笑いカラー寄席 フレッシュアイペディアより)

  • どーよ

    どーよから見た笑点笑点/log20110201

    笑点(日本テレビ)どーよ フレッシュアイペディアより)

  • 柳家きん平

    柳家きん平から見た笑点笑点/log20110201

    ※『笑点』の前身番組柳家きん平 フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭梅橋

    春風亭梅橋から見た笑点笑点/log20110201

    1965年(昭和40年)から日本テレビで始まった「金曜夜席」の大喜利メンバーに7代目立川談志によって抜擢される。翌年の1966年(昭和41年)に「金曜夜席」が発展解消して「笑点」となった後も、レギュラーとして引き続き出演し続けた。春風亭梅橋 フレッシュアイペディアより)

  • 笑芸人

    笑芸人から見た笑点笑点/log20110201

    笑芸人VOL.2 2000年5月発売 笑点35年史徹底追及・ビートたけしのオールナイトニッポン全10年史他笑芸人 フレッシュアイペディアより)

  • 考えるヒト

    考えるヒトから見た笑点笑点/log20110201

    司会の中田アナが松本にアイデアの発表を催促するスパルタぶりが名物となっている。またM1席のアップダウン竹森は『笑点』の落語家のようなダジャレ風のアイデアを連発するため、よくダウンタウンの2人にいじられていた。Kids席の子供(細山貴嶺ら)が無意識に下ネタギリギリのアイデアを出して大人達を慌てさせるという意外な笑いを生むことが多々あった。考えるヒト フレッシュアイペディアより)

  • 平成あっぱれテレビ

    平成あっぱれテレビから見た笑点笑点/log20110201

    1992年からは司会者席もメインテーブルになり、司会者は基本的には立ち進行(VTRの際は座りながら観る)となり、ゲストとトークしたり出入りする様になっている。この様な形は毎年8月の『24時間テレビ』とこの番組の後継であるウンナンとハロプロメンバーが中心の『平成あっぱれ開運祭』、そしてTOKIOと笑点メンバーが中心の『大笑点』の2番組へと受け継がれている。平成あっぱれテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 時間だヨ!アイドル登場

    時間だヨ!アイドル登場から見た笑点笑点/log20110201

    人気アイドル歌手がフィンガー5やずうとるびといったレギュラーや、一般視聴者と共に、ゲームやコントを行う公開番組。収録はずうとるびを生み出した長寿番組『笑点』と同じ後楽園ホールで行われていた。時間だヨ!アイドル登場 フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「笑点」のニューストピックワード