206件中 81 - 90件表示
  • 三遊亭圓彌

    三遊亭圓彌から見た笑点笑点/log20110201

    10月、8代目春風亭柳枝に入門。「枝吉」と名乗る。師匠柳枝没後は弟弟子春風亭枝女吉(現:6代目三遊亭圓窓)と共に6代目三遊亭圓生門下に移籍し、「舌生」と改名。9月、二つ目昇進し「円弥」と改名。NHK『お好み演芸会』の噺家横丁(大喜利)では「幻の噺家」(『笑点』の前身番組『金曜夜席』に短期出演していた事が由来)をキャッチフレーズにしていた。9月、真打昇進。名を「円弥」から「圓彌」に改めた。舞踊が趣味で日舞は藤間流の名取りでもあり、『七段目』は彼ならでは。三遊亭圓彌 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部哲子

    阿部哲子から見た笑点笑点/log20110201

    笑点「アナウンサー大喜利」阿部哲子 フレッシュアイペディアより)

  • 健康家族 (通信販売)

    健康家族 (通信販売)から見た笑点笑点/log20110201

    笑点(日本テレビ)- 2009年10月改編よりスポンサーに。健康家族 (通信販売) フレッシュアイペディアより)

  • 三升家小勝 (8代目)

    三升家小勝 (8代目)から見た笑点笑点/log20110201

    三升家勝二時代は、1969年から1年ほど『笑点』の大喜利レギュラーを務め、一時期、弟弟子の三升家勝松(現:4代目桂文字助)も出演していた。三升家小勝 (8代目) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のテレビ (日本)

    2006年のテレビ (日本)から見た笑点笑点/log20110201

    笑点(日本テレビ) - 1月22日で放送開始2000回を迎えた。5月には放送開始40周年となる。これに先立つ1月1日に記念特別番組として大笑点を放送。5月14日の放送を最後に、23年間司会を務めた三遊亭圓楽 (5代目)が番組を勇退(後任は桂歌丸)。2006年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 深堀恵美子 (アナウンサー)

    深堀恵美子 (アナウンサー)から見た笑点笑点/log20110201

    笑点(花のアナウンサー大喜利・DVD-BOXに収録)深堀恵美子 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 堺 すすむ

    堺すすむから見た笑点笑点/log20110201

    1980年代後半以降は、物真似から『なんでか?フラメンコ』に比重を移し、新境地を開拓。20回以上出演している日本テレビの『笑点』では、五代目三遊亭圓楽から「この人は、大金脈を掘り当てました」と讃えられた。堺すすむ フレッシュアイペディアより)

  • おしぼり

    おしぼりから見た笑点笑点/log20110201

    三遊亭好楽…笑点の大喜利におけるネタとして「おしぼり」が用いられる。主に、仕事が無い時のアルバイトとして「銀座でおしぼり配達」をしていると云う罵倒ネタが多い。 おしぼり フレッシュアイペディアより)

  • 柳家さん吉

    柳家さん吉から見た笑点笑点/log20110201

    1969年4月から1970年6月まで『笑点』の大喜利メンバーを務め、その後は『アフタヌーンショー』(NET系)、『サントリー出前寄席』(文化放送)、『お助け同心が行く!』(テレビ東京)でもレギュラーを務めた。次男は映画評論家のくれい響。柳家さん吉 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点 ありがとう円楽さん! 〜五代目 三遊亭円楽を偲ぶ映像集〜

    笑点 ありがとう円楽さん! 〜五代目 三遊亭円楽を偲ぶ映像集〜から見た笑点笑点/log20110201

    笑点 ありがとう円楽さん! 〜五代目 三遊亭円楽を偲ぶ映像集〜は、「笑点」4代目司会者5代目三遊亭圓楽の追悼企画として12月23日に発売されたDVD。発売元はバップ。価格は税込3,990円笑点 ありがとう円楽さん! 〜五代目 三遊亭円楽を偲ぶ映像集〜 フレッシュアイペディアより)

206件中 81 - 90件表示

「笑点」のニューストピックワード